開運 心と体をリフレッシュする最適な方法

星占い 開運開運

 体も心も、知らず知らずのうちに余計なものを溜め込んでいます。溜め込むことで生まれるデメリットはけっして小さくありません。意識的に手放していくことで、すっきりさせましょう。そのベストな方法を、各星座ごとに考えてみます。

スポンサーリンク

牡羊座(3/21~4/19)

ネガティブな感情は溜め込まず、
エネルギーの無駄な消耗を防ごう

物質的なものには、それほど執着はないあなたですが、感情のアップダウンが激しいため、「ムカつく」感情を溜め込んでしまいがちです。相手からネガティブな感情をぶつけられると、それを流すことができず、どうしても張り合ってしまうのです。売られたケンカは必ず買うという行動パターン。たとえ勝ったところで、エネルギーを消耗してしまい、もし負けることがあろうなら「次は必ず勝ってやる」と無駄な目的にエネルギーを費やしてしまうのです。

低いレベルでは勝負モードにならない

勝ち負けにこだわらなければいいのですが、あなたの場合、それは無理というもの。勝利を目指してエネルギーを高めていくのが、あなたのスタイルなのですから。有効なのは、勝負のフィールドを限定すること。店員の態度が感じ悪かった、友達にちょっとした厭味を言われた、といったレベルで勝負モードになってはいけません。エネルギーを使うのは、もっと大きな状況に限定するのです。それは決して逃げではありません。不要な闘争心から生じる屈折した思いを手放すための方法なのです。

牡牛座(4/20~5/20)

所有しているだけでは豊かとは言えない
「足りない」という恐怖を手放そう

美しいもの、心地よいものが大好きで、所有欲も人一倍なあなた。その結果、クローゼット、食器棚、本棚はぎゅうぎゅうに詰め込まれています。死蔵しているものも、「いつか使うかもしれない」と思い、一目惚れして手に入れたものですから、手放すことに強い抵抗を感じます。もし処分してしまって、足りなくなったらどうしようという心配のあまり、部屋のスペースは狭くなり、貯金も伸びず金銭的なゆとりも感じられないという状態でクラスことになっているのです。

処分のルールを決めて、実行する

変化を受け入れるしなやかな心を持ちましょう。数年前には欲しくてたまらなくて、あなたにとても似合っていた洋服でも、今のあなたをそれほど魅力的に見せないかもしれません。それに、たくさん物を持っていても、活用しないのなら、持っていないのと同じことです。それよりも、すっきりしたスペースで暮らす心地よさを選ぶほうが賢明です。「○年以上使っていない食器、袖を通していない洋服は処分する」という自分なりのルールを決めて実行してください。

双子座(5/21~6/21)

雑多な情報の海に溺れないために、
自分のテーマをしっかりと意識する

知的好奇心の強いあなたは、常に目新しい情報を求めています。現代は、クリックひとつで世界中のあらゆる情報が手に入りますし、毎日、数えきれないほどの新刊が出版されています。その中から自分に合った情報を探し出そうとするのは、砂漠の中から砂金を探すようなものです。そして、自分は何かを見落としているのではないかという焦燥感にかられて、目の前のことに集中できず、他にもっとおもしろいことが起こっているのではないかと不安になるのです。

あえて情報をシャットダウンする環境へ

自分のテーマを決めましょう。外国だったらこの国、映画だったらこのジャンルというように、興味のあるジャンルを特化するのです。テーマを限定することで、情報依存がかなり緩和されます。そして、休暇はネットがつながらないような旅先へ。世間から忘れ去られるような不安を感じるかもしれませんが、あなたが南の島でのんびり過ごしても、世界はちゃんと動いているのです。定期的に情報をシャットアウトすると、雑音だらけの人生にクリアな音が流れるようになります。

蟹座(6/22~7/22)

すべての人に好かれようとせず、
人間関係も量より質にこだわる

親密な人間関係に生きがいを感じるあなた。誰に対しても優しい気遣いを見せます。ところが、お付き合いが広くなるにつれ、感情的な対立が生まれ、トラブルの種がまかれます。あっさりと流していけばいいのですが、あなたの場合は「私がここまでやってあげたのに」と過去のいきさつから振り返り、悶々と悩みます。そんなあなたを周囲は「重い」と感じ、距離を置くことに。するとあなたは人を追いかけ、ますます逃げられるという悪循環に陥ってしまいます。

相性が合わない相手は深追いしない

人間関係も洋服の整理と似ているところがあります。何着も服を持っていたところで、一度に着られる服は限られます。たくさんの物を持つと、収納スペースも必要ですし、手入れも大変です。「私はこんなにたくさんの友達がいる」ということは、物にあふれた部屋に住む片付けられない女と似たようなものなのです。人間のエネルギーには限りがありますし、人間関係には相性もあります。合わないとわかった時点で深追いせず、静かにフェイドアウトすることも必要です。

獅子座(7/23~8/22)

自分と同じように相手も尊重し、
プライドや自己顕示欲を手放す

「私は抜きんでた存在であるべきだ」という強い信念は、しばしば人間関係の衝突を引き起こします。もちろん、あなたはかけがえのない存在ですが、他の人たちもそれぞれ、あなたと同じようにプライドを持っているのです。自分だけが特別で、丁重に扱われるべきだと思っていると、世の中が生きにくくてたまりません。ささいなことに腹を立て、ストレスがたまります。不機嫌になると、ますます周囲とうまくなり、ストレスをさらに溜め込んでしまいます。

虚飾を捨て、等身大の自分を好きになる

クローゼットを開けてみましょう。もう袖を通すこともないけれど「やせてスマートになったら、似合うはず」「華やかなパーティに呼ばれたら着てみよう」という洋服が死蔵されていませんか。いつ着るかわからない服に大枚をはたくより、心地よい普段着を取り揃えましょう。身を飾るものを整理しているうちに、自分が背伸びしていることに気づくはずです。等身大の自分を受け入れれば、肩の力が抜け、あなたは今よりもっと魅力的になり、人から尊重されるようになるのです。

乙女座(8/23~9/22)

死蔵の品々をすっきり整理するために、
完璧でありたいという意志を手放す

慎重なあなたは、「もしものときのために」とこまごまとしたものを溜め込みます。そのため、貴重なスペースが収納のためにとられてしまい、部屋が狭くなる一方。また、収納方法を工夫するというエネルギーもかなり使っています。それなのに、自慢の収蔵品も時間がたつにつれ流行が変わったり、賞味期限切れとなったりしまいます。使わないまま死蔵しているもののネガティブなエネルギーが部屋に満ちていると、そこに住む人は徐々に元気を失ってしまいます。

所有物を減らせば、人生が充実する

自分の所有物を新しい目でチェックしてみましょう。几帳面なあなたですからリストを作ってみるのもいい方法です。どれだけの頻度で使ったかを客観的にみると、手放してもいいものがクリアになっていきます。所有物が少なくなれば、整理も掃除も格段に楽になり、エネルギーをもっとほかのクリエイティブなことに回せます。シンプルな生活は精神にも好影響を及ぼします。自分の持ち物をすべて把握し、きちんと使っているという自覚は、あなたの自信を回復させ、人生が充実します。

天秤座(9/23~10/23)

ネットワークを広げるよりも、
深い関係を結ぶことを目指そう

美意識に恵まれたあなたは、不調和なものをわざわざとっておくことはしませんが、盲点となっているのが人間関係。誰とでも調和的な関係を保とうするあまり、気乗りのしない会合にも顔を出して、社交的にふるまいます。そこでエネルギーを浪費して本当に大切なことがおざなりになっているようでは本末転倒です。いくら知り合いが増えても、本当に気の合う人、助けてくれる人はほんの一握りのはず。やみくもにネットワークを広げるよりも、信頼関係を築くことが重要です。

すべての人に好かれなくてもいい

人間関係を整理するといっても、愛想悪くしたり、人の好き嫌いをはっきりすることではありません。気が進まないことはノーという勇気を持つこと。あなたが思うほど、人は気にしていません。とりあえず声をかけたのに、付き合いのよさからしぶしぶイエスと言ってしまうのは、お互いにエネルギーを消耗するだけです。また、すべての人に好かれようとして優柔不断な姿勢をとってしまうのもやめましょう。もっと自分に正直になり、すべての人に好かれなくてもいいと割り切ることができれば、あなたの社会生活はもっとシンプルになっていきます。

蠍座(10/24~11/22)

過去の思いを引きずるのをやめ、
現在と未来の可能性に目を向ける

人一倍感情エネルギーの強いあなたは、いつまでもネガティブな感情を持ち続けてしまう傾向があります。特に恋愛がらみ。不本意な形で別れた彼がいつまでも心に残り、新しい恋がはいりこむ隙間がないのです。そして、失恋の痛みをひきずっているから、どうしても考え方が悲観的になりがち。知らず知らずのうちに暗いオーラを放ち、ますます人から敬遠されて、人生が暗くなっていくという悪循環。過去は過去として割り切って、現在と未来に目を向けることが必要です。

新しい刺激を生活の中に取り入れる

忘れようと思っても、簡単に忘れられないのがあなたの性格。過去にとらわれるのをやめようと念じるほど、強迫観念となってあなたにつきまとってきます。それよりも、新しい刺激を求めましょう。身近なことで構いません。「これが好き」といえるものがあれば、どんどん追求してみてください。新しい習い事やスポーツを始めるのも効果的。思うように上達しなくてイライラしても、過去を振り返って落ち込むことに比べれば、ずっと建設的です。

射手座(11/23~12/21)

あやふやな夢想を手放すことで、
現在の生活にしっかりと根を張る

あなたが手放すべきなのは、漠然として未熟な夢やあこがれ。いつまでも若々しい姿勢を持つことはすばらしいことですが、人間は誰でも人生のどこかの段階で、現実的な選択をする必要があります。「ここにいる私は本当の私ではない。いつかきっとドラマチックな変化が起こり、本当の私になる」という思い込みを持ち続けていると、現在の生活にしっかりと根を張ることができません。いつまでたっても中途半端なことを繰り返す永遠の若者のまま、年老いてしまいます。

中途半端なものは思い切って整理する

夢をあきらめるといっても、おもしろみのない判で押した生活を繰り返すことではありません。「今、ここ」にフォーカスすることから始めましょう。手始めにあなたが暮らす部屋の中を冷静な目でチェックしてください。読みかけの本、途中まで観たDVD、そんなものが散乱していませんか? 一度始めたことは最後まで終わらせること。興味が失せたものなら、手放すこと。いつかやろうと思いつつ、そのままにしているものを整理するだけで、人生はずいぶんシンプルになります。

山羊座(12/22~1/19)

将来のことばかり考えて、
現在を犠牲にするのはやめよう

実用的にすっきりと気持ちいい暮らしを目指すあなたは、余計なものを溜め込むことはあまりないかもしれません。でも、「いつかは役に立つだろう」と、所有物を手放すのが苦手です。でも、そうしたものを置いておくスペースのコストを計算すれば、手放すのは苦痛でなくなるはずです。また、漠然とした将来への不安から、やたらと資格を取ろうとする傾向も。たいしておもしろくも感じないのに、資格のためだけに無理やり詰め込むのはエネルギーの無駄です。

手放すものを見極める基準を明確に

所有物を手放すかどうかの基準は「自分にとって必要か、あるいは、楽しませてくれるか」の二点に絞りましょう。どんなに上質なものでも、今のあなたに似合わない服は取っておいてもタンスのこやしになるだけです。昔は楽しめたのに、今はあまり心惹かれないものも、手放すときが来たのです。そして、資格や勉強は的を絞って取り組むこと。いくら勤勉なあなたでも、エネルギーは有限です。あれもこれもと欲張るのではなく、将来のビジョンを具体的に描き、それに沿った形でプランを立てましょう。

水瓶座(1/20~2/18)

所有物から解放されることで、
のびのびした精神の自由を確保する

個性的でありたいばかりに、ちょっと変わったものばかり溜め込んでしまう傾向があります。旅先でおもしろいと思って買ったもの、いつか着ようと思った民族衣装など。見るたびに楽しい思い出がよみがえるのならいいのですが、クローゼットの奥にしまいこんでいるだけなら単なる場所ふさぎです。それでいて、貴重な生活スペースが浸食されているとしたら、考えもの。個性的な生き方は、所有物に左右されません。精神の自由を確保するために生活空間はすっきりとさせましょう。

トランク一つで旅に出るスタイルを目指す

物質的なものから身軽になればなるほど、精神も自由になります。でも、現代社会に生きていると、もたくさん持っていることで豊かさを実感するような錯覚に陥ります。「最小限のもので生きる」ゲームをするつもりで、片付けてみましょう。中途半端に好きな服を10着持っているよりも、着心地がよく、自分に最高に似合っている服を1着持っているほうがずっと素敵です。目標は、トランク一つで世界中どこにでも、明日にでも旅立てるような生活スタイルです。

魚座(2/19~3/20)

人の反応をあれこれ気にするのをやめ、
多少のことには揺るがない軸足を持つ

感受性が豊かなあなたは、つい考えすぎてしまう傾向があります。「あの人があんなことを言ったのは、私のことを嫌っているからではないか」に始まって、あらゆる可能性を想像します。そして、いつも愛を求める癖があるので、男性からちょっと優しくされると「これが恋に発展するかも」と気持ちをエスカレートさせ、そこでまた消耗してしまいます。あなたに必要なのは、しっかりした軸足。少々風が吹いたところで「本当の私はこうだ」という確信があれば、気持は揺れません。

人間関係に多くを期待しすぎないこと

まず、人からの評価や愛情に一喜一憂しないこと。人生は人気コンテストではありませんから、多くの人の支持を集める必要はないのです。あなたの優しい気持ちが伝わって、それで好感をもたれるのはすばらしいことですが、それはあくまで一過性のこと。いつまでも好意を持たれることを期待していては、相手にとっても重たすぎます。人生は出会いと別れの繰り返し。すれ違ったとき、お互いに気持ちよい関係ができれば、それだけで十分だと割り切れば、気持がぐっと軽くなるはずです。

タイトルとURLをコピーしました