星座 あなたの悪癖、わかってますか?

星占い 星座星座

 わかっちゃいるけど、やめられない♪ という楽しい歌がありました。人間、理屈ではわかっていても、なかなかやめられないことがあるものです。
 でもやはり、スイスイとはいかないもの。どこかに必ず問題は出てくるはず。悪癖は、早く断ち切りましょう。

スポンサーリンク

牡羊座(3/21~4/19)

衝動的な言動で自分の首を絞める。
ちょっとした気遣いでトラブル回避

 打てば響くような勘のよさがあなたの長所ですが、ひとつ間違えるとブレーキのきかない危ない人になってしまいます。
  特に、頭に血が上ったときは要注意。禁煙ゾーンでタバコを吸う人や行列に割り込んだ人に注意して、逆ギレされて大きなトラブルにまきこまれます。
 親しい人間関係でも、その場を盛り上げるためにちょっと過激な発言をして、大切な人を傷つけてしまうことも。
 しかも、人の意見に従うと自分の負けを認めたような気がして意地っ張りになり、修復がますますむずかしくなります。

言い方ひとつで相手の反応も変わってくる

 たしかにあなたが主張していることは正論ですが、言い方に問題があります。口を開く前に、その場を荒立たない言い方を考えましょう。
「はっきり言わないと伝わらない」とあなたは考えているかもしれませんが、高圧的な言い方をされると人間は反発するものです。
 相手の逃げ場がないような攻撃的な発言は控えましょう。ユーモアを交えた穏やかな忠告は、人の心に響くもの。ちょっとした気遣いで無用なトラブルを避けることができ、エネルギーの消耗量もずっと少なくてすむのです。

牡牛座(4/20~5/20)

次から次へと限りない欲望に従っていると
エネルギーが停滞し、自分を見失ってしまう

 お気に入りのものに囲まれていると気分がよくなるあなたは、人が持っているものでもいいなと思うと我慢できなくなります。クローゼットはぎゅうぎゅう詰めなのに、さらに新しい服を購入して部屋は片付かないまま。不要なものを捨てようにも、いざ手放すとなると惜しくなって再びしまいこみます。
 快適で心地よい生活を送りたいと願っているのに、あふれるものに囲まれていても心からの満足感が得られず、また買い物に走ってしまうという悪循環に陥ってしまいがちです。

量より質を心がけ、シンプルな生活環境を整える

 上質なものを身に着けたいというあなたの願いは間違っていません。ただ、欲望の度が強過ぎて現実と折り合っていません。
 解決策は、量より質を取ること。一時の衝動で買ったものは、冷静になるといまひとつ不満が残り、それを解消するためにまた新たなものが欲しくなるのです。量は少なくても、本当に厳選したものだけを身の回りに置くようにすれば、「もっと欲しい」という渇望感が消えます。
 そしてシンプルな部屋でクローゼットもすっきり片付いた状態に慣れてしまえば、衝動買いもなくなります。

双子座(5/21~6/21)

新たな刺激を求めて三日坊主になりがち。
毎日の生活の中でしっかりと軸足を定めよう

 目の付け所はいいのに、長続きしないのがあなたの欠点。「今度こそ続ける」と宣言しても、新たな興味の対象が出現すると、好奇心を抑えらず前言撤回。反省しているそぶりは見せても、心の中では「人生、一度きり。好きなことをやらなくちゃ損」と自分を肯定しているので、改まることはありません。
 それはそれで楽しい毎日が送れますが、ある日突然「私には身についているものが何もない」という状態に愕然するかも。
 また、人間関係が長続きしないでいると、寂しい将来が待ち受けています。

日常の習慣をきっちりこなすことで好転

 三日坊主を改めようと自分を狭い枠に押し付けると、窮屈すぎて挫折するのが見えています。
 いきなり大きな目標を掲げるのではなく、まずは生活習慣をしっかり確立することから始めましょう。
 たとえば、朝起きる時間を一定にしたり、通常の掃除とは別に毎日1ヶ所、ポイント的に集中してきれいにすることを続けるなど。ささやかなことでもずっと続けていれば自信につながり、腰を据えて自分の求めているものに取り組む態勢が自然にできあがっていきます。

蟹座(6/22~7/22)

人間関係にエネルギーを注ぎ過ぎるのは逆効果。
一人の時間を充実させることを心がけて

 親密で調和的な関係を築きたいと誰よりも願っているはずなのに、なぜか人間関係のトラブルを起こしてしまうあなた。
「この人のためになりたい」「好かれたい」と思うあまり、つい度を越して接近するのが原因です。自分ばっかり損しているように思ってしまうのは見返りを求めているから。世の中にはさっぱりした人間関係を好む人もたくさんいます。
 一気に無二の親友になった気分になり、少しでもよそよそしい態度で接されると「裏切られた」と落ち込むあなたは周囲の人を疲れさせます。

それぞれの人に対して最適な距離感を保つ

 人に依存した幸福感を求めるのは危険です。自分一人でも楽しめる趣味を持ちましょう。そして、人から評価されなくても、自分が満足できればそれでいいと割り切ってみること。
「いい人ね」「ありがとう」「大好き」といった賞賛がないと物足りたいと最初は感じるでしょうが、慣れてくれば、自分の世界ができてきます。
 そして、メールや電話はキャッチボールの感覚で。あなたのほうから一方的に発信し「返事がない、どうして?」と再度メールしたり電話をかけるような態度は控えること。

獅子座(7/23~8/22)

いつも自分がナンバー1でないと気が済まない。
強過ぎる上昇欲をセーブできると、心が安定する

 多くの人から人望を集めるあなたですが、どうしようもない悪癖は「見栄張り」。財政ピンチなのに、後輩とお茶を飲むとついおごってしまったりといったレベルならまだいいのですが、友人が自分より高価なものを持っていたり、恋人が素敵だったりすると、口先では誉めても心の中で「私だって」と対抗心を燃やしています。
 そんな感覚が相手に伝わると、人間関係が気まずくなるだけでなく、「あの人、いつもガツガツしていて大変そうねえ」と同情されてしまいます。

人からの評価をあえて考えないようにする

 自分をよく見せたいという前向きな努力を放棄する必要はありません。ただし、勝ち負けばかり考えず、世の中には優劣がつかないものが多いことを悟りましょう。
 彼の外見や学歴、職業で便宜的に順位がついたとしても、本当の順位は一生を終えた時点でないとわかりません。大切なのは、友達より素敵な彼を見つけることではなく、あなたにぴったりの彼を見つけること。洋服や職業も同様です。
 人からどう評価されるかという視点を意識的にはずすことで、見栄を張ることのむなしさに気がつくようになります

乙女座(8/23~9/22)

細かい観察眼がマイナス作用を及ぼして、
物事の悪い面ばかりを見るネガティブ人間に

 あなたの悪癖は、自分のスタイルを守り通そうとするところ。おとなしくて謙虚な印象を与えていても、「こうでなければ」というこだわりの持ち主です。
 人が違うことをしても、表立って抗議することはありませんが心の中で「もっといいやり方があるのに」とイライラします。
 どんなに素敵なデートをしても、楽しい思い出を作るのではなく「あのレストラン、サービスの仕方がいまひとつ」「彼が時刻表をチェックしていなかったらロスタイムが15分あった」とか不満ばかりあげつらってしまいます。

細部にとらわれず、本質を見極める眼力を

 約束時間をきっちり守る人との会話で不快な目に合うよりは、多少ルーズでもいつも楽しい友達を大切にしましょう。
 欠点ばかり指摘していると、相手も「どうせ私のことを低く見ているから」とふてくされて、ますますあなたの癇に障るような行動に出てしまいます。
「あの人には欠点はあるけれど、それを上回るこんな長所がある」と見方を変えましょう。
 潜在的な長所を発見してもらった相手とは、良好な関係になり、あなたはますます欠点が気にならないという好循環に。

天秤座(9/23~10/23)

気を遣っているつもりなのに、ぎくしゃく。
自分の心に正直になることで問題解決を

 人当たりよく振る舞い、円満な関係を維持しているようでいて、あなたはちょっとしたトラブルメーカー。決断できずにあいまいな言い方を繰り返していることが原因です。
 あなたにしてみれば、ストレートな言い方を避けて、みんなの出方を待っているだけなのですが、そういう態度が周囲をイライラさせます。
 恋愛となると、問題はさらに深刻に。すぱっと決められないあなたに対して、彼は「黙ってオレについて来い」と振る舞うか、なんとなく疎遠になるという二つの選択肢しかありません。

すべての人から好意を持たれなくてもいい

 いやなものをいやと言わず、ぎりぎりになってやっぱりやめておくといった態度は、はた迷惑です。人間関係のスキルは持っているあなたですから、正直な気持ちを伝えたところでそれほど気を悪くする人はいないはずです。
 そして、「誰からも嫌われたくない」という態度は「特別に好かれなくていい」と取られてしまいがちです。
 芸能人や政治家になろうとするのなら別ですが、人気投票で一番になる必要はありません。人の顔色をうかがうより、内側からこみ上げてくる充実感を大切にしてください。

蠍座(10/24~11/22)

強い執着心は使い方を誤ると大惨事に。
思い込みを捨てることを常に意識して

 あなたにとって最も断ち切る必要がある悪癖は執着心。人に対してだけでなく、物に対してもです。
 ひとたびこれと決めたら、死ぬまで一緒にいたいと強く願う極端な態度があなたを生きにくくしています。
 他人のちょっとした言動に深く傷つき、恨みに思ってしまうのもあなたの悪い癖。言ったほうはすっかり忘れているのに、ふとした拍子にあなたからの恨み言を聞かされて驚愕し、「執念深くて怖い」と敬遠。有意義な関係を築けるかもしれない可能性をあなたは自分の手でつぶしているのです。

多少のことは笑って水に流す度量を

 こうと決めたら一直線というのはあなたの最大の長所ですが、仕事や勉強などに限定して人間関係は除外しましょう。
 人間関係は常に変化するもの。愛が一夜にして憎しみに変わることもあれば、その逆もありえます。そこまでドラマチックでなくても、なんとなく毛嫌いしていた人が心を開いて打ち解けてみると、実はあなたに幸運をもたらす人である可能性もあります。
 評価をすぐにくださず、多少のことは笑って水に流しましょう。それが巡り巡ってあなたのためにもなるのですから。

射手座(11/23~12/21)

楽観主義も度を越すとはた迷惑に。
つい自分に甘くなる傾向を反省して

 陽気で人生に対していつも前向き。まわりを明るくするムードメーカーですが、一歩間違えると、その場の空気を読まない能天気な人になってしまいます。
 とりわけ、自分に甘くなるのがあなたの悪い癖。自分のミスでチームが窮地に立ったときも「過ぎたことは気にしないで、次行こう」と口にして、周囲を唖然とさせてしまいます。
 過去のことをすっぱり忘れて前ばかり見ているのも、結局は何も積み重ねができずいつまでたっても未熟なまま。それを「私はいつまでも若い」と勘違いしてしまうと致命的です。

あなたの「常識」は他人の「非常識」かも

 人それぞれ考え方は違うもの。「ま、いいか」と自分の都合のいいほうにばかりシフトして考えるのをやめましょう。
 あなたにとってはささいなことでも、人にとっては重要なこともよくあります。いつもの思考パターンから脱して変えて考える癖をつければ、人からあきれられることも少なくなります。
 また、人間は誰しも自分のしたことは過大評価し、人からしてもらったことは過小評価しがちなもの。この原則を知っておくだけでも、わきまえた言動がとれるようになるはずです。

山羊座(12/22~1/19)

不合理なことに我慢できず、正論を主張。
周囲から浮いてしまい、人間不信に

 あなたの中には、目的のためには合理的に考え、着実に実行する力があります。
 仕事上では多いに役立つ性質ですが、実際の人間関係でも「このほうが得だから」と割り切ってばかりいるのは少し問題です。
 不合理で多少つじつまの合わないところがあっても、和気あいあいとやっているグループにあなたが入ると正論を表に出して周囲をしらけさせてしまいます。「悪い人じゃないんだけど」と、距離を置かれるように。
 あなたの誠実な一面が伝わらず、よそよそしい関係になってしまいます。

自分と違う行動パターンの人から学ぼう

「おしゃべりばかりして、時間の無駄」と軽蔑していた同僚が、見事なチームワークで課題をこなしたり、得意先との綿密なコミュニケーションで業績を上げていることだってあります。
 与えられた仕事をきちんとこなそうと努力しているあなたにとっては腹立たしいことでしょうが、人はそれぞれ得意分野も違います。自分のやり方だけが正しいと思い込まず、異なる価値観の人から学ぶことを心がけて。
 そうした謙虚な態度はあなたの評価を大きく上げ、人間関係もスムーズになります。

水瓶座(1/20~2/18)

その他大勢と自分は違うという自信が
鼻持ちならない態度となって嫌われる

 知的であることに価値を置き、常に向上心を持っているあなた。情報収集にも熱心で、常に新しい知識を吸収しようとします。
 それはとても素晴らしいことですが、ひとつ間違えると、人を見下すという悪癖に。言葉に出さないまでも「あの人は本なんて読まないから話題が少ない」「どうせ私の知識にはかなわないでしょ」といった思いは相手に伝わります。
 自分のことを頭がいいと思っている人に限って、現実は嫌われているのも気づかず、ご高説を披露している「痛い人」になっているもの。

真の賢者は謙虚さも兼ね備えている

 自分は特別な存在と思うのは悪いことではありませんが、周囲の人ひとりひとりも特別な存在であることを認めましょう。
 また、本当に頭のいい人は、どんな人からも何かしら学ぶべきことを引き出す名人です。
 言葉がなかなか出てこない寡黙な人だからといってあなただけが一方的にしゃべるのではなく、聞き上手になりましょう。じっくり耳を傾けているうちに意外な発見があることも多いはず。
 そうした経験を積んでいる人こそ本、知的な人と言えるのです。

魚座(2/19~3/20)

やめようと思いつつ、破滅的行動に走る。
生活を立て直して悪循環を断ち切る

 敏感で情緒豊かなあなたは、ひとたび落ち込むとブレーキがきかず、落ちるところまで落ちてしまいます。
 ダイエット中なのにお菓子をやけ食いしたり、二日酔いになるのがわかっているのに適量を大きく超えてお酒を飲んでみたり。そんな自分がいやになり、ますます破滅的行動をとってしまいます。
 そのため人に迷惑をかけることも多いのですが、謝るときは心からの反省を口にして同情を買います。しかし、また同じことを繰り返すと最後は見放されてしまいます。

とにかく手を動かしてみることで事態が変わる

 だらだら時間を無駄にしたり、部屋はいつもぐちゃぐちゃという状態が続くと心がすさんでしまいます。落ち込みから脱する最良の方法は、意味があると思える行動をとることです。
 たとえば、毎日の掃除や料理も、スケジュール化してみるとノルマを達成した充実感が得られます。とにかく手を動かしているうちに、「私もやればできるんだ」と自信がわいてきます。
 部屋がきれいになり、栄養のバランスのとれた食事が食卓に並ぶようになるとともに、前向きな意欲が沸いてきます。

タイトルとURLをコピーしました