相性 あなたと家族、円満ですか?

星占い 相性相性

 家族と接触する機会が増えているあなた。無意識に接するあなたにいちばん身近な人たちとの関係、もっとスムーズにしてみません? あなたの毎日が、ずっと快適なものに変わってきます。

スポンサーリンク

牡羊座(3/21~4/19)

保守的な生き方を押し付けられると反発。
過剰反応せず、明るく聞き流すゆとりを

 短気で議論好きなところがあるあなたは、家族とも衝突することが多いでしょう。
 気心が知れている間柄なら、言いたいことを存分に言い合って後はすっきり水に流すことも可能ですが、問題はたまにしか顔を合わさない祖父母やおじ・おばの存在。「少しは女らしくしたら」「そろそろ落ち着く年齢でしょ」といかにも保守的なアドバイスをされると過剰なまでに反発。
 親戚のだれそれが結婚した、出産したという報告も自分に対する非難のように感じられぴりぴりしてしまいます。

自分の生き方を肯定的にとらえることで関係が好転

 耳に痛いお小言は正面から受け止めず、聞き流すゆとりを持ちましょう。自分は人と違ったユニークな一面があり、それは画一的な女らしさのパターンにはまらないことを自覚し、堂々としていましょう。
 あなたが内心コンプレックスに思っているから、過剰反応して、衝突を引き起こしているのです。そして、年上の親族にはいつも明るく屈託のない態度で接して、人生を楽しんでいる態度を示せば「あの娘はあれで幸せなんだから見守ってやろう」という肯定的な評価を引き出せます。

スポンサーリンク

牡牛座(4/20~5/20)

家族の変化を受け入れることができず動揺。
オープンな気持ちで流れにまかせてみること

 家族はあなたにとって心地よい居場所を提供してくれる存在。いつまでもこのままでいてほしいと願っています。
 ところが、両親もきょうだいも年をとります。甘えられる存在だった両親が反対にあなたを頼ってきたり、年下のきょうだいやいとこがあなたより先に結婚を決めたとき、激しく動揺してしまいます。
 兄や弟のガールフレンドに対して小姑根性を出すと、せっかくの関係が台無しに。心地よい関係に戻りたいと家族のあり方をコントロールしようとして反発されてしまいます。

家族の個性を尊重して別の生き方も認めよう

 家族関係は刻々と変化していくもの。子供が大人になり両親を支えるようになり、一緒に育ったきょうだいもそれぞれのパートナーと新しい家族を作ることもあるでしょう。
 時々顔を合わせて旧交をあたためることができればそれだけで幸せなこと。いつまでも昔の関係をひきずって失われた家族像を復元しようとするのは無駄なエネルギーを使うだけでなく、反発を引き起こします。
 家族や親戚はとても大切なものだからこそ、それぞれの個性を受け入れて寛大な気持ちで接しましょう。

スポンサーリンク

双子座(5/21~6/21)

クールな割り切りが冷たい印象を与えてしまいがち。
童心に戻ることで血縁のありがたさを再認識しよう

 血縁といっても人格は別とクールに割り切っているあなたですが、親密な関係を求めてくる家族や親戚にとってはやや冷たい印象を与えてしまいます。
「あんなに可愛がってあげたのに」「これほどあなたのことを考えてあげているのに」と押しつけがましくされると、あなたはますます冷める一方。
 やれお正月は家族で過ごせだの、法事だ墓参りだと伝統的な行事を押し付けられるのにもうんざりして、「そんなの時代遅れでしょ」という一言がますます溝を深めてしまいます。

想像力を駆使すれば優しい気持ちがわいてくる

 若いうちは血縁のしがらみから逃れて自由に羽ばたきたいという思いが強くなるのも仕方がないことです。
 でも、あなたにも子供時代があったはず。ひとりでは何もできない赤ちゃんの頃、四六時中面倒を見てくれた両親がいたからこそ今のあなたがあるのです。
 親や年上の親戚の言いつけに反発したくなったときは赤ちゃん時代の写真を見て優しい気持ちを取り戻しましょう。そして、いずれあなたが親になったときのことを想像すれば、古いものを冷酷に切り捨てる気にはならないはずです。

スポンサーリンク

蟹座(6/22~7/22)

親しさを強要すると疎ましく思われてしまいがち。
自分の理想の関係を押し付けるのはやめよう

 家族や血縁は仲良く助け合うべきと考えているあなた。普段は疎遠にしていても、いざとなったら力を出し合い、結束しようとします。
 両親やきょうだいなどごく近い関係なら当たり前のことですが、遠い親戚やきょうだいの配偶者にも、血縁関係として親しさを強要すると疎ましく思われてしまいます。
 また、両親にしてもあなたを育て上げたあとは自分の時間を欲しがっているかもしれません。いつまでも甘えて頼り切っていては、永遠のパラサイトシングルになってしまう危険も。

愛情に見返りを求めては不満が募るだけ

 家族だから、親戚だからこうあるべきという思い込みから自由になりましょう。
 そして、家族の愛は無償の愛であることを認識して。親にこれだけ尽くしたから、遺産をもらって当然、あるいは将来あなたが母親になったとき、これだけ愛したから老後の面倒を見て欲しいと要求するのは相手にとって重荷になってしまいます。
 人間は往々にして自分のやってあげたことは過大評価して、やってもらったことは過小評価するものだと悟っておけば、軋轢は少なくなります。

スポンサーリンク

獅子座(7/23~8/22)

その場を仕切り、目立ちたがる態度が煙たがられる。
いくら親しい仲でも、距離感をしっかり計って行動を

 家族や一族のオピニオンリーダーとなりたいという気持ちがあります。誰かが結婚式を挙げるとしたらドレスから食事の内容、引き出物まで口をはさみ、お葬式でも率先してその場を仕切り、感謝されることも多いのですが、でしゃばりすぎると眉をひそめる人も。
「あの娘はあんな性格だから」と笑って許してくれる寛大な親戚ばかりならいいのですが、みんなのために張り切っているのにかえって煙たがられる存在になっていないか自分を冷静に見つめること。

次の世代を育てる役割を進んで引き受けよう

 子供の頃は親戚一同を前にして歌を歌ったり踊ったりで喝采を受けたことも多いはず。
 そんな甘い記憶を持ち続けて、親戚とは私を認めてくれる人たちと思い込んだまま大人になってしまうのは考えもの。新しい子役スターは次々と生まれるし、いつしかあなたは賞賛を受けるより与える立場になっているのです。
 いつまでも花形的存在にしがみついていないで、これまで与えられてきた承認や賞賛を恩返しするつもりで次の世代を育てていくのがあなたの役割です。

スポンサーリンク

乙女座(8/23~9/22)

家族や親戚に批判的な目を向けるのはほどほどに。
欠点も含めて愛するのが血縁関係だと悟って

 子供のころは自分の家族の習慣が正しいと思い込んでいたのに、成長して他人の家にお邪魔してみたら、自分の家がおかしい、あるいは洗練されていないとコンプレックスを抱いてしまいがち。
 それをそのまま家族にぶつけては、いきなり子供から批判された両親はせつないもの。
 家庭内では人目を気にしないでくつろぐことができる安住の場所なのに、パジャマでごろごろするのはみっともない、食べたお皿をすぐに洗わないのはだらしないといわれる家族はたまったものではありません。

リラックスできる場所として家庭を再認識する

 誰に見られても恥ずかしくない家族を演じようと、叱咤激励するのはやめましょう。
 欠点のある家族だからそれぞれが補って暮らしているのだと発想を変えれば、あなたの几帳面なところ、しっかりしたところが頼りにされるようになります。人目を気にせずリラックスできる貴重な場所として家庭を再認識しましょう。
 また、どうしても注意したくなっても、家族以外の人がいる前で欠点を指摘するのは絶対にやめること。その人の立場がなくなり、あなたのことを嫌うようになります。

スポンサーリンク

天秤座(9/23~10/23)

恥ずかしさを覚えて、いたたまれなくなることも。
外面を取り繕うのをやめ、オープンな気持ちを

 あなたにとって家族や親戚は愛すべき存在であると同時に少し恥ずかしさも覚える存在。
 大人の女性に成長したと思っているのに、「子供の頃のあなたは・・・」なんて恥ずかしい思い出を披露されるたびに逃げ出したくなります。そして、彼や友達を自分の家に連れてきたとき、家族が何かイメージダウンにつながることをしないか気の休まるときがありません。
 家族にとっては、あなたがいつも人からどう見られるかを気にして温かい交流を拒否しているような寂しい思いを抱かせてしまいます。

かっこ悪い部分も許してあげる心のゆとりを

 家族もあなたという人格を作り上げてきた大切な要素だと認め、体裁を取り繕うのをやめましょう。人の生活にはかっこ悪い部分もたくさんあるのです。
 家族がみっともないことをしても、さらっと「こんな家族だけど、大好きなの」と本音をもらせば、お高くとまっているようでいて、家族思いの優しい人だとあなたの株が上がります。
 母親の料理やファッションセンスがいまひとつだと思うなら、あなたが食事作りを担当したり、母の日や誕生日にちょっとしたアイテムをプレゼントしましょう。

スポンサーリンク

蠍座(10/24~11/22)

愛が深すぎると憎しみも生まれてしまう。
血のつながりに過剰な期待を抱くのはやめよう

 家族思いのあなたは、いざというときは自分を犠牲にしても家族を守ろうとします。平穏に暮らしているときはいいのですが、介護問題などが起こったときは、一人で頑張ってすべてを背負ってしまい、共倒れになってしまう危険も。
 また、仲が良かったきょうだいが介護をきっかけにして骨肉の争いを起こすことも。もともと愛情が濃いために、一気に感情が反転すると強い憎しみを抱くようになってしまいます。
 こじれにこじれて修復不可能にならないうちに手を打つことが必要です。

血縁だからこそ譲歩しあって調和を保つべき

 血のつながりは何よりも濃いものですが、絶対的なものではないと割り切りましょう。たまたま家族や血縁としてこの世に生を受けたのは何かの縁があったからですが、すべてをわかってもらえるわけではありません。
 どうしても切れない関係だからこそお互いに譲歩が必要なデリケートな関係であると発想を変えたほうがうまくいきます。
 特に、きょうだいの配偶者など、義理関係で親族となる人たちに対しては細かい心遣いが必要です。最初から過剰な関係性を求めるのは慎みましょう。

スポンサーリンク

射手座(11/23~12/21)

必要なときだけ頼って、あとは知らん顔。
家族だからと自分勝手に振り回すのは慎んで

 ふだんは家族や親戚など何となくうっとうしいと感じて自由に飛びまわっているあなたですが、ひとたび落ち込んだときはそうした血縁関係に大いになぐさめられます。
「私はこんな温かい家族がいるんだ」と感動して、一気に親密になるのですが、再び外の世界に興味の対象ができると家族との約束はすっぽかしてデートにでかけるなんてことも。
 いくら血のつながりがあるからといって相手にも感情があります。困ったとき、寂しいときだけに頼れる便利な存在と思っているなら反省すべき。

日頃のコミュニケーションを大切に

 あなたが外の世界でのびのび活躍できるのも、ここまで育ててくれた両親の力があるからこそ。面と向かって感謝の言葉を告げるのは照れくさいとしても、日頃から「感謝している」という無言のメッセージを伝えておきましょう。
 そして、親戚関係に対しては、時候の挨拶や冠婚葬祭をきっちりとこなしておくこと。子供時代の話や一族にまつわるエピソードを聞くのは、あなた自身も興味がかきたてるだけでなく、高齢の親族にとってもきわめて楽しいひとときとなることでしょう。

スポンサーリンク

山羊座(12/22~1/19)

一族の優等生としての役割を
にないつつ、結婚問題で波乱が生じる可能性も

 一族の中のしっかり者、常識派といった役どころにすっぽりはまってしまうあなた。年上からの受けがよく、窮屈に感じながらも、優等生的な立場をキープするために人一倍努力します。
 そんなあなたがつまづくとしたら、結婚問題。好き勝手に生きていた年下の妹や従妹がさっさと結婚を決めるというのにキャリアに生きるあなたはなかなか縁に恵まれず「あんなに優秀だったのに結婚だけはうまくいかないものね」なんて言葉にかちんときて縁を切りたくなってしまうことも。

親戚間に勝ち負けの感覚を持ち込むのはやめよう

 あなたの中では無意識のうちに親戚やきょうだいかんで勝ち負けを繰り返しています。学校の成績や入試、お稽古事などでは簡単に勝ち負けが明白ですが、人生の幸福度となると一生を終えてみてもなかなか決着がつくものではありません。
 そもそも人それぞれ幸せの形は違うのですから、「あの人より私が幸せ」と優越感を抱いたり、反対に「負けた」と劣等感を抱くことがナンセンス。
 血縁関係には勝ち負けの感覚を持ち込むのはやめて、等身大のあなたとして付き合っていきましょう。

スポンサーリンク

水瓶座(1/20~2/18)

閉じられた窮屈な関係に耐えられず、
距離を置こうとしてますます孤立しがち

 「血は繋がっていても、ひとりひとりが独立した人間。あまり干渉しないほうがいい」というのがあなたのポリシー。
「血が繋がっているから何でもわかりあえる」とウエットな絆を求めてくる家族や親戚とは、どこまでいっても平行線。「あの子は冷たい」「子供のころはあんなにかわいがってあげたのに」と恨みがましいことを言われるかもしれません。
 閉じられたサークルにいるようで、窮屈で仕方なく思われて、わざと距離を置こうとするとますます関係は悪化していきます。

自分のルーツに好奇心を抱くと関係が好転

 何となくうっとうしいのが血縁関係ですが、あなたがこの世に生を受けたのも、まさにその重たい関係のおかげ。自分がどんな遺伝子の組み合わせでできた人間なのか、家族や親戚ひとりひとりを思い浮かべながら似ているところ、違っているところを箇条書きにしていけば興味は尽きないはず。
 良くも悪くも断ち切れない絆なのですから頭ごなしに敬遠するのではなく、知的探求の対象のひとつとしてみましょう。自分の思いがけない一面を知る手がかりがたくさん隠されています。

スポンサーリンク

魚座(2/19~3/20)

傷ついたときだけ頼って後は知らんぷり。
依存してばかりいる関係はそろそろ卒業しよう

 あなたにとって家族や親戚は何を言っても温かく迎えてくれる最後の砦のようなもの。大人になっても安心して甘えて、親密な関係をキープします。
 ただし、あなたが熱烈に恋に落ちたり、仕事がおもしろくなってきたら、とたんに家族は二の次に。それでいて失恋や挫折を感じると再び家族に甘えて傷を癒してもらおうとします。
 いくらかわいい娘でもここまで振り回されると家族もいい加減疲れてきます。困ったときだけ頼ってきて、後は知らんぷりではあまりにもわがままです。

傷ついた家族をサポートする役割も果たそう

 家族はあなたを支える大切な存在であると同時に、家族にとってあなたも、頼りになる存在になりましょう。
 将来、あなたが自分の家族を作っていくときにもそうした心がけは大変役にたちます。また、親戚に高齢者がいたら、率先して心配りを。あなたの優しい思いやりが契機となって、あたたかい交流が生まれます。
 家族関係がうまくいけば、自信を持って外の世界に向き合うことができ、恋愛や仕事の場でもささいなことで落ち込まずにすむようになります。

タイトルとURLをコピーしました