金運 星座別節約法、こんな遣い方では貯まりません

星占い 金運金運

当節必要なことはわかっていても、なかなか実践できないのが節約です。ただ厳しいだけの予算カットでは、長続きしません。苦痛を伴なわない、あなたに適した節約法がきっとあるはずです。

スポンサーリンク

牡羊座(3/21~4/19)

新しいからいいとは限らない。
最後まで使いこなせるかどうか考えて

 何でも新しいもの好きなのが、あなたの無駄遣いパターン。パソコンでもオーディオでも持っているのに、新しい機種が出たと知ると欲しくてたまらなくなります。

 コスメやファッションも季節の新色が出るたびに、「前のが残っているのだけど」と思いつつ手が伸びてしまいます。いつも新鮮なものに触れるのは、あなたらしさを保つためにとてもいいことですが、気をつけたいのは、単に新しいというだけで、あなたに必要なかったり、似合っていない場合。

 ちょっと使っただけでお蔵入りしてしまうものにお金を無駄にしないよう、店頭で最新のものが目に付いたときは「これは私にとってどうだろうか」と考える習慣をつけてください。

スポンサーリンク

牡牛座(4/20~5/20)

すべてを一流品で揃えようとしないこと。
クレジットカードの使用もよく考えて

 安物買いの銭失いはしたくないと考えるのは賢明ですが、すべてを一流品で揃えようとするのは無理です。

 数年に一度しか使わない大型スーツケースや、フォーマルウエアに超一流品を買い求めても、次に使うときは流行遅れに。頻繁に愛用するものなら、納得のいく高級品を買い求めるのは正解ですが、そうでないなら、安価で実用的なものやレンタルで済ませるといった方法を検討しましょう。

 また、本当に欲しいものは、クレジットカードで買って後で分割払いという方法より、まずお金を貯めてから手に入れること。お金を貯めている期間も欲しいと言う気持ちが薄れなければ、それはあなたにとって本当に必要なものというわけです。

スポンサーリンク

双子座(5/21~6/21)

自由に遣えるお金には限度があることを知り
きっちりとラインを引くことも必要

 流行りのものは一通りトライしてみないと気が済まない、とばかりに財布を開いていると、給料日前には生活費にも困窮するという事態になりがち。
 新しいものに触れることが、あなたの好奇心を満たすといっても、どこまでお金をかけるか限度額を決めておくこと。

 心から興味をそそられるものなら、どんどんお金をつぎ込むべきですが、「一応押さえておこう」という程度なら、あまりお金を使わずに済む節約法を工夫しましょう。

 また、ネットワークを広げるためという大義名分で交際費を遣いすぎるのも考えもの。単なる楽しみのための費用を、「将来のために投資だから」と言い訳して散財しないよう、財布の紐を締めて。

スポンサーリンク

蟹座(6/22~7/22)

遣えるお金とスペースを考えて
コレクションするのはほどほどに

 どちらかと言うと、こだわりの強いほうなので、コレクション癖が始まると止まらなく一面が。気軽に収集を始めるうちにすっかりハマッてしまい、気がついたら莫大なお金をつぎ込んでしまうことにもなるようです。

 お気に入りのモノを集めて慈しむのは、とてもいい趣味ですが、博物館のオーナーでもない限り、お金とエネルギーには限りがあることをしっかり認識して。狭い居住スペースでは、コレクションしたものを飾るのもままならず、せっかく集めたのにダンボール箱に詰めてクローゼットの隅に押しこむなんてことにもなりがちです。

 何でも、やみくもに集めるのではなく、テーマをしっかり決めて欲望をセーブしてください。

スポンサーリンク

獅子座(7/23~8/22)

財布を開く前に冷静になり
見栄のために散財するのはやめよう

 単なる見栄のための消費はあなたにとって無駄遣いです。たとえば同僚がブランドもののバッグを持ってきたら、それより高いものを買おうとするのは、具の骨頂。自分には、お金の多寡で測れない価値があることを信じましょう。

 また、誰に対しても気前よく奢ってしまうのも考えもの。たしかにおごりがいのある相手もいて、何倍にもなってあなたに返してくれることもあるでしょう。でも、中には単にラッキーで片付けて感謝の気持ちも抱かないような人だっています。

 自分を太っ腹に見せるために必要以上の浪費を重ねていては、肝心なときにお金が足りなくなり、かえってみじめな思いをすることになりかねません。

スポンサーリンク

乙女座(8/23~9/22)

買い物の失敗はいさぎよく認めて
さっさと割り切ることも必要

 いつも賢くお金を遣おうとしているあなたは、目立った無駄遣いをすることはあまりないかもしれません。でも「いい買い物をした」と自画自賛している割には、どこかピントがすれていることも。

 たとえば、収納グッズ。便利そうだと思って買ってみたものの、出し入れに手間がかかったり、どこに何を入れるか頭を悩ませたり。「せっかく買ったのだからもったいない」と使い続けては、お金だけでなく、手間と時間を無駄にしていることに。

 また、バーゲンで衝動買いしたものの、似合わない服も無理して着続けると、気持ちまで沈んでしまいます。買った後に失敗だとわかったら、いい勉強になったと割り切って、処分する勇気を。

スポンサーリンク

天秤座(9/23~10/23)

節約を馬鹿にしていると、
知らず知らずのうちに出費がかさむ

 一気に大きな買い物をして赤字になってしまうことは少ないでしょうが、無し崩し的に遣っているうちに、お金が残らないといったタイプのあなた。ケチだと思われるぐらいなら、お金を使ったほうがましと心のどこかで思っています。
 
 でも、今の時代、節約は決して恥ずかしいことではありません。比較するのが面倒で、割高な料金を払い続けていたり、割引券やディスカウントを使うのを控えていては、お金は残りません。
 
 わざわざお店で聞いてみなくても、得する情報はネットで思う存分検索できます。塵も積もれば山となります。いざというときにお金を惜しまなくて済むように、日常の出費はできるだけセーブするように工夫しましょう。

スポンサーリンク

蠍座(10/24~11/22)

遣ったお金のことは悔やまず
将来に向かって前向きになろう

 損するとわかっていても、これまでかけたお金がもったいないため、次々とお金をつぎ込んでしまう危険な傾向があります。

 株の世界では「損切り」といって、収益が見込めない株は損を承知で売り払う方法がありますが、あなたはなかなか損切りができません。

 さらに、愛情が冷えてきた恋人をつなぎとめようと高価なプレゼントを贈るなど、人間関係がからんでくると、最悪のパターン。お金だけでなく、愛情も取り戻そうとしてかえって関係が冷えていくという悪循環で消耗していきます。

 何事も執着し過ぎるとかえって逃げていくもの。今まで遣ったお金のことを悔やむのではなく、すっぱり割り切って前向きになってください。

スポンサーリンク

射手座(11/23~12/21)

熱くなってエスカレートしないよう
出費の制限額を設定しておこう

 あなたの場合、これがおもしろいと思ったら、もう一気にのめりこんでしまう傾向があります。

 作家やアーティストが好きになって、全集やCDを揃えるといった程度なら、無駄遣いどころか立派な趣味ですが、生活を犠牲にしてまでアイドルの追っかけをするようになったら考えもの。

 熱くなると「今遣わなくて、いつ遣うの!」とばかりに大枚をはたきますが、1年も経つと熱が冷め、どうしてあんなにお金を遣ったか自分でもわからないことに。

 カード破産なんて事態を招かないためにも、自由に遣えるお金に制限額を設けておきましょう。その枠内で遣ったのなら、無駄遣いだったと後悔しても、人生を彩るための必要経費だと割り切ることができます。

スポンサーリンク

山羊座(12/22~1/19)

周囲の買い物熱にあおられて
理性を失わないように気をつけて

 あなたは、環境が変わると、冷静さを失って散財しやすいタイプです。
 たとえば海外旅行先の免税店。他の観光客があれこれ買いあさっているのを見ると「ここで買わなければソン」とばかりに財布を開きますが、帰国後に「なんでこんなものを買ったんだろう」と首をかしげることも。

 熱気あふれるバーゲン会場でも同じこと。人が気前よく散財しているのを見ると、人並みに買わなければというプレッシャーを感じます。

 最初からそんな場所には近付かないほうが無難ですが、やむなくその場に身を置いたときは、免税店なら絵葉書やボールペン、バーゲンなら下着やストッキングといった安めのものを物色してやり過ごしましょう。

スポンサーリンク

水瓶座(1/20~2/18)

今しか手に入らない限定物に弱く
理性を失って散財する傾向が

 通り一遍ではない個性的なモノには、お金を惜しみたくないと考えているあなた。趣味の範囲で収まっていればいいのですが、気持ちがエスカレートして周囲が見えなくなってくると少々危険です。

 人から見たら「なんでこんなものに」と思うような対象を「滅多に手に入らないレア物だから」とネットオークションでどんどん値を吊り上げ、気がついたら給料日まで毎日コンビニのおにぎりで過ごすなんてことも。

 また、ブランド物に興味がなくても、限定バージョンと聞くとつい欲しくなってしまうことが。気ままなシングル時代ならそれも楽しいかもしれませんが、趣味や贅沢品に費やす予算には上限を設けておいたほうが将来のためです。

スポンサーリンク

魚座(2/19~3/20)

人間関係とお金は分けて考え
付け入られる隙を見せないこと

 人に勧められると、つい財布の紐を緩めてしまうのがあなたの悪いクセ。今の時代、ネットワークビジネスと称して人間関係を利用して割高な品物を売りつけようとする商法があふれています。

 悪徳商法ではないにせよ、友達だからと保険などを勧誘された場合もきっぱりとノーと答えること。それで気まずくなる関係なら、すっぱり割り切ったほうがあなたのためになります。

 また、自分では早く切り上げたいのに、付き合いで延々と飲み続けたあげくの飲み代とタクシー代、あるいは長電話の料金など、ずるずるとお金が出ていくのをシャットアウトすればかなりの節約に。
 人間関係とお金は別というポリシーを明確にしましょう。

タイトルとURLをコピーしました