結婚運 パートナーに失望を感じるのはどんな時?

星占い 結婚運結婚運

 理想の相手に巡り合い、夢のような恋をしてゴールインしたというのに、いざ結婚してみると、「どこか、違う」と感じ始める人が多いようです。
 あなたは、そんなことのないように。ただ甘い夢を見るだけの結婚占いは卒業して、結婚の「理想と現実」の両方を見つめてみましょう。きっと、あなたの結婚観が変わります。
 まずは、結婚生活で失望を感じるのはどんな時かを明らかにて、折り合いをつけていくヒントをお示しします。

スポンサーリンク

牡羊座(3/21~4/19)

マンネリ化した結婚生活には耐えられない。
常に新しい刺激を自分から作っていくこと

 ぱっと燃え上がったエネルギーで一気に結婚へと進む可能性が高いあなたですが、結婚生活も恋愛時代と同じ高いテンションが続くと思うと期待はずれに。「ときめきがなくなった」、「もっと素敵な人がいたかも」といった気持ちが渦巻くようになります。どんなに好きな人でも、毎日一緒にいれば、恋愛時代のような心の高まりは落ち着いていくもの。たとえ別の人と熱烈な恋をしてやり直すとしても、結婚後何年かたてば同じことの繰り返しが待っています。

日常生活に、ささやかな挑戦の連続を

 あなたの場合、日々の生活で挑戦を続けないとエネルギーを持て余してしまいます。独身時代、好きな人を手中にするために注いだエネルギーを結婚後は日常生活の充実に向けましょう。手を抜こうと思えばどこまでもラクできるのが家事ですが、本気でやってみるとなかなか奥が深いもの。栄養のバランスを考えた食事作りや、合理的な掃除や収納システムなど、独自のアイデアを発揮してください。そうした達成感を積み重ねていくことで、結婚生活が充実していきます。

牡牛座(4/20~5/20)

高い理想を頑固に守り通すのは無理。
現実を受け入れる柔軟な姿勢も必要

 結婚したらああしたい、こうしたいと理想の生活を夢見ているあなた。しかし、実際に結婚生活がスタートすると、思うようにならないことも多いもの。給料日前には、高級食材ではなく、スーパーの特売品を探さなければいけないことも。自慢のインテリアに、姑からプレゼントされた置物を飾らなくてはならなかったり。それでも頑固に自分のスタイルを貫こうとすると、周囲とのぶつかってストレスがたまり、ますます理想の生活から遠ざかってしまいます。

結婚生活を自らの成長する機会ととらえる

 こうと決めたら自分のやり方を守るのがあなたの長所のひとつですが、結婚生活ではその長所が裏目に出てしまいがち。なにしろ生まれも育ちも違う二人の大人が共同生活を始めるのですから、すべてをあなたのやり方で進めるのは無理というもの。自分を曲げなくてはいけないと考えるのではなく、発想を変えて「自分の幅を広げる」「柔軟性を身につける」
とポジティブにとらえてみましょう。そうすれば、結婚生活はあなたにとって大きな学びの場となっていきます。

双子座(5/21~6/21)

自由を制限されると、強く反発。
あなたらしくソフトに周囲を懐柔して

 結婚に対して過剰な期待を抱いていないので、失望することも少ないはず。ところが、世間から「既婚者なんだから」とい決め付けられると、がぜん反発してしまいます。あなたにとっては、世間が求める役割を演じることより、自分の心に正直に生きていくことが人生の目標。結婚したからといって夫のみならず、周囲からも制限が加わるのに納得できないのです。これまでの自分の生き方を曲げてまで結婚生活を続ける意味があるだろうかと考え込んでしまいます。

夫の周囲に新風をもたらす存在に

 結婚後、諸々の制限が生じてきても、そんなことに負けるようなあなたではありません。
たとえば頭の固い姑に対しては、あの手この手を使って姑の考えをほぐし、あなたの新しい生き方を認めさせましょう。真正面から反発するのではなく、時代の新しい流れをそれとなく示す方法で攻めましょう。明るくさわやかな態度で接し、「この人のやりたいようにやらせよう」という寛大な気持ちにさせるのがポイント。夫の周囲に新風をもたらすような存在を目指してください。

蟹座(6/22~7/22)

過剰な期待が大きな失望を生む。
ひとりよがりの要望はほどほどにして

 あなたにとって結婚は究極のゴール。愛する人と晴れて一緒に暮らせる幸福をしみじみとかみしめます。そうした夢のような状態は、あなたのほうは比較的長く続きますが、問題は夫のほう。結婚という一大イベントを無事に終え、あとは心置きなく仕事に打ち込もうと考えているような夫だと、あなたの要望になかなか応えることができません。「結婚するって、無料の家政婦になること?」なんて被害妄想が飛び出し、期待が大きかった分、不満も募っていきます。

夫にとって本当の安らげる環境を作る

 あなたにとって究極の目標は「安らぎに満ちた幸せな家庭」だったはず。ところが現実には、残業続きでくたくたの夫に「あれもしてくれない、これもしてくれない」と不満を抱き、居心地の悪い思いをさせているのでは、理想と正反対の生活です。外でどんなにハードな一日を過ごしていても、いったん家に帰ればすべてを忘れてくつろげるような家庭を作りましょう。そして、尽くすばかりでつまらないと思うなら、上手に手抜きして自分だけの楽しみを持つのもいいでしょう。

獅子座(7/23~8/22)

スポットを浴びない生活に不満が募る。
既婚者だからこその輝きを手に入れよう

 華やかな披露宴でヒロインとして注目をあびると言っても、たった一日のこと。新婚旅行から帰ってきた翌日から、普通の「奥さん」としての生活が始まります。頭の中では納得していても、あなたの中ではどことなく欲求不満が。それに、既婚者となると男性の視線を集めるためにおしゃれするのも遠慮がちになってしまう自分に、もどかしさを感じます。
「もう私の人生は下り坂しかないのか」と結婚生活が色褪せてしまうと、家事もおざなりになり、悪循環に。

すべてを手に入れたゴージャス人生を

 今の時代、結婚したからといって目立たず地味に暮らさなくてはいけないということはありません。主婦だから行動が制限されると消極的にならず、発想を変えて「すべてを手に入れたスーパーウーマン」を目指しましょう。結婚生活という確固とした基盤があるからこそ、不安定な未婚女性にはない落ち着いた魅力を身につけ、ゴージャスに人生を満喫できるはず。そのためには、夫の経済力だけに頼らず、あなた自身が一定の収入を確保する才覚も必要です。

乙女座(8/23~9/22)

計画通りいかないのが結婚生活。
制限の中で最大限の知恵を絞って

 理想主義者のあなたは、結婚生活に対しても細部まで「こうでなくては」というスタイルを描いています。しかし、理想通りにいかないのが人生。腕によりをかけて夕食を作っても、夫は残業続き。せっかくの休暇も、夫婦でデートどころか、夫の実家にご機嫌伺いに出向いたり。何より、自分だけでスケジュールが決められず、状況に合わせなければならないのがつらいところ。「こんなことなら、シングルのほうがすっきり生活できるのに」という愚痴がこぼれてしまいます。

快適で心地よい空間をプロデュース

 たしかに、夫との共同生活ではすべてがあなたの思うままにならないこともあるでしょう。
でも、一家の主婦という立場は、食器の洗い方から洗濯物のたたみ方まですべてあなたの流儀を押し通せるということ。窮屈な会社の組織の中で、上司の言うままに仕事をするより、ずっと創造的でプロデュース能力も要求されます。主婦という立場をフルにいかして、あなたの望む理想的な日常を組み立てていき、家事を楽しみながら完璧にこなすカリスマ主婦を目指しましょう。

天秤座(9/23~10/23)

結婚で生活水準が下がるのが我慢できない。
他力本願ではなく自分の力で切り開いて

 社交的で誰とでも如才なく付き合えるあなたは、結婚生活にも難なく適応して、理想的な若奥様を演じることも簡単です。ただし、「結婚することで生活水準が落ちるなら、シングルでもけっこう」と思っていたあなたにとっては、夫のリストラや親の介護など、思わぬ苦労がふりかかったときが最大のピンチ。頭の中ではしかたがないと思っていても、「私の理想はこうじゃなかったはず」という苦い後悔の念がこみあげてくるのを防ぎようがありません。

シンプルで豊かな生活を工夫する

 たしかに、結婚したからといって苦労をしょいこむことは納得のいかないことですが、そういう思わぬリスクもあるのが人生です。あなたらしい解決策を見つけましょう。たとえば、夫の仕事がうまくいかないようなら、あなたがカバーすればいいわけです。そして、持ち前のバランス感覚を発揮して、シンプルで優雅な生活を実現しましょう。お金をかけなくても、工夫次第で、おしゃれで快適な生活も可能ですし、あなたにはそうしたセンスが備わっています。

蠍座(10/24~11/22)

結婚に過剰な期待をかけないで。
現実を受け入れた上で最善の道を探る

 「一生をこの人に捧げる」という固い決意で結婚生活をスタートさせるあなた。結婚の契約はあくまでも神聖なものであり、これまでの自分を捨てることもいとわず、新しい人生をスタートさせようとします。しかし、結婚生活が長くなるにつれ、あんなに夢見ていた生活も単なる日常の繰り返しに。「私の選択は間違っていたのかも」という疑問に取りつかれると、根がひたむきなだけに、すべてをゼロにして一からやり直したいという過激な考えにも発展していきます。

理想にこだわらず、折り合いをつけていく

 おとぎ話と違って、結婚はすべてを解決する魔法ではありません。高い理想を抱くのはいいことですが、ときには妥協することも必要です。それは決して、理想を捨てるということではなく、人間の幅を一回り広げるための修行のようなものだと考えましょう。そして、夫があなたの思うようにならなくても、自分のスタイルを押し付けるのは控えること。基本的な信頼関係さえ築けば、思うようにならない現実があっても、夫婦関係はより豊かなものになっていきます。

射手座(11/23~12/21)

周囲が求める役割に反発ばかりせず、結婚を機に人間的な成長を遂げる

 「結婚生活はこうあるべき」というこだわりはなく、「二人で楽しく暮らせたらそれでOK」
という柔軟な考えの持ち主ですから、結婚後に幻滅することはあまりないはず。かえって「もうあなたも結婚したのだから遊びはほどほどに」などという外部からの圧力に反発を感じ「こんなに窮屈なら結婚なんかするんじゃなかった」と後悔することも。また、自分と同じ価値観だと思っていた夫の意外に保守的な一面を見てしまうと、百年の恋も一気に醒めてしまいます。

結婚をちょうどいい重石と考える

 「結婚後も自分らしさを失わず」というあなたの自由な考え方は、これからの時代には当たり前になるはず。ただし、現実には口うるさい姑や夫の上司、近所の目など、多少の圧力があるもの。ここは発想を変えて、「これまで浮わついていた自分にちょうどよい重石ができた」と前向きに考えてみましょう。仕事や趣味もそれまでの腰掛け気分ではなく、じっくりと取り組む姿勢を見せれば「結婚して一回り大きくなった」と高い評価を得られることでしょう。

山羊座(12/22~1/19)

結婚したからすべてが安泰と思いこまないで。
自分の幸せは自分でつかむという気概を

 普段は進歩的なことも口にするくせに、結婚となるとかなり古風な考えを持っているあなた。しっかりした夫をつかまえれば一生苦労しなくてすむといった甘い考えが頭の片隅にあります。そのため、結婚相手の選定はかなり慎重ですが、計算通りにいかないのが人生というもの。夫の勤める会社がいきなり経営危機に陥ったり、思わぬ病気や怪我ということも。あるいは、自分だけを愛してくれると信じていた夫の軽い浮気も、あなたにとっては大きなショックでしょう。

夫にかまけず、自分の能力を伸ばしていこう

 もともとあなたには夫に依存しなくても立派に一人で人生を切り開いていく能力があります。結婚したからといって、そうした面を抑圧してしまうのはもったいないもの。もちろん夫を立てることも大切ですが、自分の能力を発揮できる場も確保しておきましょう。そうすれば、どんな困難が押し寄せてきても夫婦二人三脚で乗り越えることができるはず。
そうした経験を積み重ねることで、あなたが理想とする深い信頼関係で結ばれた夫婦となっていけます。

水瓶座(1/20~2/18)

知的な面を見せず、だらけた夫に幻滅。
日常生活を通して家庭生活に刺激を

 どんなときでも知的な楽しみを忘れないあなたは、結婚したからといって、日常の雑事だけにつかることはありません。ところが、夫のほうがスポーツ中継やゴロ寝で時間をつぶすようになると、あなたに不満がたまっていきます。「恋愛中はあんなに会話が弾んだのに」
と夫を責めても、夫にしてみれば、夫婦となってまで肩肘張った会話はしたくないと思っています。相手の選択を間違ったかと悩むようになると、結婚生活も急に色褪せたものになっていきます。

料理や掃除もやり方次第で知的作業に

 何も高尚なことだけを語り合うのが知的ではありません。主婦として毎日何気なくこなしている料理や掃除、洗濯も発想を変えれば知的なゲームに。また、金融自由化の時代、生活設計にも知恵を働かさなければなりません。「家事ばっかりやっていると、頭が退化しそう」なんて言う前に、問題を探し出しスマートに解決していきましょう。そんないきいきしたあなたの姿を目の当たりにすれば、夫も自分の意見を口にするようになり、建設的な会話が展開できるでしょう。

魚座(2/19~3/20)

夫に頼りきってしまうのは考えもの。
自分も夫をサポートすることを心がけて

 どんなに社会で活躍していても、心のどこかで「頼もしい夫に甘える結婚生活」を思い描いているあなた。ところが現実に結婚してみると、夫は思い描いていたようなスーパーマンではないことがわかり、がっかりします。夢見勝ちなあなたは「どこかに私のことをしっかり守ってくれる王子様がいるはず」と思い始め、そんな気持ちがなんとなく夫にも伝わり、気まずい雰囲気に。あなたが理想としていた甘い生活とはほど遠い、厳しい現実が展開していきます。

対等の関係だからこそ深い愛が生まれる

 この厳しい世の中、男だからといって、結婚生活のすべての責任を負わされては夫もたまったものではありません。シングルのままでいいという男性が増えているのも、そうした責任を回避したいと思っているからでしょう。それでもあえてあなたとの結婚を選択してくれた夫に対する感謝の気持ちを持ちましょう。そして、あなた自身もしっかりと地に足をつけ夫をサポートできる存在に成長していくこと。一方的に頼る関係よりも、ずっと深い愛情が生まれます。

タイトルとURLをコピーしました