星座 トラブルへと続く道を選ばないようにする方法

星占い 星座星座
恋愛ブログ+占星術のご案内

恋愛って、面倒くさいし、勇気がいると思っていませんか? でも、ちょっと前向きになるだけで、あなたをとりまく状況はがらりと変わるはずです。愛も恋も出会いから始まります。一歩踏み出してみましょう。

トラブルは、起こる前に避けるのが生き方の極意。トラブルへと続く道を選ばないようにする方法と、トラブルに遭遇した時のあなたらしいさばき方をお伝えします。

スポンサーリンク

牡羊座(3/21~4/19)

独断専行で周囲から反発を受ける。
人のペースと合わせることを学ぼう

早合点で駆け出して、気がついたときには引き返せない地点まできているのが、トラブルのパターン。スタートダッシュで一気に飛び出せるのは、あなたの強みなのですが、複数の人が関わる案件となると、裏目に出ます。たとえば、宴会や旅行など。先走って日程や目的地を決めてしまうと、どこからか不満が出ます。「私はこれだけやってあげているのに」「みんな決断が遅くてイライラする」と、あなたも不機嫌に。親交を深めるための企画が仲たがいの原因となります。

「おひとりさま」を前提に計画を立てる

突っ走るのは単独行動のときだけにしましょう。楽しいことがやりたいのなら、まず自分だけで。一緒に行きたいという人が現れたら、タイミングが合えば共に行動すればいいのです。パーティや合コンといったイベントはそういうわけにいきません。幹事役は別の人にお願いして、あなたは当日の盛り上げ役に徹するのも得策です。もし、幹事になったら、ひたすら人生修業だと覚悟し、一斉メールなどでこまめに連絡を回し、一つずつ積み上げていきましょう。

スポンサーリンク

牡牛座(4/20~5/20)

寂しい人間に見られたくないからと
無理に人とつきあうと、うまくいかない

人とペースを合わせるのが苦手なあなた。せっかくレストランに入ったら、じっくり食べたいものを検討。洋服のショッピングなら、あれこれ試着して納得できるものを選ぼうとします。それなのに、同行者から「まだ?」「そろそろ決めて」といったプレッシャーを感じて、ちっとも楽しくありません。かといって、友達や恋人のいない寂しい人間に見られるのがいやだからと、中途半端な姿勢で人と交わっていると、お互いにストレスが溜まり、いつか爆発します。

誰にも邪魔されない自分の城を作る

団体行動はレジャーではなく仕事の一種だと割り切りましょう。楽しむというより、時間に送れず調和を乱さないことが第一の目的なのですから。個人的な欲求をとことん満足させたいのなら、自分の城を作ること。料理に凝ってみるのもいいでしょう。あなたの美食への探求を自分で作ることに向けるのです。そんな積み重ねで、ほがらかに暮らすようになれば、自然とあなたの生き方を賛同する人が集まってきますから、そういう人たちと行動をともにすればいいのです。

スポンサーリンク

双子座(5/21~6/21)

軽やかに生きているつもりが、
誤解を与え、トラブルを引き起こす

安請け合いして、失望される。これがあなたのトラブルのパターンです。あらゆることに興味があり、ちょっと首を突っ込んで満足し、それであなたは幸せなのですが、周囲からはいい加減な人に軽く見られてしまいます。特に恋愛では、大トラブルに発展する危険が。あなたはそのつもりではなくても、相手をその気にさせてしまうスイッチを知らずのうちに押してしまうのです。真剣に告白されてから、そんなつもりじゃなかったと弁明するのは、とても残酷なことです。

距離を測りながら慎重に人と接する

誰に対しても感じよく振舞えることは、すばらしいことですが、使い方を誤らないように。人間関係の距離感は人それぞれ。特殊な感覚を持つ人には、ちょっとしたことを愛情表現だと誤解してしまうのです。異性に対しては、節度を持って距離を測りながら接すること。同性の場合は、そこまでも深刻なトラブルの危険はありませんが、派閥がらみのゴタゴタに巻き込まれると厄介です。無理にそっけなくする必要はありませんが、相手に期待を持たせるような言い回しは控えましょう。

スポンサーリンク

蟹座(6/22~7/22)

世話好きで親切な人という役割を
固定すると、自分が苦しくなる

トラブルといえば、人間関係に起因するものが圧倒的。感情の行き違いがエスカレートして、かわいさ余って憎さ百倍という結果に。あなたとしては、「ここまで尽くしてあげたのに」という悔しい思いがいっぱいになります。でも相手にしてみると「別に頼んだわけじゃない。勝手にやってくれたことなのに」という反論があるかもしれません。誰に対しても親切であることは美徳の一つですが、役割を固定してしまうのは、トラブルの元。ありがたがってもらうのは最初のうちだけで、そのうち、やってもらって当然と思われるか、なんだかうっとうしいと思われる展開が待っています。

人のことに構うより、まず自分を満たす

人はそれぞれ性格が違うのですから、あなたの親切をストレートに喜んでもらえるとは限りません。だから、見返りを期待しないこと。「そんなことはできない、人生はギブアンドテイクだから」と思うかもしれませんが、与えられて当然というずうずうしい人もいるのです。あなただけが負担を感じるような関係にならないように気をつけましょう。そして、人のことに構うより、まず自分を満たしてください。空っぽの自分を満たすために、人間関係に求めても、ますます空虚になっていくだけです。

スポンサーリンク

獅子座(7/23~8/22)

「人とは違う私」をアピールすると
反発され冷たい視線を向けられる

世の中はあなたを中心に回っているわけではありません。そのくらいのことはしっかりわかっているはずなのですが、なんだか静かなムードになったときに、その場を盛り上げたいと、ちょっと目立つことをします。あるいは、おとなしい相手に対して、自分がムードメーカーになろうと張り切ったり。その結果、自己顕示欲が強い人というイメージを持たれると、そのあとあなたがやることにはネガティブな評価が下され、不要なトラブルを招く結果となります。

最初に好意的な関係を築いておく

相手に花を持たす方向で、その場を盛り上げる工夫を。それなら誰にもネガティブな気持ちを持たれずにすみます。誰だって、自分をかけがえのない存在だと認めてもらいたがっています。最初に「あなたのことをしっかり認めていますよ」というメッセージを送っておけば、少々のことは大目に見てもらえます。そして、過度の賞賛を求めないこと。その場では目立たなくても、「実はあの人はすごい人だった」と悟ってもらうほうが、ずっと風格があるのです。

スポンサーリンク

乙女座(8/23~9/22)

じわじわとプレッシャーを与えると
相手はマイナスの意識を向けてくる

周囲の状況に気を配りながら、いつも適切な判断ができるあなたは、トラブルとは無縁なはず。だけど、予測できないことが起こるのが人生です。でも、相手の怠け心やいい加減さから生じる予定の狂いに、あなたは寛大に接することができません。はっきり文句を言うわけではないけれど、無言のうちにプレッシャーを与えているようなものですから、相手はあなたから徐々に距離を置こうとします。あるいは、気まずい対立をもたらし、人間関係の歯車が狂っていくのです。

人の生き方は批判せず、受け入れる

「人生をしっかりコントロールしている」と自信を持つことが、あなたの生きがいです。それを人と共有しようとするから、軋轢が生じるのです。人はそれぞれ別の生きがいがあるのですから、自分の裁量でコントロールできる仕事や家事だけを好きなように整えていけばいいのです。その基盤がしっかりとできれば、人に対しても寛大になれます。そして、テリトリーを出たら、計画通りにいかないのがあたりまえと考えておいたほうが、精神衛生にはずっといいでしょう。

スポンサーリンク

天秤座(9/23~10/23)

逃げることでは何も変わらず、
かえって事態が悪化することも

トラブルのない平和な毎日を心から望んでいるあなたですが、人生は予測のつかないことの連続です。人から批判されたり、対立が起こるのもしかたがないことです。そこで正面から向き合えば、トラブルが小さいうちに鎮火するのですが、あなたはゴタゴタから逃れようとします。うまくフェイドアウトできればいいのですが、世の中には根に持つ人もいますし、逃げることで問題が大きくなる場合もあるのです。そして、「外面はいいけれど、信用できない人」というレッテルを張られます。

悪人になることをおそれない

あなたにとって最大のタブーは、人に悪い感情を抱かれること。でも、すべての人に満足してもらうなんて、聖人君子でないかぎり不可能です。あなたの人生で重要な役割を担う大切な人だけにエネルギーを集中させましょう。その他大勢の人には、普通の対応をしておけばいいのです。うまくいかないことがあって、クレームがきたとしたら、もっともな理由があったとしても、さっさと自分の非を認めること。自分が悪人になって、その場を収めておけば、後腐れがありません。

スポンサーリンク

蠍座(10/24~11/22)

水に流すということができず、
トラブルを引きずり拡大させる

トラブルをいつまでも抱え込んでしまい、より深刻なものにしてしまうのが、あなたの最悪のパターン。最初はちょっとしたトラブルだったのに、あなたは過剰な罪悪感を抱いてしまいます。相手に責任があることなら、責める気持ちを持ち続けてしまい、最後には、元の原因を忘れてしまっても、「トラブルがあった」ということにこだわり、傷口を広げてしまうのです。そして、当事者と顔を合わせるたびに苦い思いがこみあげてくるようでは、次のトラブルの種を蒔くようなものです。

煮詰まらないように、エネルギー分散

どんなに人格が磨かれた人でも、トラブルとまったく無縁という人はいません。それでも、スムーズに世の中を渡っているのは、切り替え上手だから。いやなことがあっても、すっぱり断ち切って、前を見ています。「それは頭でわかっていても、感情が納得しない」とあなたは思うでしょうが、新たな興味の対象を見つければ、いいのです。心満たされて楽しいと思える時間を持ちましょう。今が幸せなら、過去のトラブルはどうでもよくなりますし、人を責める気持ちも消えていきます。

スポンサーリンク

射手座(11/23~12/21)

あなたは気楽に割り切っても、
相手は決して忘れないこともある

楽観主義はとてもいいことです。悲観的に考えるより、ポジティブな面を見るようにすれば、人生も明るくなります。でも、人生には楽観主義だけで乗り越えられないこともあるのです。最悪なのは、あなたが「ちょっとしたトラブル」と考えているのに、相手が「重要だ」と考えているケース。最初にちゃんとケアすれば、なんということもないのに、あなたが気にしていないことを知り、先方が一気にヒートアップ。そうなってしまうと、どれだけ誠実に謝っても許してもらえないのです。

お礼と謝罪は、少々大げさに

人は自分がしてあげたことは過大評価し、してもらったことは過小評価しがちです。一方、迷惑をかけたときも、迷惑をかけた側は過小評価し、かけられた側は過大評価するのです。この法則を肝に銘じておいてください。だから、誰かに親切にしてもらったら、少々大げさにもお礼を言うこと。そして、誰かに迷惑をかけときも大げさにお詫びすること。それは卑屈にふるまうことではありません。そこで基本的な人間関係が円満に築くことができれば、少々のことは大目に見てもらえます。

スポンサーリンク

山羊座(12/22~1/19)

過度な上昇志向で足元をすくわれる。
すべてを背負おうとしないこと

つい上を狙ってしまい、トラブルに巻き込まれるパターン。あなたの野心がそうさせるのです。すきあれば、自分の有利な展開にしたいと、虎視眈眈と狙っていると、必ず足を引っ張ろうとする人が出現するものです。また、高い評価を得ようとしてキャパシティオーバーでも、引き受けてしまうのもよくありません。私さえがんばればと孤軍奮闘しても、結果的に抜けがあり、あなたは責められる立場となります。頑張ったことが裏目に出ただけに、後味の悪いトラブルとなります。

「選択と集中」を心がける

いつも涼しい顔をして、野心をあまり外に出さないことです。そして、得意分野をちゃんと限定して、ほかは平均点でいいやと割り切ること。選択と集中です。そうやってエネルギーを分散すれば、へとへとに疲れることもなく、トラブルを未然に防ぐ心配りもできます。人より優れていたいというのは、正しい欲求ですが、あなたに負かされた人にもプライドがあるのです。ある部分であなたが勝ったら、ほかでは譲りましょう。能力ではなく性格への高評価につながります。

スポンサーリンク

水瓶座(1/20~2/18)

自分が変わり者だと意識すれば
トラブルの種を蒔かなくてすむ

「自分の常識は他人の非常識」という言葉がありますが、まさに、あなたのためにある言葉です。なぜなら、あなたの根底に流れる価値観が「人と同じではつまらない」ですから。型にはまったような毎日を送るぐらいいなら、型破りでも刺激を欲しがるのです。そのため、保守的な人の眉をひそめさせ、自らトラブルの種をまき散らしていることも多いのです。「そんなに怒らなくちゃいけないこと?」と無邪気な疑問を口にして、ますます怒りの視線が注がれます。

あなたの一生は、旅のようなもの

日本にいても、ここは旅先だと思ってみましょう。郷に入れば郷に従えということわざがありますが、あなたは異国を旅する異邦人。習慣の違いにとまどいながらも、現地の人と交流を図ります。そんな気分でいれば、あなたは自分の個性を押し殺してまで周囲に合わせているという被害者意識を持たなくていいし、人間関係もスムーズになります。あなたの一生は、旅のようなものなのです。心の持ちようひとつで、トラブルが避けられ、楽しい思い出がたくさんできます。

スポンサーリンク

魚座(2/19~3/20)

被害者意識によって傷口を広げ
いつまでもトラブルを引きずる

トラブルそのものよりも、あなたの繊細な心がトラブルによって傷つき、それを引きずってしまうことが問題です。「あの人はああするべきだったのに、こうしてくれなかった」とか「私のことを愛してくれていない」と被害者意識につながっていきます。そして、いつまでも悲しい思いを反芻し、場合によってはうらみがましく相手に伝えてしまうものだから「まだそんなことを思っていたの」とあきれられ、トラブルの余波が広がってしまうのです。

寄りかからずに生きる

自分を幸せにできるのは、自分しかいません。誰かに幸せにしてもらおうと期待しているから、感情の行き違いが生じ、トラブルになっていくのです。たとえば、行きたい場所があるなら、誰かが誘ってくれるのを待つのではなく、自分で計画を立ててさっさと出かけましょう。一緒に行きたいという人がいれば同行者になればいいのです。そうした毅然とした強さがあれば、あなたが今までトラブルと考えていたものは、芽のうちに摘み取ることができるはずです。

タイトルとURLをコピーしました