健康運 星占い 疲労回復法

星占い 健康運健康運

 このところ心なしか、疲れた、という人が増えてきたようです。上手にリラックスしながら、余裕をもって生きていきたいものですね。
 ところで、ひとりひとり疲れが違うように、回復法だってまちまちのはずです。疲れは、心と体の両面から来るのですから、考えてみればもっともです。
 そんなわけで、今月の特集では、星座別の疲労回復法を考えてみました。
 ことに、疲労を取り、気持ちをリラックスさせる上で大切なのが心の解放。星座の知恵は、きっと活かされるはずです。あなたにぴったりのリラックス法、しっかり見つけて下さい。

スポンサーリンク

牡羊座(3/21~4/19)

疲れるとやたらに怒りっぽくなりがち。
ネガティブなエネルギーを上手に方向転換させて

 何かに打ちこんでいるときは疲れを忘れるほど熱中できるのですが、必死で仕上げた仕事なのに思うような結果が得られなかったり、張り切って出かけたイベントが超混雑していてイライラさせられると、どっと疲れを感じます。そして、疲れてくるとやたらと怒りっぽくなるのがあなたの特徴。気の毒なのはたまたまそのとき一緒にいた人です。本来、怒るべき対象は別にあるのに、手近なところで怒りを爆発させてストレスを解消しようととするのは悪いクセです。

新しい計画を立てて疲労を忘れる

 「こんなに頑張ったのに」「朝早くから来たのに」と疲れとともに怒りが渦巻きますが、少し冷静になってみれば、怒ってもどうしようもないことは、あなたにもわかっているはず。
そんなことにエネルギーを使って疲れを増幅させるよりも、発想を変えて「この次はこうしよう」と前向きに考えましょう。新たなエネルギーがわいてきて、疲れを忘れることができます。疲れているときは、新しい計画を立てること。これがあなたにとって何よりの疲労回復法なのです。

牡牛座(4/20~5/20)

疲れるとむっつりと黙りこくって不機嫌に。
自分の状態をオープンに表現することを心がけて

 限界まで頑張ってしまうあなたは、適度に発散できず疲労をためこんでしまいがち。疲れてくるとともに、口数が少なくなっていきます。そのため、周囲の人に「もしかしたら怒っている? 何か悪いことしたっけ」と心配をかけることに。柔軟性がなくなり、やたらと頑固になるのも悪い傾向です。疲れているときに「もう少しスピードアップを」「もっと別のやり方で」と提案されると、ますます疲れが増幅し「私は私のやり方がある」とたちまち不機嫌になってしまいます。

身の回りを快適に整えて疲労解消

 疲れを感じたら、自分ひとりですべてを背負い込まないこと。人からのサポートを素直に受けましょう。そして、なるべく快適な環境で過ごせるように工夫するのも疲れをためない秘訣。身の回りを自分のお気に入りのもので固め、仕事の合間に飲む一杯のお茶にもこだわりましょう。花や絵を飾ったり、心地よい音楽をかけ、すっきりしたミント系のアロマオイルの香りを漂わせるのも効果的。五感が心地いいと感じる環境を作れば疲れもやわらいでいきます。

双子座(5/21~6/21)

疲れるといい加減でおざなりな部分が顔を出す。
話題のリラクゼーションスポットを探訪して

 いつもフレッシュな風をもたらすあなたですが、張り切り過ぎてオーバーワークの状態が続くと、さすがに疲れがたまります。そうすると、最大の悪癖であるおざなりでいい加減な部分が全開。たとえば適当につじつまを合わせてレポートを提出。手抜きした部分が後で問題になって自分の首を締めます。また、気分が乗らないからとせっかく立てた計画をドタキャンしてしまうのも悪いクセ。期待を裏切ってしまった相手にはきちんとフォローするのをお忘れなく。

好奇心を満たしていれば疲れとは無縁

 静かにおとなしくしていればストレスがたまらないかというと、あなたの場合必ずしもそうではあまりません。退屈なあまり精神的な疲れを感じてしまいます。好奇心を全開にして、いきいきと輝いている状態が続けばストレスはたまりません。家にこもるより、話題のリラクゼーションスポットを体験してみましょう。エステにマッサージ、アロマなど、お気に入りのところが見つかるまで探索を続けているうちに疲れはしっかり回復しているはずです。

蟹座(6/22~7/22)

人に期待しすぎて自ら疲れてしまいがち。
見返りを求めないことで疲れは軽減

 人間関係でストレスを感じやすく、精神的な疲れに弱いタイプ。自分の気持ちがうまく伝わらなかったり、せっかく心を尽くしてやたことが省みられなかったときはたちまち気分が落ち込み、「私は今まで何をやってきたのだろう」と、どっと疲れを感じてなげやりなき分に。そして、やたらと辛らつな小言を連発するように。険悪ムードの中で機関銃のように発せられるあなたの小言は、相手の反発を呼ぶか無視されるかで、ますます悪循環にはまっていきます。

ペットやガーデニングに癒しを求めるのも効果的

 どんなに疲れても、にっこり笑って感謝の一言がもらえれば、回復してしまうのがあなたの特徴。でも、生身の人間にそれを求めても無理なことのほうが多いのが現実。それなら割り切って家族のために料理を作るなど、確実に喜んでもらえることを選んでやってみましょう。親戚の子供にプレゼントを贈ったり、地域のボランティアに参加するなど、相手の喜ぶ顔を見たらそれでよしとすること。また、ペットの世話や花や木を育ててみるのも癒し効果があります。

獅子座(7/23~8/22)

周囲の対応が疲れの度合を大きく左右。
プロの手にまかせてケアしてもらおう

 どんなに疲れていても、人から頼られたら、最後のエネルギーを振り絞って、期待にこたえようとします。反対に、人からないがしろにされると、とたんに生気を失ってすべてを投げ出したくなってしまいがち。そして「別に私なんかいなくてもなんとかなるでしょ」
と暴言を吐き、周囲の顰蹙をかいます。「そんなことないわよ」「あなたはとても大切は人」
といった、とりなしの一言を待っているわけですが、周囲の冷たい反応にますます疲れは大きくなっていきます。

女王様扱いしてくれる場所で疲労回復

 ちやほやされて女王様気分にひたることで、あなたの疲れはすっと消えていきます。かといって、身近な人にそうした欲求を満たしてもらおうとしても無理。期待はずれに終わってますます疲れがたまります。ここは割り切って、プロの手にゆだねましょう。少々奮発して、ワンランクアップしたエステやヘアサロンへ。丁重な扱いを受け、しかも美しさに磨きがかかるのですから、あなたにとっては何よりのリフレッシュメントとなり、明日への気力がわいてきます。

乙女座(8/23~9/22)

疲れるほどに細かいところに目が行く。
疲労に効く食べ物やサプリメントでカバーを

 ふつうの人は疲れてくると、投げやりになるものですが、あなたの場合は逆。重箱の隅をつつくような細かいところが気になってイライラが募ります。あなたのするどい観察眼と舌鋒は鈍らず、周りの人をたじたじとさせてしまうほど。「そんな細かいことを気にしなくていいじゃない」とたしなめられて、ますますストレスがたまります。義務感の強いあなたは、どんな体調であれ与えられた仕事に全力投球するべきと思っているので、周囲と微妙にずれてしまうのです。

疲れのメカニズムと対処法を研究しよう

 日頃から、疲労回復や体調不良に効果的な食べ物やサプリメント、エクササイズを研究しておきましょう。疲れに効く」という効果を鵜呑みにするのではなく、なぜ効くのかまでも調べておくこと。たとえば、血液中のカルシウムが不足すると神経が高ぶることを知っておけば、ティータイムのホットミルクも効果倍増というもの。疲れのためミスが目立つ人にも、小言をぶつけるのではなく「こんなものを摂ってみれば?」とアドバイスできると喜ばれます。

天秤座(9/23~10/23)

人のことばかり気にして自分は疲労困憊。
気ままに過ごす時間をキープして

 どんなに疲れていても、めったに表に出さず、いつもと同じようになごやかに振る舞おうと傾向があるため、ひとりになったとたんに、どっと疲れが出ます。あなたにとっては人間関係の調和を保つことが人生の重要事項のひとつで、体や心のコンディションで左右されるべきではないと考えているからです。この傾向が強過ぎると、いわゆる「仮面うつ病」
のような状態に。健康そうに見えるのに、内面はストレスだらけでダウン寸前という状態になりかねません。

ひとりで行動する気楽さを味わおう

 「人からどう見られているか」を常に気にしているため、なかなかリラックスできないあなたは、ひとりの時間をキープすることが疲労回復の秘訣。ときには、何も計画を入れない休日を過ごしてみましょう。家にじっと閉じこもっている必要はありません。ショッピングをしたり、映画を見るのもいいでしょう。ただし、友達を誘わず、ひとりで行動を。
同行者を気にせず、好きなものを好きなだけ楽しめば、いつもの人好きのするあなたに戻ることができます。

蠍座(10/24~11/22)

疲れたときに発する一言が強烈。
周囲のことも少しは考えてあげよう

 あなたが疲れてくると、どんどん寡黙になっていきます。もともと口数の多いほうではありませんが、心身が疲労するとともに単なる相槌を打つのも面倒になり、「不機嫌そうに黙りこくった人」という印象を与えます。ところが突然、ぽつりとつぶやいた台詞が、スパイスがききすぎて周りを震え上がらせることも。疲れたからといって、安易に休むこともせず、頑張ろうとする態度は立派ですが、あなたの態度におびえながら付き合っている周囲のほうが疲れてしまうかも。

自分の世界に深く入って疲労を忘れる

 もともと底知れぬエネルギーを秘めているあなたですから、疲れを感じるのは精神的なことが多いはず。人間関係のささいなことでごたごたするのが特に苦手です。そんなときはできるだけ早く帰宅し、自分の世界に深く入りましょう。あなたにとっては、疲れをとるために横になるより、夢中になっている趣味に打ち込むほうがリラックス効果があるのです。「現実にはいろいろあるけれど、私にはこれがあるから大丈夫」と思えるようになれば、かなり回復している証拠です。

射手座(11/23~12/21)

自由を制限されるとたちまち疲れる。
自分らしさを取り戻して疲れを解消しよう

自分の好きなことなら、驚くようなパワーを発揮して、疲れを知らないくせに、興味をもてないことに拘束されるとたちまち疲れ果ててしまうタイプ。たとえば、気の乗らない会合に延々と縛り付けられて退屈な時間を強要されると、心身ともにぐったりしてしまいます。そして、そのような状況から抜け出すために、いい加減で大雑把な態度に。「どうでもいいでしょ、さっさと終わらせましょう」という態度は、真面目な人たちを激怒させてしまいます。

疲れたときこそ積極的な行動を

疲れたからと家でじっとしていても、疲労は回復しません。それどころか、かえって落ち込む一方。好奇心を満たすようなエキサイティングな体験が、あなたにとって疲労回復の特効薬なのです。旅に出るのも効果的ですが、日常生活でもフレッシュな体験を探してみましょう。近所にオープンした新しいカフェでお茶を飲み、開店までの苦労話をオーナーから聞いてみるといったことでも、あなたの中にエネルギーが蓄えていけます。疲れたときこそ、街に出ましょう。

山羊座(12/22~1/19)

頑張り過ぎて何もかも背負い込んでしまう。
息抜きする時間も意識的に確保すること

自分を高めたいという熱意が強く、つい頑張り過ぎて疲れることが多いでしょう。そして、疲れたからといってギブアップすることはなく、そんな自分を叱咤激励しながら突き進もうとします。周囲はそんなあなたの苦労もわからずに「あの人にまかせておけば安心」とばかりに頼ってきます。そこで一言「疲れたからできない」と言えればいいのですが、黙って引き受けてしまい、最後には中途半端な疲れではなく、口もきけないほど極度の疲労をためこみます。

疲労はためこまず、そのつど解消しよう

少しでも疲れを感じたらそこで小休止すること。仕事中のコーヒーブレイクやちょっとしたおしゃべりは、さぼっているのではなく、リフレッシュするための必要な時間なんだと考えを変えましょう。その日の疲れはその日のうちに解消することを心がけて。無理な場合は、週末にリラックスタイムを。温泉に行ったり、自宅のお風呂に雑誌を持ちこんで本格的な半身浴をしてみるのもいいでしょう。何もしないでのんびりしている自分の姿に罪悪感を抱いてはいけません。

水瓶座(1/20~2/18)

自分のペースにこだわりすぎないで、割り切るときはあっさり割り切ること

気ままに動ける自由旅行なら、どんなに歩き回っても疲れを感じないのに、集合時間が逐一決められた団体旅行では一日目から疲れを感じてしまいます。みんなと同じ行動を強要されると、ペースが乱れてしまうからです。とはいっても、社会に生きている以上、ある程度の団体行動のルールに従わなければいけないのが現実。「私はみんなと違うのよ」とばかりに自分勝手な行動をとると、その後始末に多大なエネルギーがかかり、かえって疲れてしまう結果に。

自分の時間はどこまでも個性を追求して

誰にも邪魔されないプライベートな時間こそ、あなたの疲労を回復させ、エネルギーを生み出す源です。気の進まないお誘いはすべてカットして、自由な時間の使い方を工夫しましょう。掃除や洗濯、買い物など、生活上の義務も、やり方を工夫することでリフレッシュタイムとなります。たとえば、外国製の掃除道具を使ったり、石鹸を手作りするなど。
料理もレシピは無視して、あなたの思う通りに作ってみましょう。たとえ失敗しても充実感が得られます。

魚座(2/19~3/20)

自己嫌悪スパイラルにはまらないよう、自分の心に正直に生きることをモットーに

疲れて無理だと思っても、親しい人から頼まれるとノーと言えないのがあなたの優しさ。
ところが、馬力を発揮して頑張ることもせず「どうして引き受けたんだろう、今から断ったら悪いかな」と悩んでいるうちに無情に時間ばかりがたって墓穴を掘ってしまいます。
心の状態が体にストレートに伝わるタイプなので、人から非難されるとそれだけで落ち込んでしまいます。そんな自分がいやになり、自己嫌悪スパイラルにハマってしまうとなかなか抜け出せません。

自然の優しいパワーに触れてリフレッシュ

疲れたときは正直に自分の状態をオープンにしましょう。真意を尽くして説明すれば、たいていの人はわかってくれるはずです。そして、疲れたあなたを癒すのは自然の力。たとえば、海辺で寄せては返す波を見つめたり、深い森でゆっくり呼吸することで新しい活力が生まれてきます。出かける時間がとれないときは、自宅でゆっくり入浴したり、ふかふかの布団で長めの睡眠をとってみましょう。アロマやお香で自然の香りで部屋を満たすのも効果的です。

タイトルとURLをコピーしました