開運 私なんてと諦めてはだめ。あなたらしい幸運を引き寄せる方法

星占い 開運開運

 幸福になるのに、時間のリミットはありません。「どうせ、私なんて」と、いつまでも不運を抱きしめ、ウジウジ考えていてはだめ。これからは、あなたらしい方法で、積極的に幸運を引き寄せていきましょう。

スポンサーリンク

牡羊座(3/21~4/19)

周囲に同調してばかりいると、不完全燃焼に。
自分らしさを主張できる状況を確保しよう

 心が発する声に対して、素直に従うときこそ最大の能力を発揮するあなた。でも、現実の社会生活では、周囲の空気に合わせることが求められます。
 窮屈な毎日を送っているうちに、あなたの潜在能力が擦り減っていきます。そして、「人生なんてこんなもの」というあきらめの境地に達するか、不完全燃焼のエネルギーを暴発させてやたらと攻撃的になってしまいます。
 周囲と調和しながら、いかに自分らしさを主張していくかが幸運を引き寄せる鍵です。

たまには、一人で行動する時間を作る

 社会的常識や慣習を無視して自由に生きることは不可能ですが、生活のちょっとしたシーンで心の声に従ってみましょう。
 たとえば、ランチタイム。同僚や友達と一緒に食べなくてはと思い、連れ立って出かけたりしていませんか? たまには、一人で行動してみましょう。
 公園でお弁当を食べるのもいいし、「おひとり様」として新しい店を発掘するのもよし。そんな積み重ねから、本来のあなたが持っている方向性がクリアになっていくのです。

牡牛座(4/20~5/20)

先延ばししてばかりいると、運気は停滞。
見切り発車でも、とにかく始めてみる

 やりたいことがあるのに、なかなか始められないのが、あなたの低迷の理由。「明日でいいか」と先延ばししているうちに、意欲がどんどん減退していきます。
 原因はあなたの恐怖心。失敗したときのことを想像して現状維持を選んでしまうのです。
 また、物質的な快楽に溺れてしまうのも悪い癖。ファッショナブルな洋服や豪華なジュエリー以外にも人生には価値のあるものがたくさんあります。お金では買えない、本質的なものに目を向けることも大切です。

まず行動することで、物事が動き始める

 だめだったらやめればいいぐらいの感覚で、最初の一歩を踏み出してみましょう。足りないものがあっても、そのつど揃えればいいのです。
 いきなりフルマラソンを走り出す人はいません。ありあわせのウエアとシューズで近所の公園まで軽く走ってみて、しばらく続けているうちに必要なものがわかってきます。
 道具がそろったから、さらに走りやすくなり、距離が少し伸び、スピードも速くなるものです。そんなイメージで物事を始めてみましょう。

双子座(5/21~6/21)

流されるままに、不本意な毎日を送りがち。
立ち止まって、生活パターンを変えてみる

 好奇心のおもむくままに、あちこち寄り道しながら人生の意味を探っていく生き方が似合うあなた。でも、現実の社会生活では、決められたルーティンワークが要求されます。
「こんな毎日は、私の本当の姿じゃない」と悩みながらも、個性を抑圧していることが多いのでは? もともと器用で適応能力も高いために、かりそめの姿に安住してしまうことも。
 どこかで足を止めて、考える時間を持つことが必要です。ただ流されているだけでは何も残りません。

ささやかでも創造性を発揮する時間を

 仕事や義務の時間はしかたがないとしても、自由時間をうまく使いましょう。一日24時間を固定観念で区切らずに、能力が発揮できる時間を探すのです。
 たとえば、小説を書きたいのなら、通勤時間に思いついたことをメモしましょう。登場人物のキャラクター設定やエピソードなど、断片的なアイデアでも、毎日続けるうちに一つの作品へとつながっていきます。
 クリエイティブな能力を発揮するルートを確保しておけば、頭が錆付くことなく、新しい発想が次々と沸いてきます。

蟹座(6/22~7/22)

人に期待すると、失望させられがち
外に求めるより、自分と向き合おう

「必要とされている」という実感を持つことで、能力が最大限に発揮できるあなた。仕事でいくら実績を上げても、人間関係がぎすぎすしていたら意味がないと感じます。
 でも、ビジネス優先の現実社会では、あなたのやり方は感情的だとみなされ、もっと事務的に物事を進めるように要求されることが多いでしょう。
 感情機能を無理やりオフにして、命じられたことをこなしていくうちに、本来の人間的魅力や明日への活力が失われてしいまいます。

自分と対話を重ね、親友となる努力を

 親密な人間関係を重たいと感じる人が多い世の中ですから、人に期待するより、自分と仲良くなりましょう。あなたは今の自分に満足していますか?
 自己嫌悪の情を持っているのなら、その原因は何でしょう? 自分という存在を客観的に観察して、治せるところは直していくのです。自分の心と対話を重ねていくことで、これまで知らなかった自分の一面に気が付きます。
 そして、親しい人がいなくても、自分と折り合いをつけて機嫌よくいきていれば、人間関係も好転していきます。

獅子座(7/23~8/22)

羽ばたくためには足元を固めることも必要。
着実にステップを踏んで高く上昇しよう

 本来のあなたは、スポットライトを浴びて輝くタイプ。人知れず地道にコツコツやるのでは、いまひとつ意欲が出ません。
 でも芸能人やスポーツ選手でもない限り、いつも注目を集めるというわけにはいきません。
 地味な仕事を任せられたとき、「こんなのは私のやるべきことじゃない」と手を抜いていては、あなたの輝きまで失われてしまいます。
 どんなことでも人生に無駄はありません。ステップを着実に踏んでいくことでチャンスが巡ってきます。

日常生活をドラマチックに演出する工夫を

 単調な毎日を送っているのなら、変化は自分で作るしかありません。自分なりの目標とゴールを設定し、達成できたら、ささやかなお祝いを。
 好きな映画を観るのもいいし、ちょっと贅沢なスイーツも用意して「自分で自分をほめてあげる」のです。
 目標は頭の中で漠然と考えているのではなく、具体的な内容を紙に書き出して、締め切りも設定しておくのです。そんな積み重ねで、着実にあなたは進化します。そして、最終的には周囲から一目置かれる存在になるはずです。

乙女座(8/23~9/22)

失敗を恐れるあまり、前に進めなくなる。
小さな成功を確認することで自信を持って

 あなたが能力を最大限に発揮できるのは、「自分でコントロールしている」という安心感のある状況。現実には想定外のことも次々と起こり、そのたびにおろおろして、途方に暮れることが多くなるのです。
 しかも、あなたは自分に対する要求水準がけっこう高め。ちょっとしたミスでも「こんなはずじゃなかった」と落ち込んで、自信を失ってしまいます。
 高い潜在能力を持っているのに、消極的な姿勢が目立つようになると、チャンスを逃してしまうことになります。

細かいステップに分けることで安心できる

 むずかしいプロジェクトなど、手に余ると思う目標は、まず細かい作業に分けてリストを作りましょう。
 たとえば、ホームパーティを主催するなら、料理、掃除、連絡、飾り付けなどに分けます。料理はすべて手料理でなくても、ケータリングや持ち寄りを考えてもいいし、オードブル、メイン、デザート、飲み物と細分化していけば具体的に何をやったらいいかが見えてきます。
 最終目標だけを見て怖気づくのではなく、小さなことから始めて波に乗り、スムーズに展開させましょう。

天秤座(9/23~10/23)

少々うまくいかないことがあっても、
そういうものだと割り切ってやり過ごす

 あなたが居心地良く感じるのは、すべてがバランスのとれた状態にあるとき。ところが現実には、トラブルも起こるし、人間関係の対立もあり、あなたの理想とは程遠い状況です。
 穏やかな性格を評価されて、調整役を頼まれることもあるでしょうが、かえって怨まれてしまうことも。神様でもない限り、すべてを収めることはできません。
 うまくいかないことがあったら、そういうこともあると淡々とやり過ごしましょう。「いい人」を演じる必要はありません。

人を変えようせず、ありのままを受け入れる

 まずあなたが考えるべきことは、自分の心の中の平安。「あの人、気を悪くしていないだろうか」と人の感情まで心配していては、いつまでたっても心は乱れたままです。
 人はそれぞれ自分の価値観で生きているものです。だから、人のことは少し突き放しても大丈夫。たとえて言えば、外の道路のゴミをすべて拾うことは無理ですが、あなたの部屋はきちんと片付けられます。
 それでよしと割り切ってしまえば、心にゆとりが生まれ、ストレスを抱えることもなくなります。

蠍座(10/24~11/22)

苦手な相手をシャットアウトして
自分の世界を狭めないように

 あなたが能力を発揮できるのは、広く浅くではなく、狭く深いジャンル。でも、現実生活では、その場その場の空気を読んでカメレオンのように自分の色を変えていくことを求められます。
 あまり器用でないあなたにとっては、能力の限界を感じることもあるでしょう。また、苦手な印象を持った相手ともうまくやっていく必要があり、そのこともストレスの原因となっています。
 落ち込んで暗い印象を与えるようになると、ますます周囲とうまくいかなくなる悪循環に陥ってしまいます。

表面だけでも整える演技力を身に付ける

 あまり深刻に考えず、その場で与えられた役割を割りきって演じるのも一つの方法です。そんなやり方は不誠実だと感じるかもしれませんが、本当に大切な人に対してだけ誠実になればいいのです。
 軽い関わりの人には、仮面をかぶったほうがずっとうまくいくし、エネルギーも最小限で済み枡。にっこり笑って挨拶して、感じよくふるまうだけでも、人間関係からのストレスは軽減されます。
 苦手な人に対しても、表面だけでもなごやかにすれば、先方も嫌な態度は取らないはずです。

射手座(11/23~12/21)

自分勝手に暴走しては、自由が制限される。
まずは周囲からの信用を築くことを目標に

 束縛されることなく、自由自在なやり方で物事を進めるのが大好きなあなた。でも、現実社会はお約束がいっぱいで、不本意なルールにも従わなくてはなりません。
 そこでふてくされて、投げやりになってしまうのは考え物です。自分の思い通りにできないからといって、適当なことを繰り返していると、周囲に迷惑をかけることに。誰からもサポートが得られません。
 結果的にあなたが夢見ている理想の状況から程遠くなり、ますます自由が制限されることになります。

規則的なスケジュールで可能性を広げる

 どんなに素晴らしい能力があっても、約束の時間を守らなかったり、だらしない格好をしていると、信用は得られません。
 手始めに一日のスケジュールを立ててみましょう。「そのときやりたいことをやるのが私のスタイル」という言い訳は封印。決められたことを果たしていく充実感に目覚めてください。
 たとえば、朝は寝たいだけ寝てしまうのではなく、決まった時間に起きる。早朝のすがすがしい空気に接することで、潜在能力も目覚め、意欲も湧いてきます。

山羊座(12/22~1/19)

勝ち負けを気にするのをやめ、
それぞれの人の価値観を理解する

 努力しているつもりなのに、結果がついてこないというのが、あなたが不運に陥ったときのパターン。間違ったことはやっていないのです。
 でも、タイミングがまずかったり、たまたま気の合わない人とチームを組まされて、結果を出せません。むきになって見返してやろうと肩に力を入れるのは、逆効果。
「絶対に負けたくない」と頑張れば頑張るほど、周囲から浮いてしまいます。もっとソフトな姿勢で、周囲とうまく調和していく方法を身に付ける必要があります。

自分を認めてもらいたかったら、人を認める。

 まず、自分のランクを気にするのをやめましょう。競争ばかり意識すると心休まるときがなく、プレッシャーに押しつぶされそうになります。
 そして、自分を認めてもらいたかったら人を認めてあげること。あなたから見て少々、軽薄な人でも、それは「柔軟さ」「軽快さ」といったキーワードで長所に転換できます。
 自分にはない美点を見つけたら、それを無視せず、ちゃんと言葉で評価するようにしましょう。そうするうちに、あなたの長所も周囲に認められるようになります。

水瓶座(1/20~2/18)

画一性を求める社会に背を向けるのではなく
どんな状況でも個性を発揮できる人間になる

 あなたにとって幸福へと続く道は、人と同じではありません。一般的ではないユニークな方法であなたの個性が輝くわけですが、画一化された現代社会では簡単なことではなりません。
 みんなと同じことが求められる状況では、ひたすら息苦しさを感じることでしょう。そこで社会に背を向けドロップアウトするのも一つの方法ですが、得策ではありません。
 人格の幅を広げ、どんな状況でも受け入れて、そこで個性を発揮できる器の大きさを身に付けましょう。

つまらない作業にも学ぶべき点を探す

 オンとオフの切り替えを明確にしましょう。社会的な義務を果たす時間は、個性のスイッチをオフにして、ひたすら状況がスムーズに進展するように、我を捨てるのです。
 結果的にみんなが気持ちよく、プロジェクトがスムーズに完了すれば、充実した気持でプライベートタイムを楽しむことができます。それに、仕事の場で得たことが、あなたの自己実現に大きく役立つこともあります。
 どんなつまらない作業でも、学ぶべきところがないか探してみましょう。

魚座(2/19~3/20)

課せられた義務の本質を見極めれば、
そこに意義を見出すことができる

 もともと気が優しく人の役に立ちたいという崇高な意識があるのに、うまくいかないときのあなたは、とても怠け者。朝起きるのも面倒で、ずる休みの可能性をあれこれ夢想します。
 仕事中はいかに手を抜くかばかりを考え、ずるずると遊びにのめり込み、次の朝また起きられないという悪循環に。でも、あなたは「人のために」という目標さえあれば、犠牲的精神を発揮して、かなり頑張れるタイプなのです。
 自分に課せられた義務の意味を真剣に考えてみましょう。

どんな人にも仕事を通して愛を捧げる

誰かのために尽くすというと、恋愛ばかりにフォーカスしてしまいがちですが、世の中にはさまざまなタイプの愛があります。たとえば、あなたが営業アシスタントの業務をしているのなら、恋愛感情はなくても、上司が働きやすいように、工夫して気遣いするのも一種の愛です。そして、あなたがいつも機嫌よく、にこにこしていれば、周囲にその空気が伝染していきます。特定の人だけでなく、誰にでも愛を注ぐ天使のイメージで一日を過ごしてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました