仕事運 ちょっとした失敗。でも、こうしたら避けられたはず

星占い 仕事運仕事運

 希望を抱いてスタートしたはずなのに、小さな失望がかさなって、ついつい意欲もしぼみがち。よくあるパターンですね。でも、ちょっとした行動を起こすことで、運気は変えられるんです。

スポンサーリンク

牡羊座(3/21~4/19)

自分をアピールしようとあがくのは逆効果。
当たり前のことをきちんとこなしていこう

 個性を認めてもらっていれば、いつも元気一杯でスランプとは無縁なあなた。反対に、自分の長所をアピールする機会が与えられず、大勢の中の一人という状況が続くと、みるみる意欲がしぼみ、自信を失っていきます。
 もともと楽観的で、頑張れば自分は何でもできると思っているため、不本意な状況に我慢できません。何でもいいから自分の存在を主張しようと逆転満塁ホームランを狙うと、ますます悲惨なことに。悪い意味で目立つ存在になってしまいます。

早め早めの行動で事態をコントロールする

 あなたが狙うべきなのは、ホームランではなく、確実な第一歩。周囲を感心させるような華々しい活躍ではなくても、当たり前のことをきちんとやっていることで、徐々にリズムを取り戻し、好調な波をうまくつかまえることができるのです。
 まずは、約束時間の少し前を意識して動くこと。待ち合わせ時刻前に到着して相手を待ち、締め切り日より一日早く終わらせて、全体をチェック。前倒しの行動をすることで事態をコントロールしているという自信が持て、うまく回っていくようになります。

牡牛座(4/20~5/20)

動かない山の状態で、自発的に動き出せない。
頭で考えるより、手足を動かすことから始めよう

 エネルギーを失ったときのあなたは、まるで動かない山。何をするのも面倒で、心をシャットアウトした状態です。
 そんなあなたの状態とは関わりなく世の中は動いていきますから、取り残される一方。周囲とのギャップが広がれば広がるほど、ますます意欲を失って、自分の殻に閉じこもるという悪循環に陥ります。
 誰かから声をかけられるのを待っていても、どうしようもない怠け者というイメージを持たれて敬遠され、復活のきっかけがつかめません。

次の日の行動リストを前の晩から作っておく

 頭で考える前に、動いてみること。でも、あなたは最初の動作を始める前に高いハードルが立ちふさがっています。
 そこで、朝起きたら、何も考えずに行動できるように、前日の寄るにやるべきことのリストを作っておくのが効果的。そして、ちょっと一服する前に、窓を開けたり、掃除や皿洗いを済ませることもテンポ良く動くためのコツです。
「これをやったらお茶を飲む」とか、自分へのご褒美を設定しておけば、だらだらと怠けることもなくなります。

双子座(5/21~6/21)

できもしないことを口にして信頼を失う。
言葉で反撃するより、実際の行動で示そう

 意欲がなくなっても、口だけは達者なのがあなたの特徴。そのうち何とかなるだろうと、適当なことをしゃべって、自分の首を締める結果になりがちです。
 単に「こうなったらいいな」という希望的観測に対して、「言っていることが信用できない」と突っ込まれたときの悪魔的な対応力は、意欲のない人とは思えないほど。
 言われたことの数倍ぐらいきつい言葉で反撃します。そのときは気持ちがすっきりしても、人間関係は険悪になり、ますます運気は落ち込みます。

口先で言葉をもてあそぶより、紙に書いてみる

 余計なことを言って状況をますます悪化させる前に、書くことに集中してみましょう。
 たとえば、真っ白なスケジュール帳にこれからやりたいことを書き出してみるのが効果的。自分が得意なこと、これから磨いていきたい分野などを箇条書きにしていくうちに、意欲がわいてくるはずです。
 具体的にいつから始めるか、費用の捻出、用意するものなど、具体的なステップを書き出してみることで、自分が何をやるべきかが明白になり、前向きな一歩を踏み出せます。

蟹座(6/22~7/22)

人間関係に心を乱されエネルギーが枯渇。
やるべきことを淡々とこなして復調する

 あれこれ動き回ることが好きなあなたでも、ときにはエネルギー切れの状態になることがあります。
 それでも人に頼まれると嫌とは言えず、無理をして力をふりしぼります。それは立派ですが、「私はこんなに大変」「これだけのことをしてあげた」と恩着せがましい態度に出るのが問題です。
 あなたが期待したほど相手は感謝してくれず、かえって人間関係がぎくしゃくすることも。そのことがとても気になり、ますますエネルギーが枯渇するという悪循環に陥ってしまいます。

人にどう思われるかより、自己評価を優先させよう

 スランプに陥ったと感じたら、感情と理性をきっぱり切り離すこと。好き嫌いは忘れて、目の前にあるやるべきことを淡々とこなしていくうちに、リズムが取り戻せます。
 自分が満足できるかどうかを、他人の手にゆだねてしまうのはとても危険です。あなたが設定した目標レベルに達したら、自分をほめてあげましょう。
 人からどう思われるかに一喜一憂しているよりも、ずっと心が落ち着きます。そして、他人に対する感情的な依存をやめれば、人間関係も自然と円満になります。

獅子座(7/23~8/22)

休みたいのにプライドが邪魔して休めない。
遊び心をプラスして、エネルギーの充電を

 いつもグループを引っ張る存在のあなたですが、ときにはエネルギー切れで休みたいと思うことがあります。
 それなのに、無理して外見だけ取り繕うとすることから歯車が狂っていきます。正直に疲れている、休みたいといえばいいのに、プライドの高いあなたは、いつも充実して前向きな人間に見られたいのです。
 そして結局は、困難な事態を引き起こしてしまうことに。弱い部分を見せたくない見栄っ張りな一面が、ますますスランプを長引かせる結果を引き起こします。

女王様気分の休日で心身をリフレッシュ

 動くときは動く、休むときは休むというメリハリをはっきりさせましょう。
 休むといっても家の中でじっとしているような地味な休日ではなく、遊び心をプラスすること。
 あるいは、エステで女王様気分を味わったり、お洒落なレストランで美食を楽しむなど、「自分はいまエネルギーを充電しているんだ」と実感できるような濃密な時間を楽しみましょう。
 心が満たされるとともに、エネルギーもしっかり充電できて、また明日から頑張ろうという気持ちになれます。

乙女座(8/23~9/22)

スランプ状態を否定するのは、やめよう。
いじわるな面が出てきたら、休息が必要

 根が真面目で勤勉なあなたは「自分には、スランプはない」と突っ走ります。
 いつもきっちりして、完璧であろうとしているのです。向上心にあふれた態度ですが、人間は機械ではありませんから、どんなときも同じ調子で効率よく動くことは不可能です。
 そして、自分が思う通りの能率で動けないイライラを周囲へのいじわるな視線に転換する悪い癖があります。
 人のささいな欠点やミスを見つけ出すことにエネルギーを注ぐようになったら、休みをとるべきタイミングです。

ピンポイント整理で心を落ち着かせよう

 休めと言われても、「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」と気が休まるときもないのがあなたの性格。ゴロゴロしても「また時間を無駄にしてしまった」と精神的に消耗するだけです。
 まずは、机の上、ベッドの周辺など身近なところをきっちり整理してみましょう。
 引出しの中、洗面所などポイントを決めてその一角だけを徹底的にきれいにしてみるのです。何かを成し遂げられたという達成感が得られ、エネルギーの循環がスムーズになり、心が軽くなっていきます。

天秤座(9/23~10/23)

表面上だけを取り繕ってスランプが長期化。
本当にやりたいことにフォーカスしよう

 アップダウンがそれほど激しくなく、どんなときもそれなりに結果を出していくあなた。でも、見えないところでストレスや疲労がたまっています。
 表面的には涼しい顔をして、いつもと同じようにこなしていことしても、徐々に歯車に狂いが生じます。いきなり乱れるようなことはありませんが、表面上はつじつまを合わせてしまうため、スランプが長引いてしまいがち。
 そのうち本当の自分の気持ちがわからなくなり、何をやっても中途半端な状態になってしまいます。

一歩ずつ、自分らしい人生を作り上げていく

 なんでもこなせる器用さはあなたの武器ですが、いつでもそれで乗りきっていては自分を見失い、便利に使われるだけで終わってしまいます。
 不完全燃焼の状態を脱するためには、人生のビジョンをはっきり描くこと。自分が本当にやりたいことは何なのか、原点に立ち戻って考えてみましょう。
 そして持ち前のバランス感覚をいかして、一気に生活を変えるのではなく、徐々に主体性を発揮。興味のある趣味があるのならアフター5に習いに行くなど、生活の幅を少しずつ広げましょう。

蠍座(10/24~11/22)

目標を見失うと、人生の意味まであいまいに。
頭より体を動かすことで打開の道をさぐろう

 何事にもひたむきなあなたは、一心不乱に打ちこめるものさえあれば、スランプとは無縁です。
 自分がやるべきことが明確なら、何の迷いもなくエネルギーを集中します。ところが、目標を見失って何をやればいいのかわからなくなると、糸の切れた凧のような状態に。
 足元が崩れてしまう不安感を抱きます。ひとたび落ち込むと、長引いてしまうのもつらいところ。「私の人生って何の意味があるんだろう」といった哲学的な疑問を持つようになったらかなり深刻です。

時間にゆとりがあれば、旅に出るのも効果的

 方向性を見失ったら、頭で考えるのをやめて体を動かすことだけに集中してみましょう。
 意味を考えずにひたすら体を動かすのです。スポーツで爽快な汗をかくのもいいですし、とりあえず部屋の掃除をして、不要なものをまとめて処分するのもおすすめ。体を動かしているうちに、思考回路が突然つながるようになります。
 時間的にゆとりがあるなら、旅に出てみましょう。日常生活と離れた場所に身を置くことで、頭の中に新風が入り、次の目標のヒントが得られます。

射手座(11/23~12/21)

刺激のない毎日を送るうちに意欲が減退。
状況が変わらないなら、考え方を変えよう

 好奇心のかたまりのようなあなたは、いつも楽しいこと、おもしろいことを探して飛びまわっています。
 そんなあなたが意欲を失うとしたら、自由を制限されたとき。狭い場所に閉じこめられ、決まりきったことを繰り返すように命じられる状況には長く耐えられません。
 反抗的になり、わざと手を抜いて、さらに自由を制限されることに。翼を失った鳥のように、みじめな気持ちになるうちに人生に対する興味が失われ、時間を空費するだけの毎日になってしまいます。

どんなときでも、その気になれば新しい発見が

 あなたにとっては耐えがたい状況ですが、長い人生、思いのままにいかない時期もあるもの。ふてくされていやな時間を耐えるのより、割り切って「どうしたらこの時間を楽しく過ごせるか」と発想を変えてみましょう。
 たとえば、杓子定規で発想力のかけらのない上司のもとで働いているのなら、「どういう生い立ちでこの人はこういう性格になったのか」を想像してみるうちに腹立ちはおさまります。
 表面上は従順にふるまいながらも、心の中の自由を確保するのです。

山羊座(12/22~1/19)

自分に厳しいばかりでは、苦しくなる
ときには自分を甘やかしても大丈夫

 いつも同じペースで着々と物事をこなそうとするあなたですが、ときには気分が乗らないことだってあります。
 そんなときに「できるはずだ」と自分を叱咤激励し、無理を重ねます。誰だって調子の波があり、効率が上がるときがあれば、いくら頑張っても思うように進まないときがあるもの。調子のいいときのノルマを自分に課していると、達成できないことがあるのは当たり前です。
 でも、あなたは不甲斐ない自分にイライラして、さらにうまくいかなくなるという悪循環に陥ります。

できないときはできないと割り切ろう

 人間は機械ではありませんから、いつも同じペースで動くことはできません。調子の波があることを知り、低迷していると感じたら早めに休むようにしましょう。
 朝目覚めたとき、まっさきに思い浮かべることは何かで、その日の調子を知ることができます。「なんだか今日は悪い日になりそう」という予感がしたら、最低限の予定をこなすだけで、自分を甘やかす一日にしましょう。
 ちょっとした贅沢をしてみるのも効果的。これまで毎日頑張ってきたのですから、骨休めが必要です。

水瓶座(1/20~2/18)

不調のシグナルは人間関係に現れる。
新しい風を入れて、気分を変えよう

 周囲とのハーモニーが崩れてきたときが、あなたが下り坂に入ったシグナル。会話のテンポがかみ合わず、なんだか周りから浮いていると感じ始めたら、少しトーンダウンしてようすをみましょう。
 そこを突っ走って自分の意見をゴリ押しすると、事態は泥沼化。「私の斬新な発想がわかってもらえない」、「周りは凡人ばかり」などネガティブな感情を抱くようになると、ますます孤立します。
 人間関係からエネルギーが補給できず、ますます運気がダウンします。

多様な価値観に触れることで元気になる

 不調で意欲がわかないときは、人間関係に新しい風を入れてみましょう。
 異業種交歓会で人脈を広げるといった大げさなものでなくても、通勤途中でいつも顔を会わせる人に挨拶してみる、行き付けのお店の人とちょっとした会話をするなどでOK。ちょっと遠出して、知らない街のカフェで見知らぬ人の会話に耳を傾けてみるのもいいでしょう。
 広い世の中には、さまざまな考えの人がいて、それぞれの価値観で生きていることを実感できるだけで、元気がわいてきます。

魚座(2/19~3/20)

自分を悲劇のヒロインにしないで、
身の回りのことから生活を立て直す

 風に舞う木の葉のように感情がアップダウンするあなたは、ささいなことで落ち込んで、そのまま調子を崩してしまいがち。
 人から言われた何気ない一言が胸に突き刺さり、すべてがいやになってしまうことも。それでいて、同情をあてにして「私はこんなに傷ついた」と悲劇のヒロイン気取りで、周囲から助けてもらって当然だと開き直ります。
 世間はあなたを中心に回っているわけではありません。落ち込んだときは自分の力で立ち直るしかないのです。

感情を切り離して、まず手を動かしてみる

 豊かな感受性はあなたの長所ですが、時と場所をわきまえること。落ち込んでいることが免罪符にはなりません。
 調子を回復させるのは、何か意味のあることを成し遂げたという達成感です。部屋の中がぐちゃぐちゃになっているのならまず掃除を。もらいっ放しのメールや手紙に返信し、借りたままの本やDVDはさっさと返し、身辺を整理していきましょう。
 ひとつずつ片付けていくうちに、状況はそんなに悪くないと楽観的になってきます。
そうなったらあとはとんとん拍子に進みます。

タイトルとURLをコピーしました