恋愛運 恋の倦怠期、乗り切り法

星占い 恋愛運恋愛運

 どんなに好き合った二人でも、恋の倦怠期は必ず訪れます。ここを乗り切るのが、恋を長続きさせるコツ。恋は、酔ってきるだけではだめ。新鮮な気持ちをとり戻す努力も、こっそり続けてください。
 まず、あなたが今の恋に飽きてしまう理由、また彼のそぶりから心移りを知る方法を、そして、新たな気持ちで再びときめきを取り戻すための方法をお伝えします。

スポンサーリンク

牡羊座(3/21~4/19)

彼を手に入れた途端、情熱がトーンダウン。
ゲーム感覚を取り入れて、熱い気持ちを取り戻す

 意中の人を落とすことにはエネルギーを燃やすあなたですが、いざ手に入れた恋を長続きさせることはあまり得意ではありません。
 理想の恋と食い違うところが出てくるたびに、新しい恋を探したくなる衝動に悩まされます。
 恋人がいるのに「どこかにもっと私にふさわしい男性がいるかも」という態度は彼にとっても失礼。アプローチ中はあんなに熱心だったあなたの急変ぶりに「釣った魚にえさはやらないタイプの女性版か?」と失望され、ときめきムードは一気に冷めていきます。

会いたくてもなかなか会えないという状況を作る

 障害があればあるほど燃えるというあなたの性質を逆手にとって、恋にゲーム感覚を持ち込んでみましょう。
 たとえば、すんなりデートにこぎつけないような状況を作るのです。時間の取られるお稽古事を始めるとか、職場で手を上げてハードな職務を引き受けるなど、「会いたくてたまらないけれど、会うゆとりがない」という状況が、恋心をますます募らせます。
 そんなあなたのひたむきさに触れれば、彼のほうも「自分は愛されている」という実感を取り戻します。

牡牛座(4/20~5/20)

同じパターンで尽くしてばかりいないで。
季節の変化を上手に取り入れていこう

 あなた自身は倦怠感を抱くことはあまりなく、ひとたび恋人同士になると、せっせと尽くすタイプ。外に出ると何かとお金がかかるからと彼の懐具合を心配し、自宅に招待して手料理でもてなします。
 彼が安定を望むタイプで、条件さえ整っていれば、即結婚へとコマを進めることもできますが、まだまだ遊び足りない彼なら、退屈に感じてしまいます。
 あなたのほうも、気がついたら無料奉仕の家政婦みたな存在になっていることに気がつき、愕然とすることも。

季節に応じたイベントを企画して目先を変える

 同じパターンを繰り返す倦怠期から脱出するために、カレンダーの力を借りてみましょう。夏なら、浴衣でデート。秋は紅葉、冬は雪景色を見に行く。「ハイシーズンだと混んでいて疲れるだけ」と敬遠しないで、穴場を見つけましょう。
 二人のために新たな楽しみを開拓しようとする努力が彼に伝われば、見直してもらえます。そして、デートだけでなくファッションやインテリアにも季節を先取りしていいけば、恋がうまくいくだけでなく、あなたの魅力も一段とアップします。

双子座(5/21~6/21)

心の軸が定まらず、彼に不信感を抱かれる。
彼がいきいきと輝くシチュエーションを工夫して

 いつも心が揺れ動くあなたは、ひとたび好きになっても次の瞬間には他の男性に目を奪われたり、本気なのか遊びなのか自分でもよくわかりません。
 とりあえずは恋人という関係になったとしても、不安定極まりなく、彼のほうも不信感を募らせます。
 その場を取り繕うとして口先だけで調子のいいことを言ってはつじつまが合わなくなり、ますます状況は悪化。とりあえず恋人同士ということになっていても、中途半端な状態でずるずると時間だけが流れていきます。

彼が得意分野を発揮できるデートが効果的

 気持ちがころころ変わるのは柔軟性があるあかし。だったら、ときめきを感じない彼に対しても、きっかけさえあれば情熱を取り戻せます。
 彼の意外な一面を知ることがその近道。映画を見て食事といったありきたりのデートではなく、彼が得意分野を発揮できるデートを計画しましょう。
 運動神経のある彼なら一緒にスポーツクラブへ。鉄道オタクの彼なら、日本縦断旅行のスケジュールを立てて一部を実行してみるなど。
 彼の自信に満ちた顔を見ることで、ときめきを取り戻せます。

蟹座(6/22~7/22)

尽くすだけのパターンは無理が生じる。
恋をすべてに優先してしまうのは危険

 恋人関係になったら、甲斐甲斐しく彼の世話をするあなた。倦怠期なんて私には関係ないと思っていても、ふっとむなしくなるのは、あなたの献身に彼が慣れてしまったとき。まるで亭主関白な夫のように、あなたをあごで使うようになります。
 そのうち会話も少なくなっていきます。感情のすれ違いが多くなり、二人の見ている方向はばらばらに。でも、シングルの状態に戻ることを恐れてずるずると関係にしがみつき、ますます袋小路に入りこんでしまいます。

自分の足場を確保することを忘れないで

 好きな人に尽くすことは、自分を犠牲にしているように見えて、尽くす側も大きな喜びを得ているものなのです。
 それを「私はここまでしているのだから、感謝されて当然」という態度を見せては、最初は喜んでいた彼も重荷に感じるようになり「好きでやっているんだから当然」と思うようになります。
 こういう悪循環にはまらないためには、尽くす・尽くされるという一方的な関係からの脱却を。いくら彼のことが好きでも、恋をすべてに優先するのではなく自分の足場はしっかりと確保しておくこと。

獅子座(7/23~8/22)

同じパターンのドラマでヒロイン気分。
彼の深層心理を察して、一人芝居から脱却

 ドラマチックな恋愛を求める割には、正攻法の手段しか使えないあなた。落としどころの決まったドラマを何度も演じる大女優といったところですが、相手役を務めさせられる彼にはたまったものではありません。
 クライマックスへの期待を裏切られて倦怠ムードを感じるあなたに対し、彼は「そろそろ幕引きしたい」と思い始めます。
 結婚という足かせがあれば二人とも演技を続けながら仮面夫婦を続けることができますが、恋人同士では長続きさせるのがけっこう苦しい状況です。

彼の深層心理を探り、こまやかな気遣いを

「好き」「愛している」といったストレートな恋の言葉に酔って、いい気になっていると、彼はあなたより一歩先に倦怠モードに突入。そうならないためには、言葉の裏を読むこと。
 微妙な表情の変化や口調、そぶりなどから彼が何を考えているかを探る習慣をつけましょう。彼の立場を気遣うあなたの態度に彼は新鮮な驚きを抱き、惚れ直してくれます。
 こうした人間関係のテクニックを身につけると、恋がうまくいくだけでなく、友人づきあいや仕事にも活用できます。

乙女座(8/23~9/22)

徐々に不満がたまっていき、いきなり爆発。
普段からガス抜きをして風通しをよくして

 恋愛初期にのぼせ上がって気がつかなかった彼のささいな欠点が目に付くようになったら要注意。それでも、表面上は完璧な恋人を演じていますが、あなたの内部では徐々に不満がたまっています。
 ある日突然、爆発して、いきなり辛らつな言葉を口にするようになります。一方、彼のほうからの危険シグナルは、わざとあなたの嫌がることをするようになること。
 恋人同士なのにネガティブなところばかりを見られることに疲れて自暴自棄になっているのです。

多少の脱線があってもオープンな関係を

 恋が始まったときはお互いにいい顔を見せようとして、不満があっても心の内側にしまってしまうもの。彼は「このままでOK」と安心しきって、あなたの心はどんどん倦怠ムードに。
 その場その場で思ったことを素直に口に出してみましょう。相手はあなたの恋人であって、上司や得意先ではありません。気まずいまずいことを口にしないように萎縮しているよりも、多少の脱線があっても笑い飛ばせるようなオープンな関係を心がけて。
「まじめそうに見えて、案外柔らかい」と彼はあなたを見直します。

天秤座(9/23~10/23)

感情のぶつかり合いがないまま倦怠期に突入。
ありのままの自分をさらけ出すことを恐れないで

 恋人の前でだらしない姿を見せたくないというあなたの美意識はとても立派です。
 でも、いつまでたっても表面的な付き合いで、不完全燃焼のまま倦怠期に突入する危険も。いつまでたっても打ち解けないあなたの姿に彼は幻滅し「本当の恋はこんなものじゃない」と思うようになります。
 あなたはあなたで、絵に描いたようなファッショナブルな恋人のスタイルをなぞろうとして「どうして私たちは垢抜けないのかしら」とため息をつき、どこまでいっても平行線です。

自分の殻を破って一歩踏み込んだ関係に

 冒険をせずに自分のスタイルを守ることはひとつの美学ですが、恋愛とは、これまでの自分の殻を脱いで新しいステップを踏み出すこと。
 魂のぶつかり合いと言っていいような深い接触もあるはず。そうした体験と無縁では、出会いのときめきが過ぎ去ったらあっという間に倦怠期に突入です。
 自信はなくても、折に触れて彼にあなたの素顔をオープンにしていきましょう。「意外な一面が次々と出てくるから一緒にいて飽きない」と思わせれば、いつまでも新鮮な関係を保てます。

蠍座(10/24~11/22)

あなたの強すぎる要求に彼が疲れて倦怠期に。
リラックスムードを楽しむ心のゆとりを

 全身全霊をかけた一途な恋を求めるあなたにとって、倦怠期などという言葉は辞書にありません。あなたにとって存在するのは愛か憎しみだけ。二人の関係に安住して、気楽な恋人付き合いを求めようとする彼に対しても「もっと私のことを愛してほしい」と要求します。
 彼が期待にこたえてくれないと不信感がどんどん募り、彼を責めてしまいます。彼にとっては、あなたの激しすぎる感情についていけず恋のときめきどころか疲労感ばかりを感じます。

一本調子ではなく、メリハリをつけよう

 世の中のカップルはそこそこ馴れ合って「私たち倦怠期かもね」とジョークまじりで関係を深め合っているもの。「愛する二人は一心同体でなければいけない」という思い込みを捨て、「倦怠期を迎えられるほど安定した関係になったんだ」と発想を変えてみましょう。
 もちろん、激しく燃えるときはこの上なく熱くなればいいし、そうでないときはリラックスを。そうしたギャップは彼にとってとても刺激的。特に何もしなくても、二人でいるだけで幸せというほっこりした関係を作りましょう。

射手座(11/23~12/21)

彼を理想にあてはまめようとすると無理が生じる。
あるがままの彼を受け入れることに心を砕いて

 好きで好きでたまらない彼を手中にしたとたん、倦怠期が始まってしまう罪作りな性格。それというのも、あなたの中で彼をとことん理想化し恋に落ちているから。実際のお付き合いが始まると「こんなはずではなかった」失望します。
 開けっぴろげなあなたはそうした心の動きをすぐに表に出してしまい、彼のほうも「熱烈にアプローチされたはずなのに、なぜ?」と不信感を持ちます。
「考えが足りない無鉄砲な女性」へと評価がぐっと下がり、倦怠期から一気に別れへと発展してしまいます。

視点を変えれば、彼のユニークな個性が見えてくる

 現実にはそうそう波乱万丈の恋物語のようなことが起こるわけではありません。自分の思い込みと現実にギャップがあっても、失望しないこと。想像上の恋に遊び、心ここにあらずといった態度を示すと彼も興ざめです。
 それよりも、彼の世界を違った視点から探索してみましょう。どんな男性にも、自慢できるものや独自のこだわりがあるもの。早々に彼を見切って「平凡な男性だと決め付けては、せっかくつかんだ恋だけでなく、ひとまわり自分が大きく成長するチャンスも逃してしまいます。

山羊座(12/22~1/19)

条件だけで選んだ恋は倦怠期を迎えやすい。
二人で目標を持ち、高め合うことで乗り越えよう

 恋に対して慎重なあなたは、「この人なら優しくしてくれそう」「ちゃんとお勤めをしていてまじめだから」とお付き合いをスタートさせます。
 直感的に「この人だ」と確信を抱くことなく恋人になってしまうと、倦怠期が訪れるのも早いもの。まるで条件だけで結婚を決めた妻のように、「私の人生の華やかな部分はこれで終わり?」と悶々とします。
 彼のほうも、「肩書きや外見だけで選ばれたのかも」と不安になり、真実の愛をほかのところで探そうとします。

それぞれがエネルギーを注げる対象を持つ

「私たち恋人同士だから」と形だけ熱烈な関係を演じようとしても無理があるもの。それよりも、二人で目標に向かうことが、倦怠期を打破する最も効果的な方法。
 仕事に前向きに取り組んでいる男性なら、あなたの提案を大歓迎するはずです。彼がキャリアアップを狙うなら、あなたは興味のあるお稽古事を始めたり、資格取得を目指すのもいいでしょう。
 お互いの進展具合を報告しながら励まし合う関係になれば、あなたのひたむきさがプラスのイメージとなって彼に伝わります。

水瓶座(1/20~2/18)

逆境に陥ると、冷淡なところが出てしまう。
彼のことを黙って受け入れる度量を持とう

 いくら好きな人でも、理性をかなぐり捨てて感情のままに生きられないのがあなたの長所であり弱点。お互いクールに決めているあいだはいいのですが、トラブルが起こって彼が弱みを見せたり、寄りかかってこようとすると、とたんにあなたは冷たい顔を見せます。
 あるいは二人で何をするでもなく、のんびりした時間を過ごしたいと願う彼にも欲求不満がたまり「私とはふさわしくない相手かも」と倦怠気に突入。彼は彼で「実際に付き合ってみるとあたたかみに欠けた女性だな」と失望しています。

ただ単に二人でいることを楽しめる関係に

 恋愛は勉強や仕事ではありませんから、到達点を目指すものではありません。「二人でこんなすばらしい生活をしよう」という目標を抱くのはいいのですが、彼に押し付けるのは禁物。もっとシンプルに恋人同士の触れ合いを味わいましょう。
 肩の力を抜いて、彼のなさけない部分も含めて受け入れる心構えも。博物館や美術館に行ったり、スノッブな映画を見るのもいいけれど、ときには居酒屋でまったり飲むというように、めりはりのあるデート計画を練るのも楽しいものです。

魚座(2/19~3/20)

ひとりよがりの恋は彼を疲れさせてしまう。
自分の幸福を彼だけに託するのはやめよう

 恋の世界に溺れやすいあなたは、「彼となら絶対、倦怠期なんて無縁」と断言するくせに、少しでも歩調がずれてくると、「もうダメかも」と急降下。「前みたいに優しくない」「私より仕事が大事なの?」と不満をぶつけます。
「そういうところがかわいい」と思ってくれた彼も、たびたびとなると「いいかげんにしろ」と言いたくなります。
「もう私のこと好きじゃなくなったのね」と一方的に別れを告げては、寂しさからよりを戻そうとしたり、彼は大混乱。もっと落ち着いた大人の女性を求めるようになります。

彼を好きだからこそ、寄りかからない

 恋によって自分が完成されるという思い込みが過剰な期待を生み、現実とのギャップから倦怠期に突入するのがあなたの最悪のパターン。そこまでの期待を背負わされる男性にとってはたまったものではありません。
 まずは、恋人がいてもいなくても、自分の幸せは自分で作るという心構えを持ちましょう。恋以外にも夢中になれるものがあると、彼のちょっとした言動に激しく動揺することもなくなります。
 小さな諍いやもめごとも少なくなります。彼を好きだからこそ、寄りかからない生き方を目指して。それが彼の肩の荷をおろし、あなたの存在によって安らぎを感じるようになります。

タイトルとURLをコピーしました