相性 謝ったのに余計に怒らせた? 人間関係の乗りきり方

星占い 相性相性

 謝ったつもりが、ますます怒らせたり、親切にしたつもりが、余計なお節介だったり。人間関係って、本当にやっかい。あなたの個性を活かして、上手に説得して下さい。
 上段では、誤解を招きやすい状況や、謝ったつもりがますます怒られるような失敗パターンを具体的に例示、下段では、相手のようすを身ながら、自分の性格も活かして上手に説得したり謝罪したりする方法をご説明します。
 これで、あなたも人間関係のエキスパート。

スポンサーリンク

牡羊座(3/21~4/19)

向こう見ずに突っ走るのをやめ、
周囲を見渡すゆとりを持とう

 さっぱりとした性格が災いして、反感を持たれてしまいがち。あなたのほうでは「この忙しい世の中、ささいなことを気ににしていられない」と割り切ったとしても、「大切なことをないがしろにして」とあきれられる場合も。
 世の中にはいつまでも根に持つ人がいるものです。解決済みと思い込んで先に進もうとすると足を引っ張られます。周囲の協力が必要な計画を進めたいとき、あるいはミスを起こしたときは、自分の感覚だけで処理するのは危険です。

相手の言葉に耳を傾ける習慣を

 説得や謝罪の場面では、ひとりよがりにならないよう心がけたいものですが、あまり周囲の顔色ばかりうかがっていると、あなた自身の伸び伸びした長所が失われてしまいます。
 まずは正々堂々と主張したり、素直に謝ること。そして最後に「意見を聞かせてください」
「あなたはどう思いますか?」と付け加える習慣を。また、「出る杭は打たれる」という諺がありますが、自分が出る杭であることを最初にオープンにしておけば、打とうとする人も少なくなっていくはずです。

牡牛座(4/20~5/20)

完璧な準備が整うのを待って、タイミングを逃さないように

 人一倍誠実なのに、なぜか理解されないと感じることがあるのは、タイミングがずれているため。お礼をしたい、あるいは反対に謝りたいと思ったら、すぐ言葉で伝えればいいものを、「何か心をこめた品を」と探しているうちに、効果も半減します。
 また、せっかくいい提案をしても、適切なフォローをせず、みんなが忘れかけたころに再び持ち出しても、うまくいきません。あなたは熟考する時間をとったつもりでも、人は次々と新しい課題に追われているものなのです。

まずは、行動を起こして事態を打開

 先延ばしする癖をやめ、気が重いことから始めることを自分に課しましょう。心配ごとを抱えているよりは、さっさと片をつけたほうがずっと楽になれるのですから。
 ミスをしたら、何をおいてもまず謝罪。「事態が把握できてから」と思っているうちに、傷口は大きくなります。そして、いいアイデアを思いついたら、即座に提案を。「準備を整えてから」と考えているうちにタイミングを逸します。謝罪や説得の場面では、走りながら考えることも必要です。

双子座(5/21~6/21)

軽過ぎる発言が信用を落とす。
きめこまかいフォローを忘れずに

 ものごとにあまり深く関わることなく、軽快に生きるあなたですが、そんな態度が誤解を招いてしまうことも。
 たとえば、自分がミスしたとき、軽い謝罪で済ませようとして、ますます相手を怒らせてみたり。あるいは、相手にとってかなりの負担を強いることなのに、「あれ、やっといて」と軽く頼んでひんしゅくをかうなど。
 「調子のいいことばかり言って信用できない」というレッテルを貼られると、誠意をこめたつもりの言葉も、聞き流されてしまいます。

言葉の力を有効に活用する

 たとえば、あなたの提案が通ったら、折に触れて「何か問題は?」「改善すべき点は?」とフォローすれば、提案はしっかりと根付いていきます。
 謝罪についても同様。一度頭を下げただけで終わらせずに、「その後はどうですか」の一言を。また、人の噂話をするときは、長所を取り上げること。
 改めてほしいことがあれば、直接、申し入れましょう。人を介してのほめ言葉は直接言われるより嬉しいものですが、悪口となると、何倍も悪意をもたれてしまいます。

蟹座(6/22~7/22)

親しき仲にも礼儀あり。
人間関係に甘えるのはやめよう

 「友達なんだからわかってくれるでしょう」「長い付き合いなんだから、そこをなんとか」と情に訴えた説得をしてしまいがち。仲良しクラブならそんなやり方でうまくいくでしょうが、ビジネスや社会活動の場では考えもの。
 特に、きちんと謝罪すべきときに、人間関係に甘えてうやむやにするのは避けるべきです。あなたが何よりも大切にしている関係にヒビが入ってしまいます。
 大切にしたい友達だからこそ、謝るときはしっかりと反省してその気持ちを伝えましょう。

相手の立場で態度を大きく変えないで

 友人や家族に手厚く接するのはいいことですが、「この人とはそんなに親しくないし」と態度を変えていませんか? 
 自分との関係で色分けする癖を改めて、曇りのない目で判断することを心がけましょう。
 また、上の人に対して丁重に接し、下にはぞんざいに接するのも考えもの。あなたにとっては、その場に応じた適切な行動をとっているつもりでも、不信感を集める結果に。相手の立場はひとまずおいて、目の前の案件について冷静に判断しましょう。

獅子座(7/23~8/22)

プライドが邪魔して余計な苦労を背負う。
大局に立って現実的な判断を

 正々堂々と直球を投げるあなたですが、苦手なのは自分の失敗を認めること。最初にさらっと謝っていればおさまることでも「私は悪くない、なぜなら・・・」と弁明していると事態が悪化してしまいます。
 心の中では反省していても、弱みを見せたくないばかりに窮に立たされることに。また、せっかくいい提案をしても「どうだ!すばらしいだろう」と自信満々の態度で通そうとすると、反発されることも。
 高すぎるプライドがあなたの進路を邪魔している事実に目を向けて。

最終的な勝者を目指して策略を立てる

 「損して得取れ」ということわざにも一理あります。いつもプライド高く突っ張っているのがあなたの美学であっても、やたらと摩擦を生じて疲れる生き方です。
あなたの考えていることを通すために策略を立てることも必要です。目先のプライドにこだわらず、大局に立った視点を。たとえ一時的に自分を殺すことがあっても、最終的な勝者になることを目指せばいいのです。
 頭を下げるときはさっさと下げて、すっきりと新しいチャレンジに向かいましょう。

乙女座(8/23~9/22)

自分の力を過信するのはほどほどに。
周囲と協力して、大きな成果を

 緻密な分析能力があるので、ミスの原因を冷静に分析して次にいかすことができ、目標達成のための計画を立てるのも得意です。
 問題なのはそうした能力がなかなか相手に伝わらないこと。自分さえ納得できればそれでいいとばかりに、口を閉ざしてしまうのは少しもったいないもの。
 そして、自分はいつもきちんとしているので、悪いのは周囲と決め付ける態度も改めましょう。あなた一人の力でできることには限界があります。他人の力を借りることで大きな成果が得られます。

相手の隠された長所を探そう

 持ち前のきっちりした計算能力をプラスの方向に変換しましょう。人のあらさがしをするのではなく、長所を探すこと。人のミスには目をつぶり「あなたのこんなところがすばらしい」と本人も気づいていないような点をほめるようにすれば、あなたの言葉は熱心に聞かれるようになります。
 「自分に厳しく、人に甘く」をモットーに。そうした信頼関係を築いた上で、具体的な目標設定や計画を立てれば、ほとんどの人はあなたについてきてくれるはずです。

天秤座(9/23~10/23)

うわべだけを取り繕うのではなく、
根本的なところの改善も必要

 天性の社交家のあなたは、説得も謝罪もお手のもの。ところが、往々にして策士は策に溺れるもの。すべての人を満足させる解決策はすべての人が不満を抱きます。
 「この人は誰に対してもこんなに調子がいいのでは」と思われては、説得力に欠けます。また、スマートに謝って事態を収拾したつもりでも、相手には「うまく丸め込まれた」という不信感が芽生えることも。
 うわべだけを取り繕うのではなく、必要ならばときには泥をかぶる覚悟も必要です。

ときにはガス抜きして、大爆発を防ぐ

 その場限りの収拾策ではなく、将来を見越した説得や謝罪を。たとえば、気の合わない姑にいじめられている嫁の立場を想像してください。
 夫のためにぐっと我慢して姑に合わせていても、何年もその状態が続くとさすがのあなたも限界が。大爆発して収集のつかない事態を招くよりも、小さなトラブルはあっても「ここは改めてほしい」「私の考えはこうです」と正直に申し入れたほうが平和につながるものです。
 最終的には、自分の心に正直な言動を心がけましょう。

蠍座(10/24~11/22)

黙っていてはわかってもらえない。
コミュニケーションをもっと重視して

 誰よりも誠実で真摯なあなたなのに、言葉足らずで誤解を受けることがあります。あなたにとっては言葉より行動で見て欲しいと「不言実行」というモットーを掲げているのですが、周囲から理解されにくいのも事実。
 努力が認められないという不満がたまり、周囲とのコミュニケーションをますますうまくいかないという悪循環にはまる前になんらかの手を打つことを考えましょう。
 あなたの潜在能力は、環境が整えばさらに大きなパワーになるのですから。

言葉で伝えるだけでなく、シートも活用

 「わかってくれる人だけわかってもらえばいい」という態度は改めましょう。誰に対しても卑屈になるのではなく、あなたの計画に力を貸してくれる人、能力を認めてくれる人に対して誠意を尽くせばいいのです。
 口頭で伝えるのが得意でないのなら、要点をまとめた簡単なシートを用意するのもいいでしょう。また、自分の非を認めて謝罪するときは、言葉を惜しまないこと。
 きちんと謝罪し、その後の行動で認めてもらえれば、あなたの評価はさらに上がります。

射手座(11/23~12/21)

夢を実現するためには細部も大切。
足元からしっかり固めていこう

 細事にこだわらないあなたのおおらかな態度は、ほとんどの人から好感を持たれますが、重大なプロジェクトを立ち上げるための説得となると話は別。現実面を詰めず、夢物語だけを話しているようにとられ「話を聞くだけならおもしろいけどね」と本気で受け取ってもらえないことも。
 また、何かミスをして謝罪する必要が生じたときには、さっさと頭を下げてそれで済ませようとするあなたの態度が裏目に出てしまい「真面目さが足りない」「本気で反省していない」と怒りを呼んでしまいます。

基本的な部分の詰めを怠らないで

 自分のプランを説明するためには、ユーモアを交えるのも効果的ですが、基本的な部分の詰めは決して怠らないこと。
 予算や納期は、楽観的予測ではなく、最悪の場合もシミュレーションしておくと説得力がぐんとアップします。
 そして、謝罪の場面では、単に頭を下げるだけでなく、「何が原因で起こったか」「今後の対処法」まできっちりと説明をすること。「あまり気にしないで」という台詞はあなたではなく、謝られる側が言うべきこと。あなたが口にしては逆効果です。

山羊座(12/22~1/19)

万全の協力態勢を作り上げるために、
進行状況を常にオープンにすること

 水も漏らさないような完璧なプランを練り上げ、着実に実行していく能力を持っているあなたですが、チームワークが必要とされるプロジェクトとなると少し勝手が違います。
 周囲の協力を得て、一緒に頑張るためには、過大な要求を課さず、ゆとりのある態度で接することがあなたには必要です。そして、失敗したときは素直に認めること。たとえ、避けられないミスであったとしても、「私のせいじゃない」と言い張っていると人望を失ってしまいます。

ちょっとした気配りの効果は絶大

 いったんゴールを定めると、そこしか目に入らなくなってしまうあなたですが、周囲の強力を得ることで、目標達成はぐっと容易になっていきます。人に説明する時間を無駄だと思わず、進行状況は常にオープンにして、協力をあおぐこと。
 もともと実行力のあるあなたですから、ちょっとした気配りで驚くほど進行がスムーズになります。また、謝罪する必要が生じたときは、無駄な言い訳はエネルギーの無駄になると割り切って、さっさと済ませて先に進めましょう。

水瓶座(1/20~2/18)

全面的な信頼を得るためには、
心理的なつながりを重視する必要も

 周囲から離れてどことなく超然としたところのあるあなたは、考えていることがなかなか相手に伝わらないことが。誰とでも仲良くしているようで、一歩踏みこんだ付き合いは避ける傾向があるため、いざというときあなたの考えに心底共鳴するのをためらう人がいるのも事実です。
 そんなあなたの態度は浪花節的な人間関係を求める人にとっては「冷たい」ととられがち。ミスをしたときに謝っても、「心がこもっていない」と、なかなか許してもらえないことも。

理性と感情の両面からのアプローチを

 独創的なアイデアを次々と生み出すあなたですから、周囲にわかってもらえないのは大きな損失です。高い理想を掲げると同じに「これをしたらこんなに便利になる」「コストがいくら削減できる」と具体的な論拠を挙げて相手を説得するようにしましょう。
 また、謝罪するときは、ミスの経過や事後処理を理路整然と説明するだけで十分だと思わず、感情の面のケアも忘れずに。感情的なつながりを重視する相手には「私も大変つらく思っている」
という態度を示すことも必要です。

魚座(2/19~3/20)

心の準備が整うのを待っては手遅れに。
気の重いことにもさっさと手をつけて

 理路整然と説明したり、素直に頭を下げるのがどちらかというと苦手なあなた。家族や親友にはそんな態度が通用しても、説得や謝罪が必要なシーンでは、甘えは通用しません。
 気の重いことはうやむやにしてやりすごそうとするのも悪い癖。「そのうち説明しよう、でも今は心の準備ができていないから」とためらっているうちに「謝りもしない失礼な奴」
というレッテルを貼られ、ますます謝罪を受け入れてもらえない深刻な状況になってしまいます。

先手必勝で、誠実なコミュニケーションを

 憂鬱なことを先延ばしにすると、ますます気が重くなってしまうのが世の常。イヤな気分を味わう時間を短くするためにも、思い切って口火を切りましょう。
 どんなすばらしい計画でも、ぎりぎりで賛同を得ようとすると「その日は忙しい」と「もっと早く言ってくれていたら」という声が。先手必勝を心がけて。また、謝罪する必要が生じたときは、取るものもとりあえず、謝ること。
 経過説明やお詫びの品を用意することより、迅速に頭を下げることで相手の態度はやわらぎます。

タイトルとURLをコピーしました