恋愛運 失恋を引きずるあなたに【星座別 恋の泥沼脱出法】

恋愛運恋愛運

人恋しくなる秋は、昔の恋を思い出してしまいがち。

過去の恋を引きずって新たな恋のチャンスを自ら摘み取っている人もいます。

あるいは、一人になるのが怖くて、うまくいかない恋にしがみついて、自分を追い込んでいる人も。

まず、あなたの陥りやすい失敗をしっかり分析して、次にどうやったらそこから抜け出せるか。幸せな恋をつかむには、どんなところに気をつけたらいいか。星座別にご案内していきます。

さえ、恋の泥沼を抜け出して、幸せをつかみましょう。

スポンサーリンク

恋愛運 牡羊座(3/21~4/19)

恋の敗者復活を夢見るうちに、
新しい出会いのチャンスを逃がす

だめになる恋ほどしがみついてしまう。これがあなたの泥沼の恋のパターンです。

というのもあなたは恋愛を一種のゲームのように考えているから。簡単に手に入れたものは、価値がない、苦労して手に入れてこそ、私にふさわしいと思ってしまうのです。

だから、うまくいかなかった恋の敗者復活を夢見てしまいます。

人間は過去を美化してしまうもの。

あなたの中で考えている以上に、過去の恋の存在が大きくなり、新しい恋の芽生えを邪魔しているのです。

「コントロールする」という思い込みを手放す

もともとあなたは集中力が高く、現在に最大のエネルギーを注ぐのは得意なはずです。

それなのに、うまくいかなかった恋に対しては「私がもっと努力すれば、なんとかなったはず」と考えてしまいがち。

恋愛は仕事や勉強とは違い、努力したからどうにかなるというものではありません。

そこには勝ち負けはなく、縁という不思議なものが関与してくるのです。

だから自分でコントロールできるといった思い込みから自由になり、いい意味で成り行きに任せてみましょう。

スポンサーリンク

恋愛運 牡牛座(4/20~5/20)

過去の思い出を過度に美化して、
現在進行形の恋と比べてしまう

新たな恋を求めて積極的に行動するというより、受け身の姿勢が好きなあなた。

そのときに思い出すのが過去の楽しかった恋愛の記憶です。

過去のうまくいった恋がどんどん美化され、いつしかそれが一種のスタンダードになってしまいます。

それが新しい恋の芽栄えを邪魔しています。

なんとなくいいムードになっても、過去ほど心が弾まないから、こんどの恋はあまりよくないと判断してしまうのです。

思い出以上のものを求めようとしても、なかなかうまくいきません。

新しく変わった自分を認識する

過去のあなたと、今のあなたは、同じ存在ではありません。

好みだって変わっているし、あなたがまっとうに生きていれば人間的にも成熟しているはずです。当然、恋の形も変わってくるはず。

人間は日々、変化するものだし、恋をすればドラマチックな変化が起こります。

だから過去の恋は、過ぎたこととしてきっぱりと決別するべきです。

毎朝、目覚めとともに「今日の私には、どんなことが起こるのか」と期待し、オープンな気持ちで新しい恋を迎えましょう。

スポンサーリンク

恋愛運 双子座(5/21~6/21)

実現不可能な幻の恋を求めるよりも、
今、手にしている幸せに目を向けよう

軽やかに恋の遍歴を重ねるようでいて、あなたの中には永遠に求め続けている恋のイメージがあります。

それは、100パーセント相思相愛の完璧な恋。

だから、現実の恋がうまく進展していても、あなたの頭の片隅には「どこかが違う」という思いがずっと渦巻いています。

恋をしているのに、心のどこかは、うわの空。そんな姿勢は恋人に伝わってしまい、中途半端な形で恋が終わってしまいます。

そしてあなたはどこにもない、幻の恋を求める旅に出るのです。

うまくいかない部分があるから、恋は楽しい

人間は不完全なものです。好きだと思っても、彼のすべてを知っていくうちに、あなたの価値観とは異なる部分も出てくることでしょう。そこで外を向いては、いつもの繰り返しに。

それよりも、「こんなに新鮮な発見があった」と、彼との違いを楽しむのです。

あなたが求める永遠のあこがれの恋は、映画や小説などフィクションの世界に求めるのも一つの方法です。

ファンタジーを楽しみながら、現実にしっかりと足場を築くこと。

そんな切り替えができれば、恋の泥沼とは無縁です。

スポンサーリンク

恋愛運 蟹座(6/22~7/22)

過ぎた同情心が、泥沼の恋を呼び寄せる。
「必要とされる自分」に酔ってはいけない

温かい同情心にはあふれたあなたは、恋と同情心を混乱することがよくあります。

「かわいそう」と同情しているうちに、「私がなんとかしなくては」、「こんなに必要とされている私は、彼にとって運命の人なんだ」というパターン。

でもそんなふうに始まった恋は、彼にとって、自分の無力さを見せつけられてしまう苦しい恋なのです。

もちろんあなただって心労が絶えることがありません。

精神エネルギーをとことん消耗するのに、得られるものは少ない泥沼の恋です。

ただ見守るだけの愛情もある

何もかもあなたが手を貸そうとしてはいけません。

恋人同士なら助け合うことは当然ですが、助ける側と助けられる側の立場が固定するのが問題なのです。

ここまではできるけど、それ以上は無理というラインをきっちり引きましょう。

最初のうちは彼から、あなたが冷たくなったと非難するかもしれません。

でも、そこを乗り越えることができなければ、泥沼に逆戻りです。優しさでカモフラージュしながら、相手をがんじがらめにしていないか、冷静に考えてください。

スポンサーリンク

恋愛運 獅子座(7/23~8/22)

プライドの高さが恋の泥沼を招く。
人目よりも、自分の心に正直になろう

誰よりも恋にあこがれているのに、なぜかうまくいかないあなた。

それはプライドの高さに振り回されているから。

本当はあまり好きではないのに、スペックだけで「この人なら私にふさわしい」と選んでしまい、性格のミスマッチでトラブルの連続だったり。

次の恋が芽生えても、「前の彼よりレベルが落ちる」などと計算して、うまくいく恋もうまくいかなくなります。

あるいは、女王様のようにちやほやしてもらうために、わざとくみしやすい男性を選ぶのも、問題です。

自分の物差しをはっきりと持つ

恋とは、すべてを投げ出すこと。

その中にプライドも含まれます。

この世の中に、彼と二人だけで、周囲には誰もいない状況を想像してみてください。

それでも彼といたいと思うのなら、迷うことはありません。

友達に彼の品定めをされても気にしないこと。

価値観は人それぞれですしから、「この彼の素晴らしさをわかってあげられるのは、私だから」と胸を張りましょう。

そして、外でどんなに突っ張っていても、彼の前では素顔を出して甘えても大丈夫です。

スポンサーリンク

恋愛運 乙女座(8/23~9/22)

恋に完璧さを求めても、失望するだけ。
不恰好な部分も含めて全身で恋をしよう

恋に落ちると、あなたの真面目な部分が、不利に働いてしまいがち。

うまくいかなかった恋は、誰でも一つや二つあるもの。

だけどあなたは過度に反省して「私が至らなかったから」「あのとき、ああしていたから」と細かく自分の過去の過ちをチェックします。

それがあなたを委縮させます。大好きな彼に嫌われないよう、気を使いすぎて、楽しさよりも苦しさが前面に出ます。

そんなあなたと一緒にいても、彼はあまり楽しいと思えず、恋は暗礁に乗り上げるのです。

昔の彼を忘れるのではなく、幸せを祈る

過去の恋から卒業しましょう。

やみくもに、忘れよう、忘れようとしても逆効果。過去の彼を思い出すのを封印するのではなく、彼が幸せでいることを秘かに祈るのです。

思い出すたびに、彼が幸せに暮らしている状況をイメージします。

そうすることにより、過去から開放され、自分も幸せになっていいんだという気になります。

そして、新しい恋を探すなら、肩の力を抜いて。恋は仕事やノルマではありません。何も頑張らなくても、自然に芽生えるのが恋なのです。

スポンサーリンク

恋愛運 天秤座(9/23~10/23)

彼の前でよそ行きの顔をしていては、
いつまでも本当の恋は始まらない

スムーズに始まった恋なのに、なぜか二人の気持ちが離れてしまう。

それはあなたが、彼を枠にはめようとしているから。

肩肘張らない落ち着ける恋を望んでいる彼なのに、あなたの前に出ると、どうも堅苦しく緊張する。

だから安らぐ恋を求めて、他に目が行ってしまうというパターン。

恋愛初期は、あなたの洗練されているところに惹かれていたはずなのに、時間がたつと、気詰まりに思う男性がいるものなのです。

よそ行きの顔だけを見せている間は、本当の恋ではありません。

彼との価値観の違いを楽しもう

恋はうまくいかなくて当たり前と開き直りましょう。

人間同士が真正面から向き合うのが恋愛ですから、衝突は避けられません。

一時的に気まずい思いをしても、お互いの理解が深まれば、二人の絆はさらに強くなります。

だから彼と価値観が違うと思っても、あまり深刻に取らないこと。

違うからこそおもしろいという大らかな気持ちがあれば、彼も伸び伸び振舞えます。

そして、あなたの洗練された外見と気さくな内面のギャップを楽しんでくれることでしょう。

スポンサーリンク

恋愛運 蠍座(10/24~11/22)

終わった恋を引きずっていては
新しい恋と向き合うことはできない

過去の恋にいつまでも苦しむあなた。

思い出になればなるほど、甘美になり、今の彼の目の前で、ため息をついてしまうことも。

どうしようもない悲恋だったとしても、思い出の中では美化されるのです。

あるいは、過去の恋の苦しみから「もう二度とあんな思いはしたくない」とばかり心を閉ざしてしまうパターンも。

いずれにしても、過去から自由にならない限り、あなたの新しい恋はスムーズには展開しません。

悲劇のヒロインは卒業して、そろそろ前を向きましょう。

恋愛以外に集中できるものを持つ

過去を断ち切り、今を生きようと決意しても、なかなかうまくいきません。

頭では理解していても、心が付いて行かないからです。

目の前のことに集中することで過去を思い出さなくて済むという手段を取るのも効果的。

集中力を要するスポーツや趣味を始めるのもいいでしょう。恋愛だけにフォーカスしないほうが、かえって恋がうまくいきます。

恋愛はとても大切なものですが、人生のすべてではありません。

そう割り切って、軽やかな毎日を送るうちに、新たな恋が芽生えます。

スポンサーリンク

恋愛運 射手座(11/23~12/21)

マイペースを貫き通して彼を翻弄。
ギャップを埋め、歩み寄る努力を

最初はうまく進展していた恋を、ぶち壊してしまうのは、あなたのほう。

一気に舞い上がり、彼を翻弄し、最後は置いてきぼりにしてしまうからです。

そのうち「とてもついて行けない」と別れを告げられます。

そして、過去から学ぼうとしないのが、あなたの欠点。新しい恋が始まると、「今度の恋は、前とはまったく違う」と舞い上がり、同じことを繰り返す結果となるのです。

恋愛に対する一方的な思い入れを手放さない限り、溝は埋まりそうにありません。

大切な恋だから、ゆっくり楽しもう

何事も一直線に進み、一刻も早く目的地に到達したいと望むあなた。

でも、恋愛に関しては、そんなスタイルでは、本当に楽しい部分を味わえないのです。もどかしいながらも、相手の心を一つ一つ確かめ、期待を確信に変えていく、そのステップをたっぷり味わいましょう。

決して急いではいけません。気持ちを打ち明ける前、「これが恋なんだろうか」と思う初期の状態こそ、一番ときめく時期です。

そのときにゆっくりと時間をかければ、恋の失敗は少なくなります。

スポンサーリンク

恋愛運 山羊座(12/22~1/19)

過去の恋と比較するのをやめて、
いつでも今が最高だと考えよう

「お見合いは最初の縁談が、一番条件がいい」という俗説がありますが、あなたの場合は、過去の恋と今を比べて「昔はこんなに条件のいい彼と付き合っていたのに…」と現在を否定します。

そんな思いを抱いては、恋がうまくいくはずがありません。

恋はビジネスの取引ではありませんから、昔の条件と今を比べるのは、意味がありません。

タイムマシンにも乗らない限り、過去に戻ることはできないのです。

いつでも今の恋がいちばん自分にふさわしいことに気付きましょう。

一人でも大丈夫なら、いい恋もできる

逆説的ですが、あなたの場合、少しでも条件のいい彼を捕まえたいとガツガツしているより、「一人でもいい」と肩の力が抜けたときのほうが、いい出会いが待ち受けているのです。

結婚するのもいいし、しなくても人生は楽しいと思っている女性は、男性にとってとても魅力的です。

そんな女性は過去に付き合っていた男性がどれほど好条件だったかなど、思い出しません。

シングルで充実した人生を送った女性の自叙伝や小説、映画を見てロールモデルにするのもいいでしょう。

スポンサーリンク

恋愛運 水瓶座(1/20~2/18)

自分にぴったりの恋を求めるあまり、
現実に対して心を閉ざしてしまう

過去にはこだわらず、前を向いて進もうとするあなたですが、恋愛に関してだけは、そうすっぱりと割り切ることができません。

なぜなら、あなたのユニークな個性を理解してくれる男性はそう沢山はいないから。

運良くそんな男性と巡り合って恋に落ちたのに、うまくいかなかったとしたら、ものすごい悲劇です。

「あの人ほど、私のことをわかってくれたのに…」と、後ろ向きになってしまいます。

新しい恋に心を閉ざし、ますます過去の恋が美化されていくという悪循環です。

平凡で素直な恋の中にこそ、幸せがある

個性的でありたいというこだわりを捨てて、恋に関しては平凡な女性になってみましょう。

恋をすれば、誰だって手作りの料理を食べさせてあげたくなったり、アクセサリーをプレゼントしてもらいたいものなのです。

そんな自然な心の動きを抑圧してはいけません。

「私もすっかり平凡になってしまった、でもそれがくやしいというよりうれしい」と思えるような恋です。

まるで中学生の初恋のような、素直な恋愛感情の高まりに身を任せていれば、過去の恋は色褪せていきます。

スポンサーリンク

恋愛運 魚座(2/19~3/20)

恋愛なしでは生きられない中毒体質。
悲恋に酔うパターンから卒業しよう

恋の泥沼とはあなたのためにある言葉。

恋に対する過剰な思い入れから、必要以上に傷つき、それでも次の恋を求め、さらに傷つくという繰り返しです。

問題は、「こんなに傷ついている私」に酔っているところ。

こんなに傷ついた私は、次の恋によって必ず癒されるという確信を抱いています。

でも、新しい彼にとっては、最初からハンディを背負わされ、あなたを重たく感じてしまいます。

そして別れを告げられ、あなたは再び悲恋物語のヒロインとなるわけです。

幸せを恋愛だけに求めるのは危険

恋愛はとても素晴らしい体験ですが、そこに依存して、恋愛なしでは生きていけないような中毒体質になることが問題なのです。

全面的によりかかってくる女性を24時間体制で支えるほど器の大きい男性は、めったにいません。

恋人がいたらすばらしいけれど、いなければいないで、自分で自分を楽しませることができる大人の女性になりましょう。

恋人という依存対象を求めてガツガツとしている姿が、かえって男性を遠ざけていることに気づいてください。

タイトルとURLをコピーしました