恋愛運 失敗しない恋の方法

星占い 恋愛運恋愛運
恋愛ブログ+占星術のご案内

恋愛って、面倒くさいし、勇気がいると思っていませんか? でも、ちょっと前向きになるだけで、あなたをとりまく状況はがらりと変わるはずです。愛も恋も出会いから始まります。一歩踏み出してみましょう。

 とても冷静になれないのが恋というもの。それだけに、恋する人の人柄が、そっくりそのまま恋の軌跡に残ります。
 たどってみると、なくて七癖。恋の癖も、十色です。でもその中に、やっぱり星座の個性がくっきり浮かび上がるのは、不思議というよりありません。
 さああなたも、自分の、ちょっとまずい恋の癖を知って、失敗しない恋の仕方を学びましょう。恋の成功率がグンと跳ね上がります。

スポンサーリンク

牡羊座(3/21~4/19)

愛することに夢中になって、
相手の本来の姿を見落としがちに

 常に自分の可能性に挑戦する、バイタリティあふれた牡羊座は、何事にも前向きに取組むことを心がけています。それは恋愛のシーンにおいても例外ではありません。自分が好意をもった異性に対しては、ある種、崇拝にも似た思いで相手を見つめ、あの手この手でアプローチをしていきます。でも、”あの人いい!”と思った瞬間にジャンプしている牡羊座にとって、ウィークポイントは、好きになった相手を以外と見ていないこと。愛することに夢中になりすぎて、相手の本来の姿を見落としてしまいがちです。ひとしきり情熱をかたむけた後で、”あれ、こんな人だったっけ?”と、ふと我に返ることも、ままあるのです。  

自分の望む人って、どんな人?
相手がどんな人かも、よく見つめなおしてみる

 でも、それ以前の問題として、あなた自身が、自分の望む人物像をはっきりわかっていない場合も。『まずは飛んでみる』という積極性は、一見、チャンスを広げているようにも思えますが、時として『へたな鉄砲、数打ちゃあたる』といった、やけっぱちな行動となってしまうことも。牡羊座のあなたに、3歩進んだら2歩引いてみよ、とまでは言いませんが、時々ひと呼吸おいて、相手を、そして自分をよく見つめ直してみましょう。

スポンサーリンク

牡牛座(4/20~5/20)

愛をお金で換算する超現実的な性格が
正しい判断を狂わせてしまうことも

 大地にしっかりと根をはり、揺るぎない基盤をつくっていくことが得意な牡牛座。つねにマイペースをくずさず、不動の姿勢を貫く、忍耐強い堅実派です。どのような結論を出すときでも、人一倍時間をかけて、じっくり考えるあなた。そんなあなたの恋の判断基準は、『まずは経済力』。もちろん愛情だってあって当然です。しかし『愛があってもビンボーじゃダメ』な牡牛座は、物質的にも恵まれていなければ、幸せが見出せません。そのため、ともすると相手の愛情を、経済力で測ってしまうことがあります。でも考えてみてください、その人の愛情は本物ですか?経済力は永遠ですか? そして早く気付いてください。今はブレイクしていなくとも、あなたのことが本当に好きで、将来の可能性を秘めた若者が、じっとあなたを見つめていることを。

相手に忠実であるがゆえに、疎ましがられてしまうことも
ストレートなやきもちは、ほどほどに

 嫉妬深さでは12星座中、1~2位を争う牡牛座。恋人が他の異性と仲良くしようものなら、平静をよそおっていても、内心はらわたが煮えくり返り、そして突然、怒りをぶつけるようなコワイところがあります。『私だけを見つめて!』と激しく迫るストレートなやきもちは、相手に負担を感じさせるだけ。にっこり笑って済ませるくらいの余裕がほしいものです。

スポンサーリンク

双子座(5/21~6/21)

コケティッシュな魅力があって遊び好き
悪気なく、気軽に恋を重ねる

 ユーモアとウィットに富んだ話術で人を魅了する双子座。他人を飽きさせないその巧みなトークは、恋愛においては口説き上手となってあらわれます。次から次へと見事に並べられる口説き文句に、とりこになってしまう異性は多いでしょう。しかし、相手をふり向かせておきながら、そっけない態度をとってしまう、罪つくりなのも双子座。悪気があってそうしているのではないところが、余計に始末におえません。双子座にとっての恋とは、”3時のおやつ”のようなもの。別にそれがないからといって、命に別状はないのです。

いざという時、寂しい思いをしてしまうので
つねに本命はキープを

 恋に溺れることのない、クールな双子座。いつもどこかさめていて、けっして理性を失うことはありません。頭の回転も速く、同時に二兎も三兎も追いかけることのできる器用さは、恋愛においても発揮されます。ひとりの人にのめり込むことは極めて稀で、束縛されることを嫌うために、往々にして特定の彼氏彼女を持たないことも。しかし、そんなラフな恋愛観だと、”気がついたら誰もいなくなっていた” なんてことが起こらないとも限りません。いざという時のために、やっぱり本命はキープしておきたいものです。

スポンサーリンク

蟹座(6/22~7/22)

人一倍やさしくて、人一倍おせっかい
感受性の強さゆえに、相手の反応に過敏になる

 クールな理念などまったく入り込む隙間のない蟹座の恋愛。包み込むような情緒で相手に接します。沈黙のうちに相手の気持ちをくみとり、傷ついた心を癒してあげるのが得意です。しかし、その繊細な感受性ゆえに、ちょっとのことにも傷つきやすく、気分にムラがあって、他人から見るとかなりお天気や。今、笑っていたかと思うと、急に怒り出し、そうかと思ったら後悔してたりと、結構、忙しい人なのです。それでも母性愛にあふれた蟹座の親切心は、とってもきめ細やか。良かれと思ってやってあげたことが、相手に受け入れられないと大ショックで、心を閉ざして自分の殻にこもります。

傷つくことを恐れず
相手のふところに飛び込んで!

 なかなか他人に真似することはできない、蟹座の優しさ。でもそれだけに傷つきやすさもハンパじゃありません。蟹の甲羅は固いけど、その中身はとてもやわらかいように、蟹座の人はガードが堅くても、内面はとても傷つきやすくできてます。だから、相手から拒否されるのではないかと考えすぎて、なかなか思い切った行動をとることができないのです。でも大丈夫。すぐれた直感で人を見抜く、あなたの洞察力に狂いはないはず。傷つくことを恐れていないで、早く彼の胸に飛び込んで!

スポンサーリンク

獅子座(7/23~8/22)

私は女王様、
だからそれにふさわしいひとじゃないとダメ!

 12星座の中で、最も高い権威を与えられた獅子座の人。王者たるにふさわしい自信と、正義感にあふれ、人生をダイナミックに、そしてドラマチックに生きようと考えています。つねに公明正大で、きっぷのいい姉御(親分)肌。卑怯なことが大きらいで、恋愛においても、正々堂々とアタックします。そんなあなたの理想は高く、自分のことはさておき、相手のルックスから職業、そして学歴にいたるまで、かなりの高望み。多くのライバルをけちらして射止める恋にこそ、高い価値を見出すのです。

育ててこそ、
あなたにぴったりのナイトに

 しかし現実問題、あなたが期待するような、ドラマチックな恋愛ばかりが待っているとは限りません。見渡せばあなたと同レベル(と、あなたは思っていないでしょうが)の、あとちょっと頑張ればイケてるのに、という異性ばかり。そこで提案。この際、あなたが育ててしまいましょう。すべてのことにおいて、ビッグスケールの獅子座なら、一人や二人、育てることは簡単です。『さすがだね。。』『素敵だよ。。』、あなたも大好きな、この言葉で誉めまくれば、一人くらい立派に育ってくれるかもよ。

スポンサーリンク

乙女座(8/23~9/22)

夢多き、乙女の恋愛観
理想を追い求めすぎて色恋から縁遠くなってしまう

メルヘンチックな童話の世界にあこがれる乙女座は、まだ見ぬ恋人との純愛物語をいつも夢見ています。あなたにとって恋愛とは、ドラマのラブストーリーさながら、ある日、素敵な異性と恋に落ち、いろいろあったけど、めでたしめでたしで終わるハッピーエンドでなければなりません。でも一方で、自分の理想を追い求めすぎるために、結果として色恋沙汰からは縁遠くなってしまいます。また、恋に傷つくことをおそれるあまり、必要以上のとりこし苦労をしてしまうことも、恋の進展を妨げているといえるでしょう。

可憐な外見と、シビアな内面にギャップ
おうせいな批判精神が恋をダメにする

 しかし、乙女チックなロマンスを追い求めるくせに、実際に恋人が出現すると、生来の潔癖さが頭をもたげ、自らブレーキをかけてしまいます。自分の思い描く”あるべき状況”と、”現実とのギャップ”に悩まされるあなたは、あこがれと愛情とが、ごっちゃになることもしばしば。恋人を愛しているにもかかわらず、『ここはだめ』『あそこはだめ』と、減点方式で採点してしまいます。可憐な外見からは、想像もできないほどの批判力は、ともすると、相手のあらさがしにもなりかねません。ある一部分だけを拡大視するのではなく、トータルに判断していくようにしなければ、大きなチャンスを逃してしまうかもしれません。

スポンサーリンク

天秤座(9/23~10/23)

あっちこっちに目移りして
結局はつまらない人をつかんでしまう

 12星座の中でも、面食いにかけてはピカイチの天秤座。守護星の金星が、あなたにエレガントな美的センスを与えています。そのため恋人には、まず、”スマートさ”を求めます。”ダサい男”と”ぬかみそくさい女”を敬遠し、程度の差こそあれ、男性は”超”美人を、女性は”超”ハンサムを好みます。持って生まれた天性の社交性も手伝って、何かと異性に声をかけられるあなたですが、内心では、『あのひともいい』『この人もいい』と、ふらふらして、なかなか一人に絞り込めません。気がついてみると、結局つまらない相手につかまっていた、なんてことがよくあるのです。

やむなく晩婚になってしまう可能性も
早く決断することがチャンスを逃さないコツ

 天秤座の人の基本的な性格を、キーワードであらわすとすれば『I balance(私は、はかる)』。シンボルマークの《 》は、はかりの中心部をデザインしたもので、何事にもバランス感覚を第一に考えています。しかし常にバランスをとろうとしているため、”いざ決断”となると、とっても苦手。ぐずぐずしていて、せっかくのチャンスを逃してしまいます。複数の異性との間をゆれうごきながら、いつまでも両天秤にかけていないで、それが命取りになる前に、早く決断してしまいましょう。

スポンサーリンク

蠍座(10/24~11/22)

絶対的な忠誠心を求める強烈な愛情が
相手を息苦しくさせる

 12星座の中で、いちばん神秘的なムードをたたえている蠍座のひと。ふとした瞬間に見せる流し目には、他人があがなえなくなるような色気が漂い、男女ともにセックスアピールと、深遠な存在感をかもし出しています。そんな蠍座の人の愛情は、深く、激しく、いったん心を許した相手には、自分を犠牲にすることさえもいといません。ひとりの人を全身全霊で愛し、濃厚な愛情を注ぎ続けます。しかし、その情の深さが、時として相手を呼吸困難にしてしまうことも。献身的な愛情も、度を越すと重苦しさを与え、あなたの執念深さに恐れをなして、逃げ出してしまわないとも限りません。

昔の恋人に近づく異性にまで嫉妬
すでに終わった恋には、潔くきりかえを

 ”愛の殉教者”たる姿勢で、恋愛にのぞむ蠍座が、失恋しようものなら深刻です。ひとりの人を、どこまでも愛し抜こうとするエネルギーが、行き場を失って、自分自身を縛り付けてしまいます。そして、すでに終わった恋であるにもかかわらず、なかなか思い切ることができません。以前の恋人に近づく異性にまで嫉妬心が向けられ、彼らの恋を邪魔しようとさえしてしまうのです。しかし考えようによっては、あなたのそのエネルギーは相当なもの。さらなるイイ女(男)に磨きをかけるための起爆剤に転化すれば、かなりのレベルに到達します。そうすれば、次の恋もきっとレベルアップするはず。

スポンサーリンク

射手座(11/23~12/21)

異性にモテモテでも、はたからは幸福そのものに見えても
ありふれた日常生活にはちっとも満足していない

 自由奔放で好奇心が強く、一生のうちで、どれだけ未知の世界に出会えるかを、最大のテーマとしている射手座。頭の回転も速く、人気者で、豊富な話題で周囲を楽しませます。しかし毎日を楽しげに送っているように見えても、内心ではちっとも満足していません。それはシボルマーク《 》が、飛翔の矢をあらわすように、その理想がきわめて高いため。それは恋愛においても例外なくあらわれます。一見、完璧と思える異性を恋人にしても、魂のレベルで触れ合いを感じなければ、新しいパートナーを求めて飛び立ちます。また、どんなに熱烈な恋をしていても、ある時、ふと冷めてしまえば、もう絶対に元には戻らないのです。

人の心の機微を受け止める練習で
魅力の幅がグッとひろがる

 何事にも、スピード感抜群な行動を得意とする射手座は、その行動の早さゆえに、人の心のゆらめき、情緒といったものを見落としてしまいがちです。思ったことをすぐに口に出す率直さは、裏表のない好人物ではあるがゆえ。でもそれは、時に恋人を傷つけ、さらには人望や信用を落としてしまう原因ともなりかねません。言葉には表れない、相手の気持ちをくみとってあげられるようになれば、あなたの魅力はもっと高まることでしょう。

スポンサーリンク

山羊座(12/22~1/19)

尊敬から始まる恋は、顔よりも中身を重視
でも正確すぎる判断が、恋を遠ざけてしまうことも

 恋愛には興味があるけど、数多くの異性と交際することはない、まじめな山羊座。特に女性は、12星座の中でも、身持ちの堅さは1番といっても過言ではありません。しかしそれだけに、愛情表現は苦手で、異性からみるととっつきにくいと思われがちです。事実、山羊座の人はそうそう簡単に恋には落ちません。相手がどれだけ尊敬できるか、どれだけステイタスがあるかを、冷静に見極めています。顔より中身、うわっつらの美しさには惹かれず、『ダメな男はダメ』とはっきり切り捨ててしまいます。あなたの判断にまず狂いはありません。しかしその冷徹なほどの正確な判断力が、恋を遠ざけてしまっている一因でもあるのです。

慎重さと用心深さは、ほどほどで大丈夫
“ま、いっか”と大目にみることができるようになれば、しめたもの

 あまりにもキチンとして見える山羊座の人は、付き合ってみても、やっぱりキチンとしています。保守的で、ストイックなまでに努力を重ね、用心深く、慎重に物事を進めます。しかし自分に厳しいのはいいとしても、同じレベルでそれを他人に求めるのは酷というもの。あなたには、多少『ま、いっか』の精神があるくらいでちょうどです。誰にでもウィークポイントはあるもの、それをさらりと水に流せるようになれば、自然、恋の足音も近づいてくるでしょう。

スポンサーリンク

水瓶座(1/20~2/18)

あっさり、さっぱり、
メタリックな恋愛が、相手にものたりなさを感じさせてしまう

 いつもさわやかで、じとっとしたところのない水瓶座。恋愛においても基本は “友愛”がベースとなっています。相手に対する独占欲も、執着心もあまり感じないため、しつこく追いかけまわしたり、また、しつこく追われることも好みません。『やきもち妬くんだったら、成長するためのエネルギーに使おうよ』と、いたって冷静なせりふを言ってのけます。しかし、そのあまりにもさらりとした恋愛観が、『彼(彼女)は自分のことを愛していないのかも』と、相手に不安を感じさせてしまうことも事実です。いかに、あなたの知的でクールな外見に惹かれて近づいてきた異性といえども、あなたのその怜悧さには、一瞬、心を冷やされてしまうでしょう。

恋愛の醍醐味って、なに?
情緒は時として、理性以上のはたらきをする素晴しいもの

 恋愛って、そもそも”冷静にする”ものでは無いはず。泣いたり、落ち込んだり、もうダメ、と絶望の淵に立たされたり。でも、喜びと悲しみのふり幅が、大きければ大きいほど、その恋愛の意味も深くなるのでは。いつもいつも冷静でいられるというのは、裏を返せば情緒不足ということ。わずらわしい愛憎劇は避けることができますが、あたたかな恋のぬくもりを感じることはできません。水瓶座のあなたが、いつまでも冷静でいられるのは、まだ本当の恋に出会っていないからかもしれません。

スポンサーリンク

魚座(2/19~3/20)

感性あふれるロマンチスト
いつか白馬に乗った王子様が、私をむかえに来てくれるの!

 情緒豊かで直感力に富んでいる魚座は、情にもろく、感受性にあふれたロマンチスト。いつも瞳をうるませ、物心ついた頃から、シンデレラストーリーのヒロインを夢見ています。とても空想力が豊かで、夢は果てしなく広がり、『いつか王子様があらわれて、私を幸せにしてくれるの』、『一夜明けたら、私は大スターになっているのよ』と、今、自分が置かれている状況を考えもせずに、夢のような出来事が、きっと自分の身に起こるであろうと、本気で思っているのがこの星座のかわいいところです。しかし世の中、いい人ばかりではありません。あなたのその純真無垢な心につけこみ、だまし、利用しようとする人だっているのですから、本当に気をつけなければならないのです。

幻滅や絶望は、人を信じすぎてしまうから
イカサマな恋愛を見抜く力を磨いて

 感激屋でやさしくて、思いやりがあってロマンチスト。これだけ条件がそろってしまうと、だまされないというほうがウソかもしれません。底知れぬ神秘性をたたえている魚座は、直感力が抜群。その直感力は、まず外れることはありませんが、情にうったえられるとノーとは言えず、またムードに酔いしれてしまったら拒むことを知りません。そのため、甘い誘惑をまぶして近づく、結婚詐欺のようなイカサマにも、ころりとだまされてしまったり。どんなに素敵な相手でも、そしてどんなに運命を感じても、上から下から、そして右から左から、もっと言えば、切り刻んで本心を探るくらいで、あなたにはちょうどいいのです。

タイトルとURLをコピーしました