開運 子供の頃、忘れていませんか

星占い 開運開運

 子どもは、夢を見る天才。どんな逆境にあっても夢を忘れません。大人になって、知らず知らず押さえ込んでしまっている夢を、もういちど甦らせてみませんか? 現実的な折り合いだって、きっとできるはず。
 まずは、あなたが抑圧している子ども時代の夢を。そして、現実生活を折り合いながら夢をかなえる方法、おもちゃの大人買いみたな安易な 方法ではなく、社会にも還元できる方法を探る方法をお伝えします。

スポンサーリンク

牡羊座(3/21~4/19)

エネルギー全開で突っ走る「永遠の子ども」
大人になっても、夢中になるものを持とう

 子ども時代のあなたは、負けず嫌い。駆けっこでも、トランプでも、常に自分が一番になろうとエネルギーを注いできたことでしょう。
 人がやっていないことを真っ先に着手する進取の気性にも恵まれ、ひとたび始めると夢中になって打ちこみます。
 まさに「疲れを知らない子ども」。「もう寝なさい」、「いいかげんにやめなさい」とストップをかけられるたびに、早く大きくなって誰にも邪魔されず、自分のやりたいことに打ち込みたいと夢見ていたことでしょう。

エネルギーを注ぐ対象を常にキープしておく

 大人になるにつれ、翌日の仕事を考えて、エネルギーをセーブすることを覚えます。
 子どもの頃の夢を捨て、めっきり「つまらない大人」になったとがっかりしているかもしれませんが、何かに挑戦することはあきらめないでください。たとえ一日のうちの一部分であっても、夢中になれるものがある人は、いつまでも若々しい気持ちを持ち続けることができます。
 始めるのに遅すぎることはありません。やりたいことがあるなら、今日からでも早速始めてみましょう。

牡牛座(4/20~5/20)

美しいものだけに囲まれた世界への夢。
生活の一部分だけでも自分の楽園を作ろう

 子ども時代のあなたは、自分の世界に強いこだわりを持っています。
 好きな人形やおもちゃを並べて空想の世界を作り上げることに夢中になる一方で、五感の喜びを感じる才能も人一倍敏感。美しいものを目にしたり、心地よいメロディを耳にしたときは、心から幸福そうな表情を見せます。
 時間の流れもゆっくりして、幸福な一瞬が永遠に続くような気がします。
 大人になったら、気に入ったものだけを自由に集めて、誰にも邪魔されない楽園を作ろうと夢見ていたことでしょう。

限られた時間やスペースでも、深い喜びが得られる

 大人になると、自分の好きなものだけに囲まれているわけにはいきません。しかも、やるべきことも山積で時間に追われることばかり。
 子ども時代のようなゆったりした時間ですべての生活を送ることは無理ですが、たとえば休日の午後など予定を入れずに、自分の世界にひたってみましょう。
 室内をすべて自分好みの空間にすることはできなくても、ちょっとしたスペースにお気に入り雑貨を飾り、極上のお茶を飲むといったことでも、幼い頃に味わった幸福感がよみがえってくるはずです。

双子座(5/21~6/21)

言葉を操って世の中の現象を解き明かす。
外に向かって発信することを続けよう

 子ども時代のあなたは、言葉を扱うことにかけてユニークな才能を見せていました。
 たとえ無口だったとしても、頭の中では次から次へとイメージが言葉としてつむぎだされていきます。不思議なもの、珍しいもの、不思議なものに出会うと、それが何なのか知りたくて、大人を質問責めにすることも。
 教科書通りの勉強を強いる教師に反発を感じ、大人になったら、好奇心のおもむくままに知りたいことを調べ、オリジナルな方法で表現しようと考えていたことでしょう。

日常生活でコミュニケーション能力を駆使

 表現力豊かな子ども時代を過ごしても、大人になるにつれて社会の枠にはめられることが多くなります。
 小説家やジャーナリストという職業を選ばなかったので、せっかくの才能を発揮せずに生きていると感じることもあるでしょう。でも、活字にならなくても、表現力を駆使する機会はけっこうあります。
 日頃の会話にウイットを効かせたり、人を励ます言葉、勇気付ける言葉をつむぎ出すのも意味のあることです。日記やブロクなど、自分の考えを表現するルートを見つけましょう。

蟹座(6/22~7/22)

そこに戻れば安心できる場所を作り上げる。
家庭という枠組にこだわらず、夢をかなえよう

 子ども時代のあなたは、ままごと遊びで自分の家庭を作るのがかなり好きだったはず。
 好きなように部屋を整え、こまごまとお人形の世話を焼きます。学校に行くようになると、友達との親密な関係を築くことにエネルギーを注ぎ、周囲への気配りも万全。女の子らしい優しさにあふれた子ども時代を過ごしながら、やがて自分が持つことになる夢の家庭を想像して期待に胸を膨らませます。
 愛する人のために、心からくつろげる場所である家庭を作ることを夢見ていたことでしょう。

時間や距離ではなく、心のつながりを求めよう

 大人になってみると、結婚には複雑な問題がからみあい、あなたが夢見たような理想の家庭を築くのは簡単なことを思い知らされます。
 結婚や家庭という概念から自由になり、一心同体の濃密な関係でなくても、たとえ短時間でもそこに戻ればほっとするような関係を目指しましょう。
 そして、お人形遊びのように一方的に世話を焼く関係ではなく、お互いの個性を認め合いながら、気持ち良く成長していける関係を広げていくことで、あなたの世界が豊かなものになっていきます。

獅子座(7/23~8/22)

ドラマチックな物語で主役を演じる以外に、
日常的な自己表現の機会も上手に活用しよう

 子ども時代のあなたは、新しい歌やダンスを覚えたら、早速、披露したくてたまりません。
 みんなに楽しんでもらえることが大きな喜びとなり、あなたは周囲を照らす明るい太陽のような存在です。
 テレビで華やかなスポットライトを浴びて活躍する芸能人を目にして「大人になったら私も…」と想像を広げます。
 自分には誰にも真似できない特別な才能があると信じ、たとえ平凡な生まれでも、いつかは発掘されて世に出るというストーリーを描いたことでしょう。

最大の観客であるあなた自身を満足させる

 子どもの頃は何も考えずに目立つパフォーマンスをしていたのに、大人になるにつれて出過ぎたことをしないという分別を身につけ、平凡な大人になっているかもしれません。
 何も芸能人や有名人でなくても、自己表現の場はたくさんあります。たとえば、会議や集会で自分の意見を明快に述べること。スポーツで持てる運動神経をすべて使ってみること。
 多くの人に注目されなくても、最大の観客はあなた自身。自分を納得させられるパフォーマンスができれば、表現欲は完璧に満たされます。

乙女座(8/23~9/22)

揺るぎない秩序の中で暮らし、
自分に納得できる生き方を目指す

 子どもの時代のあなたは、年端がいかなくても、なかなかのしっかり者。自分の中に確固たるルールや基準を持っていて、いい加減なことが嫌いでした。
 子ども同士の他愛ない遊びであっても、きちんとした世界観の中でひとつの完結した世界を作ろうとします。
 大人になったら、世の中のルールを作り、しっかりと守っていくきちんとした社会人になることを理想としてきました。そして、社会の役に立つ存在になれるよう、子どもながらに努力を積み重ねてきたことでしょう。

大それた目標ではなく、手の届く範囲で

 大人になってみるとわかることですが、世の中には理屈だけで割り切れないことがたくさんあります。
 すべてを思い通りに制御しようという大それた気持ちを持たないこと。限られた範囲に集中して、余力があればそこから徐々に広げていくという戦略をとりましょう。
 たとえば大掃除をしたいなら、まずは自分の机の上を整理してそこから自分の部屋、家中に広げていきます。
 また、仕事で予定外のことが起こるのにいちいち腹を立てず、私生活だけでもきちんと予定を立ててストレスを発散しましょう。

天秤座(9/23~10/23)

正義感と美意識を貫いて、調和的な中で生きる。
軋轢を乗り越えて、より大きな次元を目指そう

 子ども時代のあなたは、どこか大人びたところがあり、その場の状況をわきまえて、あまりわがままをいうこともありません。
 露骨に自分の欲求を通そうとせず、争うことが嫌いで、仲たがいしている友達がいたら調停役を引き受けます。そして、小さい頃から美意識も発達し、親からお仕着せのファッションではなく、自分の好みのものを身に付けようとします。
 大人になったら、美しいもの、調和したものだけに囲まれて暮したいと夢見ていたことでしょう。

すべての人から評価されることを期待しない

 争いやみにくいことを視界に入れなようにしてきたあなたですが、大人になるにつれて、世の中はそんなきれいごとだけで成り立っているわけでないことを思い知らされます。
 適当なところで妥協しながらスムーズに世渡りしていきますが、正しいことを正しいと主張する勇気は忘れないでください。公平な視点での主張なら、わかる人にはわかってもらえるはず。
 すべての人に評価されようと期待せず、良識ある人に理解されればいいと開き直れば、正義感と美意識を持ち続けることが可能です。

蠍座(10/24~11/22)

誰にも負けないひたむきな探求心を
自分の内面に向ければ、生きるのが楽に

 子ども時代のあなたは、探求心旺盛で、ひとつのことをとことん追求します。
 しかし、学校というシステムでは時間がくると機械的に科目が切り替わり、いまひとつ達成感がありません。既成の枠にとらわれず、ひたすら集中するのが最も能力を発揮できるシチュエーションだからです。
 満遍なく勉強ができる優等生ではなく、「この分野なら誰にも負けない」という個性の強い子どもだったはず。
 大人になったら好きなだけ、自分の知りたいことを探求しようと夢見ていたことでしょう。

自分を理解すればエネルギーの流れもスムーズに

 既成の枠に入れられるのを嫌っていたあなたですが、社会の波にもまれているうちに、妥協を覚えていきます。
 気がつけば、平均点を目指す凡庸な存在になっていることも。でも、自分の内面をとことん探求してみることで新たな発見があります。自分が好きなことは何か、人に負けないことはなにか、どんな状況を心地いいと感じているか…。
 自分のことを理解すれば、やり場のないエネルギーに悩むことも少なくなり、社会と折り合いをつけながら個性を探求する道が見つかります。

射手座(11/23~12/21)

束縛される環境を嫌い、常に自由を求める。
社会に適応しながら、生活に新しい風を入れよう

 子ども時代のあなたは、怖いもの知らず。冒険心いっぱいで、他の子どもたちが怖気づいてしまうようなところにもどんどん出かけます。
 狭苦しい環境に押し込まれると息が詰まるので、学校ではあまり優等生ではなかったかもしれません。しかし、机の上の勉強は嫌いでも、自分の興味のあることには惜しみなく好奇心を注ぎます。
「あれはだめ、これもだめ」と大人たちに言われる子どもという境遇に不満を抱き、早く大人になって自由に生きたいと夢見ていたことでしょう。

勉強や旅で、眠っていた冒険心がよみがえる

 向こう見ずで冒険好きだったあなたも、社会生活を送る以上、ある程度の枠にはめられてしまいます。
 でも、生活に常に新しい風を入れることは忘れないで。何か勉強を始めるのも、いい方法。子ども時代と違って、うるさい教師もいません。
 自分のペースで、興味のあるジャンルを学べます。そして、旅にはどんどん出かけましょう。
 波乱万丈な冒険にならなくても、日常生活とは違う環境に自分を置くことで、あなたの中に眠っていた冒険心がよみがえります。

山羊座(12/22~1/19)

しっかりした目的意識を持ち、より上を目指す。
日常生活の中でも達成感を満たす工夫を

 子ども時代のあなたは、無邪気さを持ちつつも、目的意識がはっきりしています。
 遊びやスポーツでも、もっとうまくなろうと向上心を抱きます。その日その日を楽しく過ごせばいいと考える友達と違和感を抱くことも。
 学校に入って、とりあえず目標が提示されると安心して頑張ろうとしますが、自分に向かなかったり、あまり役に立ちそうもないことまで押し付けられるのはうんざり。
 表面上はおとなしく従っているものの、早く大人になって、自分で自分のことを決めたいと願っていたことでしょう。

ルーティンワークをプロジェクト化する

 何か意味のあることがしたい、時間を有効に活用したいと願っていても、社会生活では、付き合いや社会儀礼に縛られて、非生産的な時間を過ごさざるを得なくなることも。
 あなたに必要なのは、きちんと目標を立て、その通りに実行して達成感を得ること。毎日繰り返すルーティンワークでも、単に惰性で片付けるのと、短時間に効率よくできるか戦略を立てて実行するのではモチベーションが違ってきます。
 そうした姿勢を持っていれば、やがて大きなプロジェクトを任せられてもあわてることはありません。

水瓶座(1/20~2/18)

常識や慣習にとらわれず、個性を伸ばす。
社会と接点をキープすることも忘れないで

 子ども時代のあなたは、自分だけの特別な何かを求めます。他の子どもと同じことをするだけでは飽き足りません。
 画一的な学校教育に退屈することも多く、自分だけの空想の世界に閉じこもることも。大人には「変わった子。何を考えているのかよくわからない」と扱いにくい印象を持たれる一方で、将来は大物になると期待されます。
 子ども時代は大人の言う通りに従わなくてはいけないことばかりだけど、大人になれば、思い通りに動ける「本当の人生」が始まると夢見ていたことでしょう。

ひとりよがりではなく、社会の中で個性を発揮

 個性豊かな子どもだったあなたが成長するにつれて、徐々にとんがった部分をなくしていきます。
 それを妥協と考えるのではなく、社会生活をこなしながら個性を伸ばす道を探しましょう。
 会社員と二足のわらじでアフターファイブに創造活動に打ち込むのもいいし、会社の仕事や家事そのものにも工夫や個性を活かせる余地はたくさんあるはず。
 ニートやその日暮らしのフリーターではなく、社会ときちんとの接点を保つことが大切です。それが後に続く人たちのモデルとなります。

魚座(2/19~3/20)

感受性が豊かで、弱い立場に同情を寄せる。
大人になってもそんな一面を封印しないで

 子ども時代のあなたは、心優しく、友達が困っているとすぐに手を差し伸べます。繊細な感受性を持ち、ちょっとしたことですぐ涙を浮かべます。
 年下の子どもや動物など、弱い立場に深い同情心を寄せます。同じ人間に生まれたのに、争ったり、傷つけあったりすることがあなたには理解できません。
 自分では頑張っているつもりなのに、先生や親から「あれが足りない」、「これができない」と叱られるたびに深く傷つき、自分が大人になったら、誰でも優しく接しようと夢見ていたことでしょう。

あなたから優しさの輪を広げていこう

 心優しいあなたも、学校や職場で競争を勝ち抜いていくためにはそうそう道をゆずってばかりはいられません。
 でも、本来の美しい心を忘れないためにも、優しさを注ぐ対象を持ちましょう。
 わざわざボランティア活動をしなくても、日常生活で出会う人にちょっとした気遣いを示すことで、相手だけでなくあなたの心も満たされます。
 そして、電車の席をゆずってあげるとか、笑顔で挨拶するなど、ささいなことからでも、優しさの輪が大きく広がっていきます。

タイトルとURLをコピーしました