結婚運 幸せな結婚をゲットする効果的な方法

星占い 結婚運結婚運

いまどきの結婚は就職と同じで、しっかりスケジュールを組んで活動しなくては成就しないようです。成り行きに任せていては、いつまでたってもゴールインできません。あなたに合ったスケジュールを立てて、幸せな結婚をゲットしましょう。

スポンサーリンク

牡羊座(3/21~4/19)

勢いだけでは結婚にはたどりつけない。
花嫁候補としての自分を演出しよう

結婚は情熱が盛り上がってこそできるものだから、計画や駆け引きなんて不純ではないかと考えているあなた。たしかにそれも一理ありますが、恋愛と違って結婚には、乗り越えなくてはならないハードルがたくさんあります。それに、男性にとって恋人候補と花嫁候補は歴然とした違いがあるものです。あなたのように情熱的に突っ走るタイプは、いざ結婚となると不安をもたれることが多いのです。だからこそ、婚活計画を立て、自己プロデュースをする必要があるのです。

性急さは禁物。ゆっくり確実に進めること

細かいところまで婚活スケジュールを立てる必要はありませんが、意識しておくことは、スピードダウン。恋に落ちたら一気に燃え上がりたくなりますが、それでは軽薄な女性と見られてしまう恐れが。かといって変にじらすのではなく、堅実さをアピールするのです。そして、晴れて恋人同士となったとしても、唐突に「両親に会ってほしい」と頼むのは考えもの。結婚を念頭に置きながらも、あせっていないという態度を取るという高度なテクニックを身に付けてください。

牡牛座(4/20~5/20)

漠然と結婚を願うのではなく、
結婚するという明確な意志を持つ

恋愛体質なのに、決断することが苦手なあなた。シングルでも快適で楽しい毎日を送っていれば、結婚という冒険に踏み出すことをためらってしまいます。でも、本音の部分では、愛する人としっかりした絆を結びたいという強い思いがあるはずです。人生にリスクはつきものです。絶対幸せにしてくれる男性が現れるまで待っていては、あっという間に時間が過ぎていくばかり。結婚のリスクも自分で引き受けるつもりで、腹をくくって婚活をスタートさせてください。

あやふやな態度を改め、意思表示を

自分の意見を押し殺して、控えめにしているのが、女性らしくてモテると考えているかもしれませんが、婚活では逆効果です、ほとんどの男性にとって、女性の感情を想像して先回りして動くというのは苦手です。はっきりと「私はこれが好き」「こうしたい」とストレート伝えてもらったほうが楽なのです。かといって、わがままな欲求を突き付けるのは、相手候補リストから外れることを意味します。あくまでも彼の負担にならない範囲で、意思表示を。

双子座(5/21~6/21)

情報が多すぎると迷いが生じてしまう。
原点に立ち戻って、婚活を考える

情報収集能力に優れたあなたは、結婚したいとなったら、たくさんの資料は集め、あれこれと策略を練ります。婚活に取り組む理想的な姿勢ですが、結婚は、仕事のプロジェクトとは違います。ゴールだけを目指していると、大切なことを忘れてしまいます。いつ頃に結婚したいという大雑把な目標を立てるのは構いませんが、披露宴や新婚旅行の中身まで具体的にプランニングしてしまうのは早すぎます。人生を共にするパートナーとの出会いという、原点を忘れないでください。

男性側に主導権を握らせ、流れに任せる

大雑把な婚活スケジュールを立てたら、後は流れに任せて、彼のペースを尊重すること。男女平等の世の中とはいえ、結婚となると、表向きは男性主導のほうがスムーズに進みます。もちろん、背後であなたが糸を引いてもいいのですが、決して彼に悟られないように。あくまでも彼に「自分が決断した」と思わせるテクニックが必要です。恋愛と違ってストレートに動けず、もどかしい思いをすることが多いでしょうが、それこそ婚活のポイントだと受け入れてください。

蟹座(6/22~7/22)

これまでに培った人間関係を活用。
周囲に「結婚したい」と宣言を

婚活には自分が持っている最大の強みを活用すべき。あなたの場合は、人的なネットワークです。最近は人間関係のわずらわしさを嫌い、婚活の出会いのためには専門の業者を頼りにする人も多いようですが、これまで培ってきた人間関係も大きく役立ちます。結婚したいのなら、ためらいを捨て友人や知人に「結婚したい」宣言をするのです。お見合いといった正式なものでなくても、自然な形の紹介というプロセスで結婚相手と巡り合う可能性はかなりあります。

相手の顔を立てようと思わないで

人間関係に頼った婚活には、一つ大きな落とし穴があります。それは、「お断りしたら紹介者に悪い」という遠慮です。ずるずるとプロセスが進んでから断ると、大きな禍根を残す危険があります。紹介してくれた人は、無理やり押しつけようとしているわけではありません。結婚相手として考えられないのなら、相手の欠点をあげつらうのではなく、角の立たない言い方で、明確に意思表示をしましょう。そのプロセスであなたの結婚相手に対する条件も明確に伝わります。

獅子座(7/23~8/22)

男性側ばかりに多くを期待せず、
結婚の現実をしっかり見つめる

婚活なんてせせこましいことをしないで、堂々とプロポーズを受けたいというのがあなたの本音。でも現実には、そこまで勇気にある男性は少数派で、女性がイエスと答えるのを確信してからプロポーズしたいというのが男性の本音です。特にあなたは、プライドが高い女性に見られることが多く、臆病な男性にとってはなかなか手が出せない存在です。まずは「婚活をしている」という姿勢をアピールし、「この人も結婚相手を探しているんだ」と男性に知らせる必要があります。

男性をリラックスさせる雰囲気作りを

自分を安売りすべきではありませんが、ある程度の親しみやすさを見せることは、婚活には不可欠です。自己アピールには、ちょっとした失敗談を加えるのも効果的。ちゃめっけのあるところを見せれば、「見た目と違って、案外、気さくで話しやすい」と男性側の気持ちがかなり楽になります。結婚を前提として、真面目に交際したいという肩に力が入った態度をとるのはいざプロポーズされてからにして、婚活期間中は親しみやすさを心がけてください。

乙女座(8/23~9/22)

結婚というゴールだけにフォーカスせず、
自分にとっての結婚の意味を考え直す

何事も計画を立てて進めるのが得意なあなたは、結婚という人生の一大事についても、周到に準備して、手順を踏んでいこうと考えています。それはとても真面目で誠実な姿勢ですが、根が優等生のあなたは、人から望まれる役割に無理やり自分を合わせてしまう傾向があります。長い結婚生活で、本当の自分ではない役割を演じるのは疲れるもの。それは周囲を喜ばせるための結婚ではなく、あなたが幸せになるための結婚を目指すことをしっかりと確認しましょう。

自分の好きなものに打ち込んでみる

やみくもに紹介や縁談を頼んでも、あなたがどんな結婚相手を望んでいるかがはっきりしなくては、エネルギーを消耗するだけです。それよりも、自分らしい行動をしていると自然と出会いがあるといいのです。たとえば、本当に好きな趣味やスポーツを初めてみましょう。好きなことに打ち込んでいきいきと輝いていると、恋のきっかけが生まれます。その中で、自然な形で結婚へとつながることもあるでしょう。条件だけをすり合わせて、お見合い相手と会うことばかりが婚活ではありません。

天秤座(9/23~10/23)

まずは婚活に参加。その行動により、
結婚を望んでいることを男性に示す

優雅な生き方を好むあなたは、結婚したいからといって、もの欲しげに活動する婚活には否定的です。そんな作為的なことをしなくても、自然に愛情が芽生えて結婚へとつながっていくと信じていたいのです。でも、今の時代の男性は結婚に対してかなり慎重です。あなたが結婚なんて考えていないような涼しい顔をしていると、結婚願望を前面に押し出した女性が男性をさらっていきます。結婚に向けてがむしゃらになる必要はありませんが、結婚したいという意思表示はしておきましょう。

婚活の際は、平等主義をしばし忘れる

人に対して公平に振る舞うあなたですが、婚活では少し態度を変える必要があります。万人に受ける人当たりのよさがあっても、ある人にとってのオンリーワンに選ばれなければ花嫁になれないのですから。でも、ライバルを蹴落としてまで、自分の存在をアピールするような姿勢は、あなたには似合いません。まずはピンポイントで結婚相手を見極める眼力を磨くこと。そして、そこからはずれた男性には、失礼にならないようにノーと伝えるコミュニケーション力も身に付けましょう。

蠍座(10/24~11/22)

結婚のために、愛にプラスアルファを。
二人の世界に閉じこもらず、視野を広げて

情熱だけ盛り上がっても、結婚へたどりつくハードルはかなり高いものです。恋人同士になるのとは違い、夫婦として社会から認められるためには、ちゃんと手順を踏まなくてはいけません。婚活はそうした覚悟を示すための試練といっていいでしょう。それはスン粋な愛情を否定するものではなく、あなたの愛情がどこまで強いかを示す試練なのです。愛だけの世界に閉じこもらず、そこにどうやってお相手とあなたの両親、職場の人々を関係させていくか、綿密な戦略を立てましょう。

候補は絞り込まず、さまざまな選択肢を

もしあなたがシングルなら、最初からターゲットを絞りすぎていては、なかなか結婚というゴールが見えてきません。好みのタイプとはちょっと違うけれど、とりあえず話だけでもしてみるといった気軽な姿勢も必要です。さまざまなタイプの男性の結婚観に触れることで勉強になります。たとえその人とご縁がなかったとしても、ストライクゾーンを広めに設定しておきましょう。最終的には、あなたは心の声に耳を傾けて、正しい選択ができる人なのですから。

射手座(11/23~12/21)

「婚活スタート」を周囲に宣言することで、
結婚に向けてのスイッチがオンになる

婚活をあなたは強く意識すべきです。というのも、あなたは結婚するのに、戦略とかスケジュールはそぐわないと思っているからです。自然な成り行きで結婚するべきだと考えているのです。たしかにそれも一理ありますが、「結婚を望んでいない人」というレッテルを張られ、ずっと蚊帳の外に置かれてしまいます。結婚してこんな家庭を持ちたいという具体的なイメージを抱き、そのためには何をするべきかを考えることで、結婚に向けてのスイッチがオンになります。

婚活だからといって自分を偽る必要はない

合コンやお見合いパーティにも社会勉強だと考えて参加してみましょう。海外旅行と同じく、新しい体験のひとつです。他の女性の結婚にかけるエネルギーの強さに触れることもいい刺激になります。そして、そういう場でも、無理やり違う自分になることはないのです。オープンで話しやすいキャラクターを打ち出せば、そうしたタイプが好みという男性とカップルになる可能性もあります。行動しないと、何も始まりません。そこでいかに自然なあなたをアピールするかが勝負です。

山羊座(12/22~1/19)

婚活を効率的に進めるだけでなく、
結婚に対する甘いイメージも描こう

目標を決めて、着実にステップを進めていく戦略家のあなた。婚活向きといえますが、結婚をあまりにも効率的に進めようとして、ロマンチックなムードを求める男性がしらけてしまうことも。結婚を意識しながらも、実際の恋愛シーンではあまり全面に出さないという高等戦術が必要です。もちろん、頭の中では、こんな家庭を築きたいという具体的なイメージを抱きましょう。結婚資金はいくらという現実的な話ではなく、愛する人に料理を作ってあげる私といった心理的なイメージです。

毎日の暮らしに彩りをプラスする

現実家のあなたは、漠然と夢を描くのはあまり得意ではありませんが、婚活にこそ空想力が必要です。いかに心を満たす生活ができるか。そこにフォーカスしてみましょう。お料理やフラワーアレンジメントなどを習うのは、まさにその空想力を助けるため。愛する人のために家庭を整える新妻というイメージを心にインプットするのです。そうすれば毎日の暮らしのしぐさにもどこか柔らかな優しさが生まれます。そこが婚活での大きなアピールポイントとなるのです。

水瓶座(1/20~2/18)

婚活に対する照れや恥ずかしさを捨て
素直な気持ちで結婚に向き合う姿勢を

婚活という言葉がいくらブームになろうと、私には関係ないというのがあなたの本音。でも、素のままのあなたでは「結婚する気があるのか?」と男性に疑われてしまいます。結婚は人類が長い歴史の間で生み出してきた生活の知恵のようなもの。こんなに長い間続いているからには、そこに意味があるのです。せっかく生まれてきたからには、その醍醐味を味わってみるべき。そう気持ちを切り替えて婚活に乗り出してみましょう。「私がこんな俗っぽいこと」という気持ちは捨ててください。

人生の長期プランを考えると結婚したくなる

理性派のあなたはムードに流されるのが嫌い。しっかりと自分で納得して自分の道を決めていきたいのです。自分の考えを整理するために、ライフプランノートを作りましょう。1年後、5年後、10年後にどうなっていたいか、未来の自分の姿をノートに書いていきます。そこには結婚が大きなキーワードとなっているはず。そこをはっきり心にインプットできたら、花婿候補と出会うために、毎日の生活の意識が変わります。そうなると婚活スイッチが自然にオンになります。

魚座(2/19~3/20)

確固とした幸せを手に入れるためには、
周囲へきっちりと根回しをすることが必要

婚活なんてしなくても、愛する人と一緒にいたいという純粋な思いから結婚へとつながっていくとあなたは信じています。ロミオとジュリエットのイメージですが、あの話の結末を冷静に考えてみてください。感情だけで突っ走ってしまったから、あんな悲劇が起こったのです。幸せを手に入れるためには、社会的な根回しが必要です。それに、どうせ結婚するなら、駆け落ちより、周囲から祝福されるほうがいいはず。婚活の必要性を認識することから、スタートしましょう。

一時の恋愛感情に溺れず、自分磨きを

恋愛モードのオンオフを自分でコントロールできるように感情を制御しましょう。世の中にはいくら好きになっても結婚相手にふさわしくない相手というものが存在するのです。既婚男性というのがその最たるもの。そして、自分も選ばれる立場であることを自覚すること。かわいいだけで選ばれるのは単なる恋人候補です。社会常識や経済感覚など「この女性なら家庭を任せても安心」というイメージに近づくよう、自分を磨きましょう。外見を磨く以上に大切なことです。

タイトルとURLをコピーしました